グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 教育学部  > 心理教育学科  > 在学生・卒業生の声

在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

生川 幹久さん(静岡県立富士東高等学校出身)

気軽に質問できる環境が学びを深める

講義の最初は、前回の講義で学生から出た質問に先生が答えてくれる時間。おかげで知識を深める学びが実践できます。心理学を学び日常生活と関連していることがわかったとき充実感をもちます。夢は、これを学校関係の仕事に活かすことです。

鶴田 ひかりさん(静岡県立掛川西高等学校出身)

障がいのある子どもたちへの対応を学びたい

発達障害、学習障害について学習したことで、ADHDやLDが疑われる子どもに対する幅広い視点が身につきました。貧困家庭の子どもたちの生活支援ボランティアに参加することで、個々の事情についても考えるようになりました。

真野 瑠依さん(静岡県立伊豆中央高等学校出身)

人のこころを学ぶことで自分も変われる

人が発達段階に応じて感じる悩みや課題を知識として頭に入れ、問題を抱えた人との接し方を実践的に学んでいます。人の心を学習することで、相手の立場を考えた行動や、自分を見直すことができるようになりました。

髙塚 礁さん(静岡県立榛原高等学校出身)

相手を理解するのと同時に自分を理解する

2年次に適応指導教室、児童相談所、少年院など心理学の知識が活かされる施設を訪れたことで、人間の日常的な行動の要因や原因を考えることができるようになりました。同様に、客観的視点をもつことで自分を見つめ直すことができました。

卒業生からのメッセージ

前田 祐里さん(静岡県立静岡東高等学校出身)

就職先:静岡市役所

楽しいことも、辛いこともあり、本当に充実した4年間でした。

常葉の学生で良かったことは、親身になってくれる職員の方や先生が多いこと、学友会やボランティア等の様々な経験ができたことです。公務員採用試験では、最後まで細やかなサポートをいただけました。またこども病院のボランティアでは、子どもの患者さんから逆に励まされたのが貴重な思い出です。

中野 千裕さん(静岡英和女学院高等学校〔静岡県〕出身)

就職先:常葉学園短期大学 カウンセラー

時間のある大学時代に、たくさんの経験をしてください。

大学時代の経験すべてが、いまの自分につながっています。友人や先生方との会話は価値観を広げてくれました。卒業研究は自分を見直すきっかけになりました。ボランティアや教育実習は人と関わることの難しさと面白さを教えてくれました。どうか、大学でたくさんの経験をしてください。

平岡 郁美さん(静岡県立清水東高等学校出身)

就職先:静岡鉄道株式会社

大学時代は、一生のうちで一番「自分の時間」がある時です。

企業を選ぶ時に「働く環境の良さ=働く人の人柄」と考え、採用担当者の人柄に一番魅力を感じた、いまの会社に入社しました。大学時代は、一生のうちで一番「自分の時間」がある時です。やりたいと思ったことは片っ端からチャレンジして、やりたいことがなければ思い切って一歩踏み出してください。そのなかで、新しい自分、めざしたい自分が見つかると思います。

秋山 麻理さん(静岡県立沼津東高等学校出身)

就職先:株式会社 清水銀行 勤務

大学で培った傾聴の姿勢を活かして

窓口でお客様のご用件を伺い、入出金、納税、振込などの各種手続きや、お客様のライフプランに合わせた資産運用のご案内をしています。さまざまな実務を経験する中で、お客様のご要望に添った提案をすることができ、納得してご預金いただけた時は達成感でいっぱいになります。お客様の大切なお金について相談に応じるためには、信頼関係が何よりも大事です。在学時に培った、人の話を親身になって聴き、気持ちにより添う「傾聴の姿勢」やカウンセリングマインドは、お客様の思いや考えを尊重し、良い関係を築いていく上で役に立っていると実感しています。今後も経験を積み、お客様のご資産を一緒に守っていく、良き相談相手になれるように頑張っていきたいと思っています。