グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



村上 高康


氏名 村上 高康(MURAKAMI Takayasu)
所属 常葉大学 健康プロデュース学部 健康鍼灸学科
職名 准教授
学位 修士(鍼灸学)
専門分野 鍼灸学
主な担当科目 臨床実習、応用実習Ⅰ、現代医学的鍼灸の検査・治療実習、介護福祉鍼灸学
researchmap
メールアドレス t-muraka(@を挿入)hm.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

大規模災害における被災地(東日本大震災・熊本地震・西日本豪雨災害など)での鍼灸治療を行っています。学生の皆さんと一緒に色んな活動をしたいと思っています。

主な研究業績および社会貢献活動など

(研究論文)
  • The effect of manual acupuncture stimulation on motor evoked potential induced by transcranial magnetic stimulation T Murakami, H Shinbara, S Urata Med Biol 157:885-891 2013
  • ATPふき取り検査を用いた鍼灸治療院における清浄度調査 村上 高康、藤田 格、福世 泰史、三浦 裕太、岡崎 卓朗 東方医学 2015.
  • 熊本地震における鍼灸治療における症例についての報告 村上 高康 常葉大学健康プロデュース学部雑誌 2017
  • 大学の学びを活かした熊本地震支援活動の取り組み-こころとからだの健康サポートプロジェクト- 木村 佐枝子、村上 高康 常葉大学健康プロデュース学部雑誌 2018
  • 災害時に役立つ「こころとからだの健康サポートBOOK」作成の取り組み 木村 佐枝子、山崎 秀夫、前田 正、柴田 俊一、三浦 綾子、吉田 早織、浅野 實樹、村上 高康

ページの先頭へ戻る