グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



柏﨑 保昌


氏名 柏崎 保昌(KASHIWAZAKI Yasuaki)
所属 常葉大学 健康プロデュース学部 健康柔道整復学科
職名 助教
学位 学士
専門分野 柔道整復学 足病学 代替医療 実務教育
資格等 柔道整復師 柔道整復専科教員 介護支援専門員 講道館柔道参段
主な担当科目 基礎柔道整復実技 臨床柔道整復実技 臨床柔道整復学 関係法規 柔道 
人間力セミナー 専門演習 臨床実習 卒業研究
researchmap https://researchmap.jp/tun/(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

健康の一翼を担う柔道整復学を学び、国家資格を取得しましょう。卒業時には学生時代の経験と知識が様々な進路へとあなたを導いてくれるはずです。ここ常葉大学は良い周辺環境に優れた教職員が在籍しています。充実したキャンパスライフを創造してください。

主な研究業績および社会貢献活動など

【主な業績】(2019-)
  • 上村英記, 眞鍋和親, 柏崎保昌 : 皮膚テーピング施行による腰椎屈曲可動域の変化-腰痛未経験者群と腰痛既往群との比較検討-.第29回 日本柔道整復接骨医学会学術大会 2021.
  • 白崎孝則, 柏崎保昌, 嶋田総, 上村英記 : 加速度センサーを用いた腸腰筋短縮陽性者と体幹運動の比較. 常葉大学健康プロデュース学部雑誌, 13(1) 161 - 164 2019.
  • 上村英記, 柏崎保昌, 白崎孝則, 嶋田総 : 手舟状骨骨折と症状が類似した手根不安定症の一例. 常葉大学健康プロデュース学部雑誌, 13(1) 179 - 182 2019.
  • 名和史朗, 柏崎保昌, 白崎孝則 : 放課後等デイサービスにおける柔道整復師の関わりについて. 常葉大学健康プロデュース学部雑誌, 13(1) 111 - 116 2019.

【ゼミ生の研究指導実績】(2019-)
  • 内野智貴, 柏﨑保昌, 他:着地時の遠心性収縮が発育期ラットの骨構造に及ぼす影響. 常葉大学健康プロデュース学部雑誌, 15(1) 85-90 2021.
  • 八嶋奈央, 柏﨑保昌, 他:長期ギプス固定を想定した関節不動状態がラット膝関節周囲の腱付着部に及ぼす影響. 常葉大学健康プロデュース学部雑誌, 15(1) 91-96 2021.
  • 南園航, 柏﨑保昌, 他:発育に伴うラット大腿骨遠位骨幹端部の骨折線の形状変化と骨構造との関連性.常葉大学健康プロデュース学部雑誌, 14(1) 141–144 2020.
  • 水藤飛来, 柏﨑保昌, 他:メカニカルストレス低減環境がラット大腿骨に及ぼす影響. 常葉大学健康プロデュース学部雑誌, 13(1) 173-178 2019.
  • 加茂亮人, 柏崎保昌, 他 : 後肢不動化モデルラットの骨量減少を抑制する経皮通電の効果. 第28回 日本柔道整復接骨医学会学術大会 2019.
  • 南園航, 柏崎保昌,他 : 発育に伴うラット膝蓋骨の構造変化に関する研究.
  • 第28回 日本柔道整復接骨医学会学術大会 2019.
  • 八嶋奈央, 柏崎保昌, 他 : 長期ギプス固定を想定した関節不動状態がラット膝関節周囲の腱付着部に及ぼす影響.第28回 日本柔道整復接骨医学会学術大会 2019.
  • 疋田凌也,柏崎保昌, 他 : 異なる負荷の緩衝動作がラット長骨骨端板直下の骨梁構造に与える影響.第35回 静岡接骨学会 2019.

ページの先頭へ戻る