グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



佐瀬 竜一


ホーム >  教員情報 >  教育学部 >  心理教育学科 >  佐瀬 竜一

氏名 佐瀬 竜一(SASE Ryuichi)
所属 常葉大学 教育学部 心理教育学科
職名 教授
学位 博士(心理学)
専門分野 臨床心理学・健康心理学・教育心理学
主な担当科目 臨床心理学、心理教育データ解析入門、教育心理学実験、生涯心理学
researchmap https://researchmap.jp/read0103994/(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

専門は心理学です。自律訓練法やロールレタリング(役割交換書簡法)などによって心身を落ち着かせる方法、感情をセルフコントロールしていく方法の効果について研究・実践しています。
また、青少年の(学校を含めた)社会への適応の在り方・メンタルヘルスについて研究しており、スクールカウンセラーとしても活動しています。
さらに、アクティブ・ラーニングの中でも特に協同学習を取り上げ、グループワークの効果と評価方法の研究や実践にも取り組んでいます。
これらの研究や実践の成果を取り入れて、体験型の授業を日々大学の中で展開しています。

主な研究業績および社会貢献活動など

(論文)
  • 佐瀬竜一(2018).進路について考えるロールレタリングが大学生の心理状態に及ぼす影響」(査読有り) 役割交換書簡法・ロールレタリング研究,1,67-79.
  • 佐瀬竜一・増井実子・谷誠司・安武伸朗・戸田裕司・柘植健一(2018). 「AL(アクティブ・ラーニング)のローカライズに向けた「社会人基礎力」 尺度作成の試み」 協働学習研究,5,14-23.
  • 佐瀬竜一(2017).「自己内カウンセリングを援用した対人援助職を目指す大学生に対する教育実践 : 事例検討とキャリア教育に焦点を当てて」 常葉大学教育学部紀要,38,29-39.
  • 佐瀬竜一・黒田里佳(2017). 「教師がアクティブ・ラーニングついて学ぶことが教育観や教育活動にどのように影響するのか-特に協同学習に焦点を当てて-」 協働学習研究,4,4-13.
  • 佐瀬竜一(2016). 「自律訓練法とバイオフィードバック」(招待有り) バイオフィードバック研究,43,59-63.
  • 佐瀬竜一・平有見(2016). 「小学校における協同学習に関するルーブリック作成の試み2 -メタ・ルーブリックを用いた妥当性の検討―」 協働学習研究,3,4-13.
  • 佐瀬竜一(2016). 「ロールレタリングを用いた大学生を対象にしたキャリア教育の試み」 常葉大学教育学部紀要,36,201-212.

(受賞・表彰)
  • 2017年 日本自律訓練学会第40回大会 優秀研究発表賞

(社会貢献活動)
  • 静岡市教育委員会スクールカウンセラー

ページの先頭へ戻る