グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Information

ホーム  > Information  > 「焼津市の魅力発見と情報発信:オノマトペを探して街歩き」のお知らせ(2月2日 開催)

「焼津市の魅力発見と情報発信:オノマトペを探して街歩き」のお知らせ(2月2日 開催)

本学健康プロデュース学部の山田雅敏研究室と京都大学の北雄介特定講師が主催する「焼津市の魅力発見と情報発信:オノマトペを探して街歩き(京都大学デザイン学大学院連携プログラム後援)」が2月2日(木曜日)に行われます。本イベントは、若者の目線から、焼津市の街の魅力を発見し、新たな形で情報を発信することを目指して企画されました。
北雄介特定講師(京都大学学際融合教育研究推進センター)が開発したスマートフォンアプリを使って、街を歩きながら情緒や感覚を表現するオノマトペを発信することにより、その内容が自動的に地図上に可視化されます。従来の地図が、定型化された情報を一方的に伝えるものであったのに対し、この方法では、人間の感性などを表現するなど従来にない多様な地図を、多数のユーザーの集合知によって、新たな若者目線の地図を作り上げることが可能となります。
参加していただいた皆様には、焼津の街を歩きながら、感じたことをアプリを使ってつぶやいてもらうだけです。ぜひ、興味のある人はご参加ください。なお、この研究プロジェクトは、平成28年度静岡市・焼津市地域課題解決事業「若者への魅力ある情報の発見と発信方法」の採択を受けたものです。
日時2017年2月2日(木曜日) 10時30分〜15時15分
会場焼津市役所(焼津市本町2-16-32)
対象大学生(18〜22歳の方)
申込方法ご参加いただくには事前に予約が必要です。メールアドレス(yamada(@を挿入)hm.tokoha-u.ac.jp)に、参加希望を送信してください。受信後、連絡事項のメールを返信します。定員を超えた場合、参加できない場合がございますのでご了承ください。
助成事業平成28年度静岡市・焼津市地域課題解決事業「若者への魅力ある情報の発見と発信方法」

「焼津市の魅力発見と情報発信:オノマトペを探して街歩き」のちらしのダウンロード