グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 健康科学部  > 看護学科  > 毛利 智果

毛利 智果

職名助教
所属常葉大学 健康科学部 看護学科
研究分野精神看護学

学歴

2003年 静岡県立大学看護学部看護学科卒業
2010年 静岡県立大学大学院看護学研究科看護学専攻 修士課程修了

教育歴(職歴)

2015年~2017年 常葉大学 健康科学部看護学科 助手
2017年~     常葉大学 健康科学部看護学科 助教

担当科目

  • 人間力セミナー
  • 精神の健康と看護Ⅰ
  • 精神の健康と看護Ⅲ
  • チーム連携セミナー
  • 看護基礎ゼミナール
  • 看護統合ゼミナール
  • 精神看護学実習
  • 看護統合実習

資格・免許

  • 看護師
  • 保健師

論文

  • 毛利智果:対人不安を訴える児の看護師に対する言動の意味の検討 患者と看護師との関係のプロセスを通して見えてきたもの,日本精神科看護学会誌48巻2号,33-37,2005
  • 岡本典子、石村佳代子、毛利智果、影山セツ子:女子中学生・高等学校生徒のこころの健康とメンタルヘルスリテラシー-教育プログラムの開発に向けて-,常葉大学健康科学部研究報告集第3巻第1号,21-30,2016
  • 毛利智果:思春期精神科看護師の治療の場のルールに対する捉え方,日本精神保健看護学会誌第25巻2号,2016
  • 毛利智果:援助要請に関連する要因についての文献レビュー,常葉大学健康科学部研究報告集第4巻第1号,73-83,2017

学外活動・学外職

地域関係機関との連携を考える研究会 作業部会

所属学会

日本精神保健看護学会

メッセージ

思春期の子どもたちは心も体も成長しますが、精神的に不安定になることも多いです。私はこのような時期に入院を余儀なくされた子どもたちが病棟でどのような経験をしているのか、またどのような看護が必要なのかを明らかにするために研究を進めています。さらに研究を通し、精神の障がいや症状に対する看護だけでなく、その子どもの持つ成長も支えていけるような看護ができるようにしていきたいと思っています。
また将来看護師になる学生にも精神科看護の奥深さと魅力を伝え、学生が現場に出た時に精神に障がいを持つ人のよき理解者になれるようにしていけたらと思っています。