グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 地域貢献活動の一環として観光商談マッチングフェアに参加/経営学部

地域貢献活動の一環として観光商談マッチングフェアに参加/経営学部

浜松キャンパスの経営学部地域貢献サークルCocoaは、12月6日(水曜日)に東京で開催された「第5回観光商談マッチングフェア2017」に参加しました。
このイベントは、全国29の商工会が旅行エージェントやメディアなどに対して、地域の観光資源やそれを活用したツアーを提案し、各社と商工会のマッチングを図ることを目的としたイベントです。
地域貢献サークルCocoaは、奥浜名湖商工会からの依頼を受けて、この春から浜松市北区気賀エリアの活性化を目的とした活動に参加してきました。これまで気賀エリアの新たな観光資源発掘や観光資源を活用したモニターツアーの実施協力などを行い、今回はその活動の一環として、奥浜名湖商工会ブースの共同運営者として参加しました。イベントでは、舞台で行われたプレゼンテーションを担当し、ブースでの対応などに従事しました。
イベントに参加した秋本梓乃さん(経営学部3年)は「来場された方々は各地の観光資源を見ている専門の方ばかりで緊張したが、学生が関わっている一味違う観光PRで、気賀エリアの魅力を多くの方に知っていただくきっかけとして役立てた」と語りました。
地域貢献サークルCocoaは、これまで奥浜名湖商工会と「奥浜名湖バリューアッププロジェクト」を実施し、奥浜名湖地域の商工業者への支援、協力を行ってきました。今後も奥浜名湖商工会と協力しながら地域貢献活動を行っていく予定です。