グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



大橋 淳


氏名 大橋 淳(OHASHI Jun)
所属 常葉大学 健康プロデュース学部 健康柔道整復学科
職名 教授
学位 修士(教育学)
専門分野 教育工学、教育方法、教育評価、教育心理
主な担当科目 臨床柔道整復学、基礎柔道整復実技、臨床柔道整復実技
researchmap https://researchmap.jp/johashi(別ウィンドウで開きます)
メールアドレス johashi(@を挿入)hm.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

柔道整復分野における柔軟な授業設計とその教育方法の効果検証、ICT活用教育の効果検証、国家試験合格に向けた学習支援の実践的研究、学生が充実した学生生活を送るための研究等、柔道整復卒前教育現場の問題解決と改善を目指しています。
担当している授業ではSA(student assistant)制度を導入しており、ゼミ生には下級生の授業にアシスタントとして参加してもらっています。
一緒に常葉大学の伝統と文化を創りましょう。

主な研究業績および社会貢献活動など

  • 大橋 淳:実技授業へのスチューデント・アシスタント導入が及ぼす効果の検討.日本柔道整復接骨医学会誌,2019;27(1) 1 – 11.
  • 大橋 淳, 吉井健悟:国家試験に向けた柔道整復理論の学習方略とプロセスモデルの検討.日本柔道整復接骨医学会誌,2014;23(1) 8 – 17.
  • 大橋 淳,他:評価指標を取り入れた触診教育における知識・技術習得プロセスへの教員フィードバックの効果-学習者の知識・技術習得における意識から-.日本柔道整復接骨医学会誌,2013;21(2) 37 – 45.
  • 大橋 淳, 他:柔道整復師教育における触診教育の実施状況と触診実践に対する評価指標の開発.柔道整復接骨医学会誌,2012;20(1) 7 – 15.
  • 大橋 淳,他:症例基盤型学習用メディア教材の開発‐ARCS動機づけモデルに基づくアンケート調査結果.柔道整復接骨医学会誌,2009;18(1) 24 – 31.

ページの先頭へ戻る