グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員広場

ホーム  > 教員広場  > 「ソフトボールマガジン」2016年12月号に連載記事が掲載されました/大矢隆二准教授

「ソフトボールマガジン」2016年12月号に連載記事が掲載されました/大矢隆二准教授

ソフトボールの愛好家、指導者を対象とした専門誌「ソフトボール・マガジン」2016年12月号に、 本学教育学部の大矢隆二准教授の記事「ジュニア指導の手引:第5回 スポーツ前後における身体のケア」が掲載されました。
子どものオーバーユース症候群の特徴は骨の成長と関係し、特に身長の伸びが著しい第二次性徴期に多発し、その多くは練習方法や練習環境、使用する用具などに起因したものが考えられます。そのため、指導者は子どもの身体的変化を見逃さず、傷害を未然に防ぐ対策を講じることが肝要です。例えば、発生が懸念されるスポーツ障害に対して、セルフチェックを行い報告させるなど、日頃から異常を伝えやすい信頼関係や環境づくりを推進しておくことが必要としています。