グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



坂本 勝信


氏名 坂本 勝信(SAKAMOTO Masanobu)
所属 常葉大学 経営学部 経営学科
職名 教授/副学生部長(浜松)
学位 修士(日本語教育)
専門分野 日本語教育
主な担当科目 経営学部:日本事情Ⅰ・Ⅱ、教養セミナー、教養演習Ⅱ、人間力セミナー
外国語学部:言語の学習と獲得A・B、日本語文章表現
researchmap https://researchmap.jp/ending(別ウィンドウで開きます)
メールアドレス msaka(@を挿入)hm.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

留学生への日本語教育に約30年携わり、これまで50か国ほどの学習者に日本語を教えてきました。また、日本人大学生を対象とした文章作成能力・口頭表現能力養成に約15年携わっています。現在は、地域在住外国人に対する支援や「やさしい日本語」の普及など多文化共生社会実現に向けた取り組みをしています。自身の日本語力を上げたい人、日本語教育・異文化交流などに興味のある人は、ぜひ研究室(303号室)へ来てください。

主な研究業績および社会貢献活動など

<著書>
  • 『日本語教育への道しるべ 第2巻 ことばのしくみを知る』(編者)凡人社 2017年5月

  • 『日本語教育への道しるべ 第3巻 ことばの教え方を知る』(分担執筆)凡人社 2017年5月



<論文>
  • 「平成30年度常葉大学地域交流・連携推進事業ー『多文化共生に資する日本人住民と外国人住民の交流事業』の報告ー」『常葉大学外国語学部紀要』第36号 (共著) 2020年
  • 「コミュニケーション言語能力論における語用論的能力と社会言語学的能力」『常葉大学外国語学部紀要』第34号(共著)2017年
  • 「熟練教師の目標概念の多層化―二つの事例研究を通して―」『鈴鹿医療科学大学紀要』No.25(共著)2018年

<社会活動:講演・講師>
  • 「望ましい地域日本語教育の在り方~量的・質的充足と官民連携~」パネリスト、日本教育シンポジウム 浜松市における地域日本語教育の体制づくり、主催:浜松市  2020年2月9日
  • 「災害時多言語支援センター設置・運営訓練 やさしい日本語ワークショップ」講師、主催:公益財団法人 浜松国際交流協会 2018年2月20日

<学外職>
  • 文化庁事業「令和3年度浜松市における地域日本語教育の総合的な体制づくり推進業務総合調整会議」委員、公益財団法人浜松国際交流協会 2021年5月~現在
  • 浜松市外国人子供支援事業「やさしい日本語」ワーキンググループ アドバイザー、浜松市教育委員会 2020年4月~2021年3月
  • 静岡県多文化共生審議会委員 2019年6月~現在

ページの先頭へ戻る