INTERVIEW

それぞれのBeyondtheLimits

10学部19学科で構成される常葉大学と、3学科1専攻科で構成される短期大学部。いずれも特徴的な学びを通して、学生一人ひとりの可能性を開花させ、社会に飛び立つ日まで成長をサポートする。その実現を約束する各学部の強みとは何か、さらにステージアップするためのビジョンも含め学部長の皆さんに語ってもらった。

教育学部 学部長

教授

猿田 真嗣SARUTA Shinji

教授メッセージ

現代社会の学びは、学校教育に収まらない。

本学部は、「初等教育課程」から多数の学校教員を輩出してきた実績により、教員養成を目的とした学部として地域に広く認知されています。その一方で、「生涯学習学科」には社会教育士や司書、学芸員といった社会教育系の国家資格を目指す学生、「心理教育学科」には2017年に国家資格となった公認心理師を目指す学生など、教職以外の資格取得を目指す学生が約半数を占めているのが現状です。
人生100年時代を迎え注目される生涯学習や、現代社会で生きるのが困難な人のこころをサポートするための学びは、今でこそ注目されていますが、本学部ではこうした状況を先取るように、1998年に生涯学習学科、2004年には心理教育学科を開設。社会教育やこころの教育という、学校教育に収まらない学びのニーズをキャッチし、地域に多様な教育人材を輩出してきました。それは今後ますます顕著になるものと考えます。

40年の歴史で培った、常葉ネットワークの強み。

このように多様な教育ニーズに応える人材を養成するために、本学部が重視するのが実践的な学びとなる現場実習です。1980年に開設された初等教育課程の卒業生の中には、地域の教育業界の要職にある者も多く、他学科も同様、地域の幅広い施設で活躍しています。さらに、本学は専門分野を活かした産学連携・地域連携プロジェクトを展開しており、OBOGネットワークだけでなく、学部を越えたネットワークも加わり、質の高い学びにつながる実習先を確保しているのが大きな強みといえます。
また、教職者を目指す学生だけの教育学部と異なり、多様性を内包する本学部の学科構成自体が、質の高い学びの環境を実現しているといえます。この特性を活かし、各学科の専門性を共有できる交流と学びの環境をさらに充実していくことで、地域の多様な教育を先導する人材の育成を担っていきます。

教授と生徒

challengetomirai

  • ・OBOGネットワークのさらなる強化により優良な実習先を確保する
  • ・学科間の交流と学び合いで、多様化・高度化が進む教育ニーズに応える
  • ・ICTが浸透する教育現場に対応できるスキルを習得するカリキュラムの構築

外国語学部 学部長

教授

戸田 裕司TODA Yuji

教授メッセージ

「外国語を学ぶ」から「外国語で学ぶ」へ。

「外国語を学ぶ」ではなく「外国語で学ぶ」。それが外国語学部のコンセプトです。かつて語学のスキル習得が主体であった語学系の学部ですが、地域に密着し、卒業後も静岡県域で就職する学生が多い本学では、習得した言語をプラットフォームに異文化への理解を深め、広い視野でものを考える力を養成することが重要な使命と考えます。
グローバルコミュニケーション学科では、行政が実施する国際交流活動の企画・運営に携わったり、中国の大学の日本語学科で授業に参加するなど、ユニークな「臨地実習」を通して異文化理解を深める学びに取り組んでいます。
英語教師を目指す学生が多い英米学科においても、語学研修だけでなく現地で「教授法」を学ぶ海外留学を実施。学部全体で「語学プラスα」の学びを推進しているのが最大の特長といえます。

国際化する地域で活躍し、貢献できる人材を育成。

コロナ禍により、学びの中でも重視していた「海外留学」が中止となりました。その間、採用したのが「オンラインプログラム」です。これにより他国の学生とリモートで交流する機会を設け、学生のモチベーション維持につなげることができました。コロナ禍で海外留学を補完する学びとして位置づけた「オンラインプログラム」ですが、これを機にICTを活用した学びの可能性をさらに追求するつもりです。また、外国語学部の特色である「臨地実習」や「異文化理解を促進するカリキュラム」についても、学部全体で内容の充実・強化を図っていきます。
静岡県には日本有数の中南米コミュニティがあり、観光・商用などのインバウンドでは、東アジアからの訪日客が多数を占めています。今後ますます国際化の進展が予想される静岡において、正しい異文化理解のもと地域の一員として活躍し、多文化共生社会の形成に貢献できる、そんな人材の育成を図っていきたいと考えます。

教授と生徒

challengetomirai

  • ・国際化する地域の生きた学びとなる「臨地実習」のグレードアップ
  • ・異文化理解、多文化共生への深い理解を促すカリキュラムの強化
  • ・ICTの活用により、海外研修の補完・強化と新たな学びの可能性を追求

経営学部 学部長

教授

坂本 眞一郎SAKAMOTO Shinichiro

教授メッセージ

理論と実践の両輪で養成する、
人・組織・社会を動かす力。

地域で躍動するビジネスリーダーを育成する。それが本学部の教育目的です。そのために経営・会計・情報・経済という4分野の専門領域を学びの柱とし、これらの領域を学際的に学ぶことで、経営学全般の基礎理論・応用理論を修得。時代のニーズに応える多角的な視点で、人・組織・社会を動かす力を養成します。
また、静岡・浜松2つのキャンパスに拠点がある本学部では、それぞれの地域の特性を踏まえた多彩な産学協同の体験型プロジェクトとして、新静岡セノバ、MARK IS 静岡、松坂屋静岡店をはじめ、浜松の優良企業と連携した活動を展開。県庁、市役所、県内各企業の皆さまを講師に招く「経営学特別講義AB」や、実際の企業の業務が体験できる「企業研究」など実践的なカリキュラムも含め、地域の課題を発見し解決する力を身につけていきます。

静岡県内の多彩な分野で、活躍する人材を輩出。

すでに静岡県内、最大級の学生数を誇る本学ですが、今後さらに授業の質を高め、高度な理論と実践力の養成を目指します。学生が静岡県内の行政、企業、NPO法人など各種団体で生き生きと働き、組織のリーダーとして活躍するための取り組みとなるのが、各種資格試験の合格者の増加であり、県内の主要産業分野への人材の輩出と考えます。 本学では独自の指導である「キャリア開発」により、4年間を通して年次に応じた支援体制を整備していますが、これに加え本学部の学びの総決算である「卒業研究」「専門演習」のきめ細かで丁寧な指導により、学生自ら自身のキャリアデザインが描けるサポートに注力しています。これにより学部としてのステージアップを実現し、経営学部卒業者の地域における存在感を高めていきたいと考えます。

教授と生徒

challengetomirai

  • ・公務員試験の合格者を増やし、行政にOBOGネットワークを築く
  • ・公認会計士試験などの国家試験合格者、各種試験合格者を大幅に増やす
  • ・静岡県内企業の主要産業分野への就職を促進する

社会環境学部 学部長

教授

石川 雅典ISHIKAWA Masanori

教授メッセージ

総合領域の学びが、
多角的なアプローチの視野を広げる。

工学、建築学、物理学、化学、生物学、地学、社会学、社会心理学といった幅広い分野でそれぞれ専門教員を擁し、文理融合型の学びを展開しているのが本学部の特徴です。環境と防災は相互に深く関連し、グローバルな未解決課題が多い「総合領域」です。幅広い分野の専門教員による陣容は、多角的なアプローチが求められる分野ならではのものといえます。
学部には「環境・自然再生コース」と「防災・地域安全コース」があります。学生の皆さんはどちらかのコースに所属し、コースの選択は1年次の最後に行い、2年次の最初に所属が決まります。そして、目先の興味だけでなく卒業研究のテーマや、卒業後の進路まで見据えた学びにつなげます。3年次からは5~10人の少人数ゼミにおいて担当教員のもとで本格的な研究活動を開始し、文献調査など地道な作業と五感をフル稼動させるフィールドワークによる深い学びを通して、卒業研究を仕上げていきます。

行政、企業、さまざまな分野で
地域貢献できる人材を育成。

環境も防災も実践的な要素が強いため、学部では座学に加え、体験型・実践型授業や活動を重視しています。例えばフィールドワークでは、課題発見能力や1つの課題に取り組む粘り強さ、関係者への取材を通して鍛えられるコミュニケーション能力など、社会で求められる力が自ずと身についていきます。しかも、環境と防災は、一筋縄ではいかない課題が多いため、このテーマに挑めば、将来どんな仕事に就いても乗り越えていける力を育みます。
その証として、卒業生は行政職員、自然災害や地域防災に直接関わることが多い警察・消防などの公務員、理科の教員をはじめ、防災意識が強い静岡県下の企業についても、環境や防災、ひいてはSDGsに精通する人材として幅広く採用され、ローカルかつグローバルな課題に関する知識と技術を修得した人材として嘱望されています。本学部の学びで得たものをそれぞれの仕事や暮らしで活かすことで、地域の持続可能な発展に寄与してくれるものと考えます。

教授と生徒

challengetomirai

  • ・教育の質をさらに高め、大学院進学を目指す人を支援
  • ・公害防止管理者など難関資格にチャレンジできる学生を育成
  • ・環境・防災領域の諸課題を解決し、持続可能な社会づくりに貢献する

保育学部 学部長

教授

石山 ゐづ美ISHIYAMA Izumi

教授メッセージ

保育者に求められる資質を、
多様なカリキュラムで養成。

幼児教育・保育の基本は、遊びや生活を通して、自立心や協同心などの芽生えを支援し、子どもの成長・発達を支援することです。そのために必要となるのが、体全体を使った表現力やコミュニケーション能力といった保育者の資質です。それによって子どもは保育者が伝えようとすることを敏感に察知し、吸収していきます。豊かな人間性を養う「人間力セミナー」をはじめとした学部共通の教養科目や、音楽的、身体的表現力、仲間との協調性や人間関係調整力が身につく本学部独自の「ミュージカル制作」といったカリキュラムが、保育者に求められる資質の養成に寄与しています。
また、2020 年度には「認定絵本士」養成講座を開設。絵本に関する深い知識や高度な技術、豊かな感性を備えた絵本の専門家として、幼児教育・保育の現場の即戦力を高めるものとなります。

高い専門性を有する教員が、
幼児教育・保育のリーダーを育成。

このようなカリキュラムとともに、保育者育成に欠かせないのが現場実習です。本学部では1年次から現場実習を開始し、4年次までを通して段階的に実践力を養成します。実習先には本学と地域との強いつながりを活かし、附属幼稚園をはじめ保育園、認定こども園、児童福祉施設など多様な実習先を確保しています。
これに加え、本学部は保育、福祉、音楽をはじめ、食育、障害児教育、心理学などさまざまな分野の専門教員を擁しており、3年次から始まるゼミナールでは、深めたい専門分野について少人数教育のもと卒業論文の執筆まできめ細かく指導。これにより専門知識に基づく論理的な力も兼ね備えた保育者の育成を目指すものです。
保育者の養成機関として、本学部は県下でも広く知られる存在となっていますが、今後も質の高い教育を通して、地域の幼児教育・保育のリーダーとなる人材を育て、静岡の保育教育の中心地として認知されることを目指します。

教授と生徒

challengetomirai

  • ・教育学部との幼小連携を通した教育の質の向上
  • ・卒業生の交流を促進し、常葉のネットワークを構築
  • ・「認定絵本士」の上位資格「絵本専門士」の養成

造形学部 学部長

教授

安武 伸朗YASUTAKE Nobuo

教授メッセージ

キャリアプランが描ける、
履修モデルを提示します。

造形学部は従来の“もの”づくりから、社会や暮らしの変化をとらえた“情報”や“環境”を設計する幅広い領域を学びます。学生は、卒業後のなりたい自分を考え「情報・メディアを学ぶデジタルコミュニケーションデザイン」「環境や立体を学ぶ環境デザイン」「美術教育や美術全般を学ぶアート」の3領域の基本を学びます。さらに、「地域の課題解決に関わりたい」、「美術教員を目指したい」、「ICT業界で活躍したい」、「建築士の資格を目指したい」、など、具体的な目標に向けた「履修モデル」が用意されており、モデルを参考にして自分で科目を選ぶ仕組みです。学生は理論と実技、キャンパスと社会を往復しながら学び、その実践の成果がキャリアにつながることを目指しています。

目指すのは社会・産業とつながるクリエイティブ。

造形学部のカリキュラムは、県内外の企業、団体との産官学共同研究や、地域の現場に赴いたプロジェクト活動を通して、社会に通用する学びを進めているのが特徴です。例えば静岡銀行との共同研究による金融サービスのアプリデザインや、静岡市交通政策課との連携による立体駐車場のリノベーション提案、伊豆の国市と協力した大河ドラマ館のPR、静岡県消防学校と協働した燃焼実験模擬家屋の製作など、いずれも学生にとっては選択した領域の実践的な学びに結びつくものです。
また急速に進展するデジタル社会で活躍するためのコンピュータ技術の習得や、ビジネスとクリエイティブをつなげるリサーチ理論やSDGsの知識、サービスマーケティングなど、デザインとアートが備えている創造性を社会や産業の現場につなげる科目が数多く開講されており、新しい価値を生み出せる人材育成につなげます。

教授と生徒

challengetomirai

  • ・キャリアプランが描ける履修プランの構築とブラッシュアップ
  • ・地域、全国を代表する企業との産学協同プロジェクトの推進
  • ・デジタル社会に対応できる教育のアップデート

法学部 学部長

教授

吉崎 暢洋YOSHIZAKI Nobuhiro

教授メッセージ

実就職率第1位の実績で、
地域のさまざまな分野に人材を輩出。

法律家を目指す学部と思われがちな「法学部」ですが、本学部の学生の多くは入学時には公務員を志望しており、実際に多くの公務員試験合格者を出しています。さらに、本学部での学びを通して幅広いキャリア形成の可能性に気づいた学生は、進路を金融機関やマスコミなど一般企業にも求めるようになり、全国法学部の中で実就職率1位という実績につながっています(2020年度)。
本学には静岡県で就職し、地域に貢献したいという学生が多く、本学部の学生も例外ではありません。それが、公務員や地域の企業への就職を志望する要因の一つと考えられます。これを踏まえ本学部では、行政や企業と連携した「地域政策実習」「地域産業実習」など特徴的なカリキュラムをはじめ、法律が関係する事例を用いて議論するアクティブラーニングなど、知識吸収型の座学だけでなく実践力を養成する教育を積極的に取り入れています。

ICTとの親和性の高さを活かし、
学びのスタイルの多様化へ。

一方、コロナ禍を機に全学で導入されたオンライン授業ですが、座学の比重が大きい法学部の学びは、ICTとの親和性が高いことを実感しました。コロナ禍は、学生の対人関係に大きな影を落としましたが、「いつでも、どこでも、繰り返し受講できる」動画配信のメリットを評価する学生が増えています。さらに、同時双方向、チャット、フォームズの利用などコミュニケーションの形態は多様化しており、少ない対面の機会を有効に活かす工夫も進むようになりました。
学生、教員にとって、「この授業にベストな形態とは?」を常に考えるようになり、ICTの活用による授業形態の多様化は今後さらに進展するものと期待しています。地域志向が強い本学部の学生には、地域・産業が直面する課題を発見し、解決の糸口を見つける“使える法律”の素養と、政治・経済の視点も踏まえた総合力が必要となります。その獲得につながるアクティブな教育の実践をさらに推進していきたいと考えます。

教授と生徒

challengetomirai

  • ・多様なフィールドで活躍できる、アクティブな教育の提供
  • ・地域の課題に対応できる公務員・企業人の育成の強化
  • ・ICTとの親和性の高さを活かした、多様な授業形態の実践

健康科学部 学部長

教授

濱松 加寸子HAMAMATSU Kazuko

教授メッセージ

看護師・理学療法士の育成に特化した学部教育。

本学部は、チーム医療の現場で重要な役割を果たす看護師と理学療法士の育成を担う看護学科と静岡理学療法学科で構成されています。看護学科は看護師の育成に特化しており、カリキュラムに国際看護、災害看護、感染看護など専門科目以外の統合科目も取り入れているのが特徴といえます。
また、2つの学科が1年次にチーム連携や人間の発達について学ぶ学部共通科目があり、互いの領域と役割を学ぶことで、協力・連携意識の芽生えをサポートできる環境にあります。 さらに、本学の理念でもある、豊かな人間性を持つ地域に貢献できる人材の育成は、専門職業人育成の基盤となるものです。これをかなえるのが1年次に学ぶ充実した教養科目と、他学部学生との交流、ボランティア活動・サークル活動が活発な本学の環境といえます。

臨床現場との緊密な連携が人を育てる。

一方、実践力を養成する現場実習において附属病院を持たない本学部は、当初実習先の開拓にかなりの苦労を要しました。しかし、卒業生の8割以上が静岡県内に就職している実績が認められ、今では実習先も県内で100%確保できています。これにより学生はさまざまな医療領域の実習ができ、介護施設や障害者施設など福祉分野まで幅を広げています。
今後、看護師、理学療法士の活躍するフィールドは、病院から地域へ、医療、福祉、保健分野へと広がっていきます。多様な現場の実習体験は、将来のキャリアプランをイメージする機会にもなります。教員も臨床現場との緊密な連携ができており、卒業生が県内のさまざまなフィールドで活躍していることも学生には心強さにつながります。今後も専門知識・技能の習得、国家試験の支援はもちろん、学部教育で培った人間力で、就職後も自ら課題を見つけ、成長し続けることのできる人材の輩出を目指します。

教授と生徒

challengetomirai

  • ・教材のIT化など学生の学びの環境を進化させる
  • ・臨床現場との緊密な連携をさらに強化する
  • ・広がるフィールドに対応できる人間力を養成

健康プロデュース学部 学部長

教授

小野澤 隆ONOZAWA Takashi

教授メッセージ

一つの理念でつながる、5つの専門教育。

それぞれ専門職として自立できる5つの学科を擁しているのが本学部の特徴です。専門分野も異なれば、目指す資格もさまざまですが、「健康で幸せな生活に貢献する」という学部の理念は共通しています。これに基づき、1年次には学部共通で「健康プロデュース」の意義をしっかり理解するとともに、全学共通の「人間力セミナー」と「教養セミナー」を通して、社会人としての素養を身につけます。この基盤があるからこそ、資格を得たその先の人生をデザインする学びへとつなげることができます。
教育にあたっては、高度な専門技術が習得できるよう、実践的な学びの環境を整備。現場の第一線で活躍する教員も多く、卒業後の進路相談にも適切なアドバイスができます。地域との連携が強い浜松キャンパスの環境を活かし、実習やボランティア活動を通して実践力を培えるのも強みといえます。

学科を越えたつながりが、キャリアの幅を広げる。

一方、すべての専門職には資格試験が伴うことから、合格に向け充実した支援体制も整備しています。教育の一環として、国家試験・公務員試験等に向けた対策を導入しているほか、課外講習を実施して合格率向上のための強化も図っています。
さらに、少子高齢化の進行と健康志向の高まりを受け、同じキャンパスで4年間を共に過ごす仲間が、互いのキャリアを活かして連携する基盤が本学部にはあります。それは本人自身のキャリアの幅を広げるとともに、地域への貢献度の向上を意味します。一見、独立して見える5つの学科が、実は地域社会が求める「健康で幸せな生活」というニーズに応える使命でつながっているのです。その重責を担うことができる高度な専門性と豊かな人間性を備えた、プロフェッショナルの育成を実現します。

教授と生徒

challengetomirai

  • ・人間力と教養を備えた魅力ある専門職を育成
  • ・各資格試験の合格率を向上させるサポートの強化
  • ・学科間の交流と切磋琢磨でキャリアを積む力を養成

保健医療学部 学部長

教授

矢澤 生YAZAWA Ikuru

教授メッセージ

高い国家試験合格率を実現する教育で、
医療・福祉施設の信頼を獲得。

本学部の国家試験合格率は、理学療法士、作業療法士とも優秀な実績を上げています。その要因は、専任教員に出題分野の専門医がおり、過去の出題傾向を正確に分析して、学生の皆さんにその対策をわかりやすく指導しているからです。理学療法士、作業療法士は一般企業と異なり、国家試験に合格しなければ内定を得ても現場で活躍することができません。高い合格率を誇る本学部の実績は、就職先の皆さまにも大きな安心感となり、信頼関係につながっています。
また、卒業後には臨床の現場において即戦力となるように、実際の専門分野の患者さんに関する症例を紹介し、臨床の最新情報や最先端の研究を学びに反映させています。日進月歩の医療の現場では、理学療法も作業療法も理論・技術ともに高度化・専門化が進んでおり、国家試験の合格を目標にするだけでは、実際の医療現場に出てから戸惑うことになります。大学時代に最新の臨床・研究情報をアップデートできる環境があることは非常に重要なことです。

変化する医療ニーズに応える、
スペシャリストという可能性。

かつて、医療の役割とは病気を治療することでしたが、高齢化が進む社会では医療の役割も変化してきました。慢性疾患や治せない病気を抱えた患者さんの「生活の質」を維持・向上させ、身体だけでなく精神的、社会的にも健康な状態を目指す、ケア中心の時代へと変わってきたのです。そんな時代のニーズに応えるために欠かせない存在が、理学療法士と作業療法士です。その役割はますます大きくなり、求められるフィールドも医療機関に限らず、介護施設や障害者施設など幅広い分野に広がっています。
開設から10年以上の歴史を持つ本学部からは、卒業生の多くが地域医療で活躍しており、「チーム医療」が定着している医療現場では、相談できる先輩とともに働く機会が多いのも本学部の特長といえます。理学療法士、作業療法士は、高齢化する社会でますますニーズが高まる資格です。本学部はこれからも地域医療を支える優秀な人材の輩出に取り組んでいきます。

教授と生徒

challengetomirai

  • ・最新の医療情報を常に提供できる教育の強化
  • ・地域の多様な施設との信頼関係により実習・就職先の開拓
  • ・より高度な教育・研究を目指す学生の受け皿づくりを模索

短期大学部 副学長

教授

小田 寛人ODA Hiroto

教授メッセージ

それぞれ特徴が際立つ3つの学科で構成。

本短期大学部は、特徴的な3つの学科で構成されています。「日本語日本文学科」は、キャスト制という独自のカリキュラムにより、好きな学びを有機的に結びつけ将来につなげることができるのが特長。幼稚園教諭2種・保育士資格が取得できる「保育学科」は、充実した就職支援体制のもと、幼稚園、保育所、社会福祉施設への就職率が毎年100%。数多くのコンクール受賞実績がある「音楽科」も就職率100%を保持し、約半数の学生が「専攻科」で4年制大学と同じ学士の称号を得るとともに、上越教育大学との協定で大学院進学の道が開かれています。
いずれの学科も「人間力セミナー」「教養セミナー」「ライフデザイン総合セミナー」という学部共通の独自カリキュラムを通して、社会人の基礎力となる学びを重視しており、学科ごとの専門教育とともに2年間で即戦力を身につけ、社会で活躍できるよう支援しています。

4年制大学との連携で高い教育効果を発揮。

これらの教育に携わるのは専門分野の研究を極め現場経験も豊かな教授・准教授陣であり、親身な指導で知識・技能の習得だけでなく豊かな人間性を培う教育を実践。元アナウンサー、元コンピュータ技師など、現場の第一線で活躍していたスペシャリストの実務家教員も多く、資格試験や就職の実績に寄与しています。
また、サークル活動や学友会活動など4年制大学の学生とともに活動する機会が多いため、先輩から刺激を受けることも多く、短大生だけの環境と比べて人間的にも成長が早いことが見受けられます。本学は卒業生の多くが県内に就職していることから、学生生活だけでなく社会においても支え、支えられる人間関係が構築できています。今後は即戦力を養成する質の高い本短期大学部の学びを幅広くアピールし、社会人の学び直しや卒業生の再教育など、多様化する学びのニーズに応える体制づくりも検討しながら、地域での存在感を高めたいと考えます。

教授と生徒

challengetomirai

  • ・3つの特色ある学科の学びをさらに追及
  • ・多様な学びのニーズに対応できる教育機関としての整備
  • ・4年制大学との連携を強化し、地域での存在感を高める