グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



嶋野 岳人


ホーム >  教員情報 >  社会環境学部 >  社会環境学科 >  嶋野 岳人

氏名
嶋野 岳人(SHIMANO Taketo)
所属
常葉大学 社会環境学部 社会環境学科
職名
教授
学位
博士(理学)
専門分野
火山学、地質学、岩石学
主な担当科目
環境科学論、自然災害、地学概論、地球物質の科学、地学実験
researchmap
https://researchmap.jp/shimano(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

火山噴火現象や火山の成り立ちについて研究しています.ゼミではまず,実習や論文講読などを通して火山(特に富士山や桜島などの活火山)に関わる学習をしています.卒業研究では火山に関わるテーマを各自設定し,調査方法,試料分析方法,論文の作成・口頭発表の仕方などを習得してもらいます.

主な研究業績および社会貢献活動など

  • 嶋野岳人(2015)火山噴出物の特徴と試料採取.エアロゾル科学,30,183-189.
  • Kitamura, A. et al. (2016) Holocene geohazard event on the southern Izu Penninsula, Central Japan. Quarternary International, 397, 541-554.
  • Oikawa, T. et al. (2016) Reconstruction of the 2014 sequence of Ontake volcano from recorded images and interviews. EPS, 68: 79.
  • Maeno, F. et al. (2016) Reconstruction of a phreatic eruption on 27 September 2014 at Ontake volcano, central Japan, based on proximal pyroclastic density current and fallout deposits. EPS, 68: 82.
  • Maeno, F. et al. (2017) A sequence of a phreatic eruption preceded by dome destruction at Kelud volcano, Indonesia, on February 13, 2014, revealed from tephra fallout and pyroclastic density current deposits. J.Volcanol.Geotherm.Res., in Press.

ページの先頭へ戻る