グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



【重要】新型コロナウイルス感染症防止のための常葉大学・短大部における行動指針を制定しました


ホーム >  Information >  【重要】新型コロナウイルス感染症防止のための常葉大学・短大部における行動指針を制定しました

2020年6月24日
常葉大学 学長 江 藤 秀 一
短期大学部学長 木 宮 健 二

新型コロナウイルス感染症防止のための常葉大学・短大部における行動指針
本学では、学生・教職員の健康と命を守ることはもとより、学内外への感染被害抑止を最優先するとの基本方針のもと、新型コロナウイルス感染症対策を行ってきました。この間、全国的に感染症が蔓延し、4月16日、本県も含め全国に緊急事態宣言が発令されました。  
その後、5月25日になって緊急事態宣言は解除されましたが、感染症自体が終息したわけではなく、今後も感染症対策を講じながら諸活動を行っていく必要があります。
そこで、国や県の方針に基づき、本学における5段階の行動指針を制定しました。皆様方には、今後の学生指導や研究活動を行っていく際の道しるべとしてくださるようお願いいたします。
ただし、この指針は絶対的なものではなく、本学における諸活動の方針や許可・不許可を判断する際の基本的な考えを示すものです。また、今後の国や県の方針、大学を取り巻く状況に応じて変更する場合もあることをご承知おきください。なお、レベルの見直しは県の見直しの時期に準じて行い、変更のたびに本学のHPにてお知らせいたします。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、皆様方には多大なご不便をおかけしておりますが、冒頭でも述べましたように、すべては学内外の皆様の健康と命を守ることを最優先するという本学の基本方針に基づくものでありますので、どうぞご理解とご協力のほどお願いいたします。



新型コロナウイルス感染症防止のための常葉大学・短大部における行動指針

※常葉大学・短大部におけるレベルの目安(現在のレベルは2です) 令和2年6月19日現在

ページの先頭へ戻る