グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



塚本 敏也


ホーム >  教員情報 >  健康科学部 >  静岡理学療法学科 >  塚本 敏也

氏名 塚本 敏也(TSUKAMOTO Toshiya)
所属 常葉大学 健康科学部 静岡理学療法学科
職名 講師/学生支援センター(静岡)副センター長
学位 博士(保健医療学)
専門分野 内部障害理学療法学
主な担当科目 内部障害理学療法学、内部障害理学療法学演習Ⅰ・Ⅱ、リハビリテーション障害学Ⅲ(内部障害)、解剖学実習、機能解剖学、病態運動学、障害別機能評価演習、理学療法研究セミナー、理学療法技術論Ⅱ、理学療法研究方法論、教養セミナー、人間力セミナー、卒業研究 
researchmap https://researchmap.jp/t-tsukamoto/(別ウィンドウで開きます)
メールアドレス t-tsukamoto(@を挿入)sz.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

研究では、内部障害理学療法分野の研究を中心に行っております。具体的には、呼吸抵抗時における呼吸筋疲労を分析することで呼吸筋の収縮及び代謝特性を明らかにし、効率的なアプローチや機能改善に向けた研究を実施しております。また、臨床では理学療法士として、急性期から生活期の理学療法を経験して参りましたので、各期における疾患特有の障害を把握した理学療法評価、治療手技の必要性を教育現場で伝えていきたいと考えております。

主な研究業績および社会貢献活動など

(主な研究業績)
  • Tsukamoto T, Kato M, Kurita Y, Uchida M, Kubo A, Maruyama H. The Efficacy of Expiratory Muscle Training during Inspiratory Load in Healthy Adult Males: A Randomized Controlled Trial. Healthcare 10(5):933, 2022.
  • 呼吸筋疲労の評価. 呼吸器内科 39(2):163-170, 2021.(共著・筆頭)
  • Tsukamoto T, Maruyama H, Kato M, Uchida M, Kubo A. Characteristics of respiratory muscle fatigue upon inhalation resistance with a maximal inspiratory mouth pressure of 50% (Original article). J Phys Ther Sci 31(4):318-325, 2019.
  • 腰部脊柱管狭窄症におけるMRI画像の分析方法の検証と臨床的動作指標との関係(原著論文).常葉大学健康科学部研究報告集 6(1):11-22, 2019.(共著・筆頭)
  • プレフレイルと静的立位バランスとの関係(原著論文).理学療法科学 33(6):991-996, 2018.(共著・筆頭)

(研究費助成)
  • 日本学術振興会 科学研究費:若手研究、研究代表者「慢性閉塞性肺疾患患者の呼吸筋疲労に対する呼気筋トレーニングの効果に関する研究」(2020年度~2023年度)

(主な社会貢献活動)
  • 公益社団法人 静岡県理学療法士会 学術局 学会部長

ページの先頭へ戻る