グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



酒井 大策


氏名 酒井 大策(SAKAI Daisaku)
所属 常葉大学 経営学部 経営学科
職名 講師
学位 博士(先端マネジメント)
専門分野 会計学、公会計、行政経営
主な担当科目 簿記Ⅰ・Ⅱ、工業簿記、原価計算論、管理会計論
researchmap https://researchmap.jp/kanzirou77/(別ウィンドウで開きます)
メールアドレス dsakai(@を挿入)hm.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

私は企業で4年間、地方自治体で12年間の勤務経験があります。企業であっても自治体であっても、組織にとって重要なものの一つとして、意思決定に役立つ情報があげられます。この情報の基礎となるものが会計です。
マネジメントや説明責任に貢献する情報システムとしての会計の役割について、具体的にわかりやすく講義しています。また、地域や自治体と協力して、地域の活性化や自治体改革の推進に取り組んでいます。

主な研究業績および社会貢献活動など

(学術論文・単著)
  • 「新地方公会計改革における統一的な基準導入の意義と課題」『常葉大学経営学部紀要』第4巻第2号、71‐78頁、2017年。
  • 「英国公共部門における統合報告の討議資料”CIPFA – Integrated Reporting and Public Sector Organisations, Issues for Consideration – July 2013” の解説」『CIPFA Japan ジャーナル』創刊号、27‐34頁、2017年。(著書・共著)
  • 『歴史と文化のまち 臼杵の地方創生』関西学院大学出版会、2017年。

ページの先頭へ戻る