グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



栗田 泰成


ホーム >  教員情報 >  健康科学部 >  静岡理学療法学科 >  栗田 泰成

氏名 栗田 泰成(KURITA Yasunari)
所属 常葉大学 健康科学部 静岡理学療法学科
職名 講師
学位 リハビリテーション科学修士
専門分野 スポーツ医学,スポーツ理学療法,整形外科領域の理学療法,バイオメカニクス
主な担当科目 基礎理学療法学Ⅰ,理学療法評価Ⅰ演習,臨床運動学,障害別機能評価演習(運動器系),義肢装具療法,内部障害理学療法学(呼吸器),内部障害理学療法学演習(呼吸器),リハビリテーション論(呼吸理学療法),理学療法学特論A(最新知見・エビデンス),理学療法研究セミナー,臨床実習セミナーⅠ,教養セミナー,人間力セミナー,卒業研究,臨床実習Ⅰ・Ⅱ
researchmap https://researchmap.jp/y_kurita_y7522happy/(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

医療の世界だけでなく、現代社会では“具体的な目標設定”とそこに向かうプロセスの“分析”が重要とされています。特にプロスポーツの分野ではこの意識がより高く、緻密な計算のもとに成り立っています。皆さんは何か将来への目標はありますか。小さなことでも結構です。あなたの目標を明確にし、実現するために学びを深め、将来の結果を自らの力で勝ち取りませんか。常葉大学健康科学部で待っています。

研究業績および社会貢献活動など

【最近の主な研究業績(過去3年間)】
  • 栗田泰成,中井聖,村本名史,塚本敏也,加藤倫卓,平野幸伸:成長期トップアスリートにおける膝関節機能と障害の関係 ―中学校・高等学校女子サッカー選手を対象として―,常葉大学健康科学部研究報告集,3(1),pp51-57,2016.(査読あり)
  • 田口喜久恵,遠藤知里,栗田泰成,田村元延:乳幼児(0∼2 歳)の(把)握力調査とその発達経過の検討(原著),発育発達研究,74,pp34-44,2017.(査読あり)
  • 柴田陽介,栗田泰成,花田高彬,山下浩史,金 承革,尾島俊之:シニアサッカー選手の練習時間,練習頻度,練習量と主観的健康感及び通院の関連(原著),体力科学,67(4),pp291-301,2018.(査読あり)
  • 栗田泰成,金 承革:徒手筋力計による筋力計測の有用性と臨床使用上の留意点,義肢装具学会誌,35巻(1),pp11-16,2019

【現在の主な社会貢献活動】
  • シャンソンVマジック 非常勤理学療法士・トレーナー
  • 清水エスパルストップチーム 身体機能測定・分析 業務委託担当責任者
  • 常葉大学付属橘中学校・高等学校女子サッカー部 トレーナー
  • 日本理学療法士協会 スポーツ理学療法推進協力者
  • 静岡マラソン 医事委員会救護部

ページの先頭へ戻る