グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報


若松 大祐

NAMEWAKAMATSU, Daisuke
職名講師
所属常葉大学 外国語学部
グローバルコミュニケーション学科
学位博士(学術)
研究分野  現代台湾地域研究、中国近代思想史、近代東アジア政治史

学歴

2000年3月 同志社大学 文学部 文化学科 哲学及び倫理学専攻 卒業
2004年3月 (台湾)国立政治大学 大学院文学研究科 歴史学専攻 修士課程 修了
2010年9月 東京大学 大学院総合文化研究科 地域文化研究専攻 博士課程 単位取得満期退学(博士(学術)、2014年)

教育歴(職歴)

2001年12月-2005年3月 (台湾) 中央研究院 社会学研究所 非常勤助手
2005年4月-2007年3月 日本学術振興会 特別研究員DC2
2006年9月-2007年7月 (中国)北京大学 歴史学系 高級進修生
2006年7月-2007年8月 (台湾)中央研究院 近代史研究所 訪問学員(前の12か月間は、人文社会科学Ph.D. Candidate育成計画の対象者として)
2009年4月-9月 (台湾) 国家図書館 漢学研究中心 外国人研究者来台漢学研究計画 外国籍学者
2009年10月-2010年3月 (台湾) 中央研究院 近代史研究所 訪問学員(11月からは、交流協会日台交流センター日台研究支援事業派遣研究者として)
2010年9月-2011年3月 (台湾) 国立政治大学 歴史学系 訪問学員(中華民国外交部台湾奨助金の対象者として)
2011年4月-2014年3月 日本学術振興会 特別研究員PD(京都大学 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
2011年11月-現在 立命館大学社会システム研究所客員研究員
2013年4月-2015年3月 京都学園大学 非常勤講師(「東洋史概説」、「東洋史」を担当)
2014年4月-2015年3月 京都大学 学際融合教育研究推進センター・アジア研究教育ユニット 研究員(特別教育研究)
2014年4月-現在 立命館大学 非常勤講師(「戦争の歴史と現在」を担当)

担当科目

  • 中国語会話(2015年度-現在)
  • 世界と日本(2015年度-現在)
  • 世界の宗教(2016年度)
  • 国際関係論(2015年度-現在)
  • 日本語文章表現(2015年度)など

資格・免許

高等学校教諭1種免許状(公民)

論文

  • 「アジアの孤児と異域の孤軍――現代台湾社会の多元性を見直すために」、内田隆三(編著)『現代社会と人間への問い:いかにして現在を流動化するのか?』東京:せりか書房、2015年11月、pp.71-95。本稿は下記の論文を大幅に改訂したものである。「現代台湾史における泰緬孤軍イメージ:本土化の不徹底を示す一事例」、『社会システム研究』29号(草津市:立命館大学社会システム研究所、2014年9月)、pp.59-94。
  • 「蒋介石『中国のなかのソ連』(1957)の歴史観:台湾から米華相互防衛条約を基礎づける」、『現代台湾研究』第44号(大阪:台湾史研究会、2014年3月)、pp.1-22。
  • 「中華民国の自己像と雑誌『光華』:中華児女から新台湾人へ(1976-1999)」、『現代中国研究』第30号(大阪:中国現代史研究会、2012年3月)、pp.46-67。
  • 「戦後台湾蒋中正時代的官方歴史叙述:従民主陣営到民主憲政」〔戦後台湾の蒋介石時代における官製歴史叙述:民主陣営から民主憲政へ〕、曽一士(総編)『中山思想與両岸社会文化発展』台北:国立国父紀念館、2010年12月、pp.167-192。
  • 「実事求是の態度と中華民国史の研究:現代中国の唯物史観における方法的転回」、『社会システム研究』21号(草津市:立命館大学社会システム研究所、2010年9月)、pp.1-35。
  • 「蒋経国時代所公告的歴史叙述:著重與蒋介石時代差異的分析」〔蒋経国時代に公示されていた歴史叙述:蒋介石時代との違いに注目して〕、台湾教授協会(編)『中華民国流亡台湾60年曁戦後台湾国際処境』台北:前衛、2010年4月、pp.399-434。
  • 「日本時代台湾的官方歴史叙述1937-1945」〔日本時代の台湾における官製歴史叙述〕、許立一(編)『全球主義与両岸社会政経文化変遷』金門:金門県社区大学、2009年12月、pp.329-341。
  • 「美国研究在亜太地区:戦後日本的国際学術交流」〔アジア・太平洋におけるアメリカ研究:戦後日本の国際学術交流〕、『思与言:人文与社会科学雑誌』vol.45:no.2(台北:思与言雑誌社、2007年6月)、pp.181-231。
  • 「1950年代初期中国的馬克思主義与基督教共同発起三自運動」〔マルクス主義とキリスト教との共催:1950年代初期の中国における三自運動〕、彭明輝、唐啓華(主編)『東亜視角下的近代中国』(台北:国立政治大学歴史学系、2006年9月)、pp.49-81。
  • 「官製の修史と個人の自叙:1950年代後半台湾における蒋介石と張学良」、『近代中国研究彙報』27号(東京:東洋文庫、2005年3月)、pp.57-80。
  • 「自叙『雑憶隨感漫録』中的両個叙述者張学良」〔自叙伝『雑憶隨感漫録』における二人のナレーター・張学良〕、胡春恵、薛化元(主編)『近代中国社会転型与変遷』台北:国立政治大学歴史系、香港:珠海書院亜洲研究中心、2004年5月、pp.663-678。
  • 「張学良在『西安事変懺悔録』所表現的正当化」〔『西安事変懺悔録』に現れた張学良の正当化〕、胡春恵、呉景平(主編)『現代化与国際化進程中的中国社会変遷:第三屆両岸三地歴史学研究生論文発表会論文集』上海:復旦大学歴史学系、香港:珠海書院亜洲研究中心、2003年4月、pp.47-55。
  • 「西安事変期間日本輿論界爆発的『中国再認識論』:日本主要雑誌的報導分析」〔西安事変期間に日本の輿論で勃発した『中国再認識論』:日本の主要な雑誌の報導を中心にして〕、胡春恵、周恵民(主編)『両岸三地歴史学研究生論文発表会論文集』台北:国立政治大学歴史系、2001年12月、pp.33-50。
  • 「張学良思想研究:擺脱神話嘗試」〔張学良思想研究:神話を脱却する試み〕、張徳良、周毅(主編)『張学良国際学術研討会論文集』香港:香港同沢出版社、2000年10月、pp.627-640。


  • [総説]「台湾 (2012年の歴史学界--回顧と展望)」、『史学雑誌』122編5号(東京:史学会、2013年5月)、pp.244-246。
  • [総説]「戦後台湾における陳紹馨と実験室台湾」、『新明社会学研究』13号(東京:新明社会学研究会、2009年10月)、pp.56-64。
  • [総説]「近代中国基督教史研究的両種文脈:以戦後日文著作為中心」〔近代中国キリスト教研究の二つの脈絡:第二次大戦後の日本語著作を中心に〕、『近代中国基督教史研究集刊』vol.7(香港:香港浸会大学歴史学系、2006年/2007年)、pp.52-67。
  • [総説]「中国学在台湾--本国研究あるいは外国研究? (特集 シノロジー(古典中国学)の現在) -- (世界の中国学)」、『中国21』vol.23(愛知:愛知大学現代中国学会、2005年12月)、pp.57-74。


  • [翻訳] 陳慈玉(著)、若松大祐、今井就稔(訳)「統制経済と市場秩序:戦時無錫地域の製糸業1938-1943」〔第八章;統制経済與市場秩序:戦時無錫地区的製糸業1938-1943〕、古田和子(編)『中国の市場秩序』東京:慶応義塾大学出版会、2013年2月、pp.227-262。
  • [翻訳] 周婉窈(著)、若松大祐(訳)「台湾議会設置請願運動についての再検討」〔台湾議会設置請願運動再探討〕、『岩波講座 東アジア近現代通史 第5巻:新秩序の模索1930年代』東京:岩波書店、2011年5月、pp.216-241。
  • [翻訳] 張志強(著)、若松大祐(訳)「生死、道徳、革命:清末の「志士」の理念における個、社会、道徳」〔生死、道徳、革命:晩清「志士」理想中的個体、社会與道徳〕、『東アジアの死生学へ/ 東亜的生死学:日中国際研究会議』〔機関誌死生学研究 特集号〕東京:東京大学大学院人文社会系研究科グローバルCOEプログラム「死生学の展開と組織化」、2009年3月、pp.132-165。


  • [書評]「『現代台湾政治を読み解く』(若林正丈著 研文出版)」、『中国研究月報』69巻12号(814号)(東京:中国研究所、2015年12月)、pp.29-31。
  • [書評]「山田辰雄、松重充浩(編著)『蒋介石研究:政治・戦争・日本』」、『植民地研究』27号(東京:日本植民地研究会、2015年6月)、pp.62-67。
  • [書評]「呉燕和著、日野みどり訳『ふるさと・フィールド・列車:台湾人類学者の半生記』、風響社、2012年11月刊、325頁、3000円」、『現代中國研究』34号(大阪:中国現代史研究会、2014年3月)、pp.63-69。
  • [書評]「ショウカイセキのリップンチェンシン?:黄自進主編の三種資料集をめぐって」、『NEWS LETTER』vol.16(東京:近現代東北アジア地域史研究会、2004年12月)、pp.62-66。

著書

  • [資料編纂] 鍾淑敏、陳姃湲、曽文亮、曽品滄、賀安娟、費徳廉、若松大祐(編)『台湾史研究文献類目2013年度』台北:中央研究院台湾史研究所、2014年12月。
  • [資料編纂] 林玉茹、陳姃湲、曽文亮、曽品滄、賀安娟、費徳廉、若松大祐(編)『台湾史研究文献類目2012年度』台北:中央研究院台湾史研究所、2013年12月。

学外活動・学外職

2012年3月9日~18日 第七回大阪アジアン映画祭
  • 「セデック・バレ」(賽德克•巴萊、2011年、台湾)他
    挨拶やトークでの通訳を分担

2013年10月24日~26日 京都ヒストリカ国際映画祭
  • 「ジャッジ・アーチャー」(箭士柳白猿、2012年、中国)他
    トークでの通訳を分担

所属学会

  • 中國近代史學會(台湾)
  • 台湾史研究会
  • 中国現代史研究会
  • 日本中国語学会

メッセージ

 歴史を書くことと政治を司ることという両者の関係から、最近100年ほどの東アジア世界の歩みに関心を持っています。もともとは満洲の張学良に興味を持ち、そこから張学良が第二次世界大戦後の台湾で、蒋介石に向けて展開した西安事変(1937年)についての弁明を考察しました(卒業論文、修士論文)。さらに、第二次大戦後の台湾で国家が半世紀以上にわたり、国民に向けて描き示してきた歴史なるものを、研究しました(博士論文)。さて、そもそも人間は自らの歴史叙述が抱える偏りを、どこまで認識できるのでしょうか。
 常葉大学では『日華文化交流史』(1955年刊。もとは『日支交通史』1926-27年刊)への講読を通じ、上記の問いへの解明に少しでも接近したいと考えています。

関連サイト

メール

dwakamatsu(@を挿入) sz.tokoha-u.ac.jp