グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 学生・研究生が学会で発表しました/健康鍼灸学科

学生・研究生が学会で発表しました/健康鍼灸学科

6月2日(土曜日)、3日(日曜日)に森ノ宮医療大学を会場として行われた全日本鍼灸学会学術大会において、健康プロデュース学部健康鍼灸学科の学生が研究発表を行いました。2年生の松井健さん、3年生の萩原嵩曉さん、4年生の大場美穂さん、鈴木拓真さん、前田英実璃さん、研究生の鶴見海さんがそれぞれ下記の演題を発表しました。
一部の研究は心身マネジメント学科の村本名史准教授、木村佐枝子准教授にご指導をいただいた健康鍼灸学科との共同研究でもあります。
「パフォーマンス維持を目的とした貼る鍼の選択」松井健、鶴見海、有馬義貴
「刺さない鍼と軸索反射」萩原嵩曉、松井健、鶴見海、有馬義貴
「指圧と鍼の順序と効果」大場美穂、鶴見海、時吉優斗、松井健、有馬義貴
「熊本地震における学生が行った
指さない鍼による支援活動について」
鈴木拓真、前田英実璃、村上高康、木村佐枝子
「電気刺激による軽運動疲労モデルの作成」 鶴見海、有馬義貴、村本名史