グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



大矢 隆二


ホーム >  教員情報 >  教育学部 >  生涯学習学科 >  大矢 隆二

氏名 大矢 隆二(OYA Ryuji)
所属 常葉大学 教育学部 生涯学習学科
職名 教授
学位 博士(教育学)
専門分野 保健体育科教育学
主な担当科目 保健体育科教育Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、体育科教育法、レクリエーション援助論
researchmap https://researchmap.jp/read0148330/(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

体育授業における運動の動機づけ、動作の解明、上達の法則などについて、量的・質的分析を用いて究明し、その方法論を構築することが主な研究テーマです。それらの知見を手がかりとして、各運動領域の特性を活かした授業づくりに取り組んでいます。
これらの基礎研究が体育科教育の抱える課題改善の一助となり、また、社会・教育現場に貢献できる人材育成に寄与することを目指しています。

主な研究業績および社会貢献活動など

  • 「体育授業における投動作学習を通した心理的循環モデルの作成:知識および技能習得場面のつまずきに着目して」(単著:査読有)日本学校教育学会 2018
  • 「次期学習指導要領に向けたこれからの保健体育科の方向性:新旧学習指導要領の比較をもとに」木宮敬信・大矢隆二・黒岩一雄・大胡田茂雄・森啓彰・伊石晋司・左口直人・澤入光広・松本恵子(共著)、常葉大学研究紀要(38)2018年3月
  • 「中学生の投動作習得過程における心理的循環モデルの作成」大矢隆二・河合美保・川里卓・百瀬容美子・伊藤宏(共著)、常葉大学研究紀要(38)2018年3月
  • 「投動作学習を通した児童の心理的変容プロセス」大矢隆二・百瀬容美子・山根悠介・ 柳本雄次(共著:査読有)、日本教科教育学会誌39(4) 2017年3月
  • 「戦後の体育科教育における学習内容の検討:1950年の体育学習指導資料集をもとに」(単著)常葉大学研究紀要(37)2017年3月
  • 「中学生の投動作学習を通した意識の変容 :テキストマイニングによる分析」大矢隆二・伊藤宏・百瀬容美子(共著)、常葉大学研究紀要(36)2016年3月
  • 「グローバル対応力を育成する『伝統・文化』教育の充実に関する考察:東京都の取り組みとカンボジアの学校教育を視座として」安藤雅之・大矢隆二(共著)、常葉大学研究紀要(36)2016年3月
  • 「投運動学習における教師の指導実態に関する研究:小学校教師に対する質問紙調査をもとに」大矢隆二・新保淳(共著,査読有)、教科開発学論集 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院共同教科開発学研究科(4)2016年3月

ページの先頭へ戻る