グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 藤枝市長をお招きした特別講義を開催しました/法学部

藤枝市長をお招きした特別講義を開催しました/法学部

静岡キャンパス水落校舎で12月8日(木曜日)、北村正平藤枝市長をお招きし、「地方分権と藤枝市」と題した講義が行われ、法学部1年生約150人が熱心に耳を傾けました。
この講義は、本学と藤枝市の包括連携協定に基づき、法学部の政治学の講義の一環として実施されました。
北村市長は、人口減少で、地方分権から地方創生の必要性が強まるなか、藤枝市が人口転入超過、地価上昇など、県内でもトップの数字で健闘していることを強調。魅力ある仕事や教育・子育て支援の充実など、実施している施策について説明しました。学生からは、駅前施設の競合や、東京からの人の呼び込みなどについて質問があり、北村市長は市の施策について丁寧に答えてくださいました。
今後も市職員をお招きした講義が実施される予定です。