グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 造形学部  > 造形学科  > 合津 正之助

合津 正之助

職名教授/造形学部長・学科長
所属常葉大学 造形学部 造形学科
研究分野芸術学・芸術史・芸術一般 / 絵画
美学・美術史 / 教科教育学

学歴

1985年 東京芸術大学 美術学部 絵画科油画
1987年 東京芸術大学 美術研究科 美術教育学

委員歴

1998年 美術教育研究会 幹事

論文

  • 常葉学園大学 学生生活支援センター活動報告書(共著) 徳永容美子、伊東明子、猿田真嗣、合津 正之助 常葉学園大学研究紀要 教育学部 (33号) 2013年3月 [査読有り]
  • 美術教育の私的再考― 造形活動における教育的アプローチについての一考察 ― 合津 正之助 常葉学園大学造形学部研究紀要2013  (第11号) 2013年3月 [査読有り]
  • 研究ノート「アメリカ絵画におけるアンドリュー・ワイエスの位置付けの試みについて」 常葉学園大学研究紀要 造形学部 (第8号) 49-61 2010年
  • 共同研究「丸沼芸術の森ワイエスコレクション、オルソンシリーズ」の鑑賞を終えて ―フィールドワーク実施報告― 常葉学園大学共同研究(B)2006年度~2007年度 アンドリュー・ワイエスの基盤研究 研究成果報告書 45-49 2008年
  • 共同研究「アンドリュー・ワイエスの光と影」についての研究ノート ― 問題提起としての分析的な一考察 ― 常葉学園大学研究紀要 造形学部 第6号 2008年
  • 常葉学園大学・韓国済州大学校における美術教育の比較研究[Ⅱ] 韓国の美術教育における教育制度と高等専門教育教育についての現地調査を踏まえた一考察 常葉学園大学研究紀要 造形学部 第5号 115-127 2007年
  • 中学校美術における評価について 常葉学園大学研究紀要 教育学部 第25号 2004年
  • 鑑賞教育の嚆矢としての一考察 常葉学園大学研究紀要 教育学部 第24号 (24) 13-35 2003年
  • 図画工作科における目標と内容の捉え方についての一考察 常葉学園大学研究紀要 教育学部 第23号 (23) 233-253 2002年
  • 新学習指導要領の実施に伴う図画工作科の基本的な考え方についての一考察 常葉学園大学研究紀要 教育学部 第22号 129-143 2001年
  • 中学生を対象とした美術科指導計画案の編成についての一考察

研究業績(論文・解説)

  • フロッタージュを利用して行う美術科授業の試み
  • 共同研究「アンドリュー・ワイエス」公開研究会実施報告 常葉学園大学共同研究(B)2006年度~2007年度 アンドリュー・ワイエスの基盤研究 研究成果報告書 43 2008年

書籍等出版物

  • 静岡県小学生の理科の自由研究 静岡県自然教育研究会編 静岡新聞社 1992年

講演・口頭発表等

  • 日本の高等教育(大学)における造形教育についてのレクチャー [招待有り] 合津 正之助 韓国・済州大学校創立60周年記念 韓国・中国・日本国際美術交流展オープニング・セレモニー及びギャラリー・トーク 2012年5月16日
  • 中学校美術科における評価について、評価全般と美術における評価の在り方、評価の基準及び評価規準等を具体的に考える。 合津 正之助 静岡県藤枝・岡部地区教育研修会図工・美術部(中学校部会)研究会 2003年11月
  • 「葛飾北斎『富嶽三十六景』を教材とした鑑賞授業」の実践を通して、鑑賞授業の意義と在り方について考える。合津 正之助 静岡市教育研修会図工・美術部中学校部会研修会 2003年10月
  • 「図像解釈学を活用した鑑賞教育の実践」と「つくりだす喜びを育む造形教育について 合津 正之助 静岡市教育研究所図画工作・美術部主催の夏期研修会 2003年7月

所属学協会

芸術表現学会、全国大学造形美術教育教員養成協議会、大学版画学会、美術教育研究会

Works

  • モデル、ルエの休息(韓国・済州大学校創立60周年記念 韓国・中国・日本国際美術交流展) 合津 正之助 芸術活動 2012年5月 - 2012年5月
  • スクリブルから展開する視覚的経験の再構築『隙間における無限の拡散』(常葉学園大学創立30周年記念 Art & Design展) 合津 正之助 芸術活動 2010年7月 - 2010年7月
  • 言語概念をミックス・メディウム(油絵具・アクリル絵具等)により表現する平面制作展 芸術活動 1991年
  • 任意した選んだ記号を一つのユニットとして表現する平面制作展.(グループ展) 芸術活動 1992年
  • 社会的概念をミックス・メディウム(油絵具・アクリル絵具等)により表現する平面制作展.(グループ展) 芸術活動 1993年
  • 空間と立体の存在を様々な素材により表現する制作展(グループ展) 芸術活動 1994年
  • 空間の存在を群像により表現する制作展 (グループ展) 芸術活動 1995年
  • 人体をグリザイユ技法により表現する制作展 (グループ展) 芸術活動 1997年
  • 聖なるものを心象的に表現する制作展(グループ展) 芸術活動 1998年
  • 共同研究「丸沼芸術の森ワイエスコレクション、オルソンシリーズ」の鑑賞 (フィールドワーク実施報告及び公開研究会) 2007年

競争的資金等の研究課題

  • 小学校における造形遊びの実践について
  • 社会的概念をミックス・メディウム(油絵具・アクリル絵具等)により表現する。
  • 鑑賞教育のための図像学
  • 図画工作科及び中学校美術科におけるIT教材の開発と実践について 研究期間: 2006年
  • 「アンドリュー・ワイエスの光と影」についての研究ノート -問題提起としての分析的な一考察- 研究期間: 2007年
  • 「丸沼芸術の森ワイエスコレクション、オルソンシリーズ」の鑑賞を終えて-フィールドワーク実施報告- 研究期間: 2008年 - 2008年