グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



河本 尋子


ホーム >  教員情報 >  社会環境学部 >  社会環境学科 >  河本 尋子

氏名 河本 尋子(KOUMOTO Hiroko)
所属 常葉大学 社会環境学部 社会環境学科
職名 准教授
学位 博士
専門分野 災害心理学
主な担当科目 災害心理学、社会心理学、環境社会心理学
researchmap

メッセージ

地震などの災害が起こったときに、人間がどのような心理になって、どのような行動をするのかを研究しています。特に災害の後には、大きく変化してしまった社会環境の中で、被災者がどんな心理的な変化を経験するかを調べています。そして研究から明らかになったことを、災害が発生する前に、地域でできる対策に役立てていくことを目指しています。

主な研究業績および社会貢献活動など

  • 河本尋子・重川希志依・田中聡・立木茂雄(2018)災害からの生活復興に向けた生活再建7要素の時系列的変化の分析,地域安全学会東日本大震災特別論文集No.7, pp.39-42.
  • SATO, S., KOUMOTO, H., & TATSUKI, S. (2015) “Grasp of Utilization of Social Networking Services in Restoration Process – Interview Survey for N City-Related Citizens of the Great East Japan Earthquake –”, Journal of Disaster Research Vol. 10, No.5, pp.948-955.
  • KOUMOTO, H & SATO, S. (2015) "Social media activities during restoration after the Great East Japan Earthquake", Disaster Management and Human Health Risk IV, pp.247-256.

ページの先頭へ戻る