グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



村本 宗太郎


ホーム >  教員情報 >  教育学部 >  生涯学習学科 >  村本 宗太郎

氏名 村本 宗太郎(MURAMOTO Sotaro)
所属 常葉大学 教育学部 生涯学習学科
職名 助教
学位 博士(スポーツウエルネス学)
専門分野 スポーツ社会学、スポーツ法学、レクリエーション学
資格等 専門社会調査士、準中級レクリエーション・インストラクター、初級障がい者スポーツ指導員、日本スポーツ協会アシスタントマネジャー
主な担当科目 体育社会学、生涯スポーツ概論Ⅰ、福祉スポーツ論、レクリエーション援助実習AB
researchmap https://researchmap.jp/so-muramoto(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

児童・生徒にとって身近な部活動で発生する、暴力問題をはじめとした諸問題について、問題発生の背景には何があるのかという視点から研究を進めています。並行しながら、人々が生涯にわたり学習・スポーツに取り組む上で重要であると考えられる「遊び」の感覚について、ゲームに着目した研究も進めています。
生涯学習・生涯スポーツを考えていく上で、これまで常識として自然に受け入れていた身近なテーマから、新たな気づきを得られるように学んでいきましょう。

主な研究業績および社会貢献活動など

(論文)
  • 学校運動部活動における体罰の発生要因に関する研究(立教大学博士学位論文)
  • 学校運動部活動時の「体罰」判例にみる体罰の特徴とその要因に関する研究(日本スポーツ法学会年報23:136-161)
  • 学校運動部活動に対する保護者の関与に関する分析枠組の検討―運動部での体罰発生との関連に着目して―(立教大学コミュニティ福祉研究所紀要9: 117-134)
  • 自己表現を伴うボードゲームと他者とのコミュニケーションに関する基礎的研究-3種類のボードゲームプレイに着目して-(常葉大学教育学部紀要42: 213-229)

(受賞)
  • 日本体育学会第66回大会 体育社会学専門領域 学生研究奨励賞受賞(運動部指導者からみた運動部の「聖化システム」と体罰に関する研究)

ページの先頭へ戻る