グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 教育学部  > 心理教育学科  > 学科の特長

学科の特長

学科のポイント

こころの健康を支援できる
人材を養成
いま学校で、家庭で、社会で、さまざまなストレスに苦しめられている人が増えています。このような人たちを支援するスキルを身につけるため、心理教育学科では「教育カウンセリング専攻」と「心理発達専攻」の2つの専攻を設けています。
教育現場の
「こころの専門家」を育てる
いじめ、不登校、暴力、発達障害など、子どもたちはさまざまなこころの悩みを抱えています。いま教育現場では心理学の専門家が必要とされています。心理教育学科では、心理学の知識をもった教員やスクールカウンセラーなどを養成します。
実践力を養うための
「実験・実習施設」が充実
特殊実験室(シールドルーム)、プレイルーム、面接室、心理学データ処理室などの実験、実習設備が整っており、単なる心理学の知識だけにとどまらず、カウンセリングの技法などの実践力や応用力を養うことができます。

学びの特色

科学的アプローチで客観的な視点を養う

心理学は、心を対象とした科学的なアプローチです。本学科では、1年時から「心理学実験」や「データ解析」についての基本的な手法を学びます。これにより、主観に流されることなく、心を客観的な視点からとらえることのできる力を養い、専門分野の研究を進めるうえで欠かせないスキルを身につけていきます。

理論と体験の両面から心理の技法を取得する

臨床心理学における対人援助の技法として、カウンセリングと心理検査があります。「カウンセリング実習」では理論と体験の両面から学び、学生がカウンセラー役とクライエント役をロールプレイによって体験します。「心理検査法」では、知能検査、作業検査、性格検査といった心理検査を体験しながら、修得していきます。

『常葉の心理』主要3領域

さまざまな領域で活躍できる「こころの専門家」を育成するために、カウンセリングやセラピー、心理検査など実践的な技法を学ぶ臨床心理学が核となります。
さらには学校の現場で必要とされる教育心理学、地域の子育て支援などで必要とされる発達心理学を学びます。

心理学を活かす幅広い学び

心理教育学科では心理学の専門職はもちろん、どのようなフィールドでも活躍できる人材を育てることを目指しています。個人のこころの問題から地域との関わりに至るまで、役立つ心理学を幅広く学ぶことで、社会で必要とされる「人間理解力」「コミュニケーション力」「課題解決能力」を備えることができます。

系統的な心理学の学び
基礎から応用、理論から実践へと段階に応じて体系づけられたカリキュラムによって、着実な学びが実現されます。同時にグループワーク、実験、実習等を多く取り入れることによって、よりスムーズな学びを実感できます。

学びを活かした実践 ~地域密着体験型PBL(Project Based Learning)~
大学での学びと並行して、「臨床・教育フィールドワークⅠ~Ⅳ」では『教育・支援』をキーワードに地域の課題解決に挑戦します。対人援助サービスの基礎を学ぶことから始め、学年をまたいで継続的に取り組むことで持続可能な自己教育力・対人教育力の育成を目指します。