グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員広場

ホーム  > 教員広場  > 研究の成果論文が米国医学誌「Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation & Prevention」に掲載されました/加藤倫卓講師

研究の成果論文が米国医学誌「Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation & Prevention」に掲載されました/加藤倫卓講師

健康科学部静岡理学療法学科の加藤倫卓講師が北里大学、国立病院機構静岡医療センターと共同で行った研究の成果論文、”Stretching Exercises Improve Vascular Endothelial Dysfunction Through Attenuation of Oxidative Stress in Chronic Heart Failure Patients With an Implantable Cardioverter Defibrillator.” が米国医学誌「Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation & Prevention」に掲載されました。
心不全患者に対する4週間のストレッチング体操が酸化ストレスの軽減を介して血管内皮機能を改善することを明らかにしました。