グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報


星野 洋美

職名教授
所属常葉大学 教育学部 初等教育課程
研究分野家庭科教育、国際教育、環境学

経歴

1982~1991年 公立学校教員
1993~2013年 本学 教育学部 教授(2008~2013現在)

学歴

1982年 静岡大学 教育学部
1993年 名古屋大学大学院 国際開発研究科 

研究業績(論文・解説)

  • 学校教育における開発教育に関する諸考察 常葉学園大学研究紀要(教育学部) (14) 79-100 1993年
  • 輸入食品のルーツ探究から考えたヒューマン・エコロジー 常葉学園大学研究紀要 教育学部 (15) 199-219 1994年
  • 消費者教育における環境教育研究(1) -大学生を対象とした学習活動を通して- 常葉学園大学研究紀要教育学部 (17) 157-173 1996年
  • 消費者教育における環境教育研究(2)〜社会人及び大学生を対象とした学習活動を通して〜 常葉学園大学 研究紀要 教育学部 (19) 59-74 1998年
  • 外国人子女教育に関する外国現地調査報告(共著)-インドネシア子女教育をどう考えるか- 常葉学園大学 研究紀要 教育学部 (19) 11-34
  • 国際理解教育における開発教育的アプローチ導入の試み〜総合学習における国際理解教育の在り方を考える〜 常葉学園大学研究紀要 教育学部 第20号 (20) 121-138 1999年
  • 地球市民教育における教材開発と実践の試み-ユニセフ及びユネスコの教育計画を基盤として- 常葉学園大学研究紀要教育学部第21号 (21) 81-102 2000年
  • 消費者教育における環境教育研究(3) 常葉学園大学研究紀要教育学部 (22) 115-128 2001年
  • 地球市民教育における福祉的視点導入の試み 常葉学園大学研究紀要 外国学部 (19) 281-297 2002年
  • 地球市民教育における個別問題解決学習の試み 常葉学園大学研究紀要 教育学部 (23) 213-231 2002年
  • A Study on the relationship between Global Education, Welfare Education and International cooperation Tokoha Gakuen University Research Review Faculty of Foreign Studies (19) 281-297 2002年
  • An Education of Learning Activities used for Global Citizenship Education Tokoha Gakuen University Research Review Faculty of Education (23) 213-231
  • 消費文化と環境負荷要因の相関関係 ―百円ショップにおける消費行動を中心に― 常葉学園大学研究紀要教育学部 (24) 1-11 2004年
  • 環境学習における評価調査方式導入の試み 常葉学園大学研究紀要 外国語学部 (20) 325-336 2004年
  • 生活問題解決能力を育成する授業づくり 常葉学園大学紀要 教育学部 (25) 237-259 2004年
  • ブラジル人学校の実証的調査研究 常葉学園大学研究紀要 外国語学部 (21/223-227) 2004年
  • 生きる力の育成を目指した教育活動のデータベース研究ー「総合的な学習の時間」の関する実態調査を通してー 星野洋美、他5名 常葉学園大学研究紀要教育学部26号 (26) 89-132 2006年
  • コミュニティ教育のためのデータベース研究 星野洋美 常葉学園大学研究紀要教育学部27号 (27) 67-90 2007年
  • 学習社会と共生-静岡の事例から-「日系ブラジル人との共生を模索する」/日本学習社会学会年報 3-9頁 2008年
  • 多文化共生をめざした国際理解教育の実践的研究/常葉学園大学研究紀要(教育学部)第29号 61-79頁 2009年
  • 多文化共生をめざした国際理解教育・地球市民教育のデータベース開発/常葉学園大学研究紀要(外国語学部)第27号 297-351頁 2011年
  • 多文化共生に必要な国際理解の概念と参加型学習についての一考察/-国際理解教育・開発教育の観点から-/常葉学園大学研究紀要(教育学部)第32号
  • 中学校における家庭科の授業環境と生活課題解決場面における家庭科の授業効果について ─静岡市の環境実態調査および生活課題設問調査を踏まえて─/日本家庭科教育学会東海地区会会報 第19号 2013年 27~31頁

書籍等出版物

  • 家庭科教育法 ―中・高等学校の授業づくり― 建帛社 2004年
  • 新しい「基礎・基本」の習得 教育開発研究所 2008年 ISBN:978-4-87380-995-3
  • 「活用型」学習をどう進めるか 教育開発研究所 2008年 ISBN:978-4-87380-996-0
  • 子どもが生きる家庭科 -生活を科学し、実践する力を育てる授業作り-
    開隆堂 107-115頁、185-186頁 2010年

講演・口頭発表等

  • スペインにおけるエネルギー環境教育研究 日本エネルギー環境教育学会2008年
  • 「多文化共生社会における生活課題解決能力育成のための教材開発 -市民講座における実践を踏まえて-」日本学習社会学会第9回大会2011年
  • 「中学校家庭科の新学習指導要領をめぐる現状と課題について」 日本家庭科教育学会2013年例会2013年

所属学協会

  • 日本教育学会
  • 日本学習社会学会
  • 日本家政学会
  • 日本家庭科教育学会
  • 国際家政学会
  • 日本生活学会

Works

  • 開発教育における家庭科の授業の研究 1991年 - 1992年
  • ホンジュラスの子供の生活 1987年 - 1992年
  • ニカラグアの女性パワーについて 1993年
  • 開発のための教育における家庭科教育の役割 1993年
  • グローバル化時代における学校カリキュラムの再編に向けてのデータベース開発 1995年 - 1996年
  • 学習社会と共生 2007年
  • 多文化共生を目指した国際理解教育のデータベース開発 2008年

競争的資金等の研究課題

  • 国際理解教育に関する研究 研究期間: 1997年
  • 環境教育に関する研究 研究期間: 1995年
  • 総合学習に関する研究 研究期間: 2000年 - 2006年
  • 家庭科教育に関する研究 研究期間: 2003年 - 2004年
  • 多文化共生を目指したコミュニティー教育 研究期間: 2000年
  • 多文化共生を目指した国際理解教育 官民連帯共同研究 研究期間: 2008年 - 2010年