グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



田端 辰哉


ホーム >  教員情報 >  法学部 >  法律学科 >  田端 辰哉

氏名 田端 辰哉(TABATA Tatsuya)
所属 常葉大学 法学部 法律学科
職名 助教
学位 修士(経済学)
専門分野 理論経済学・数理経済学
主な担当科目 マクロ経済学、財政学
researchmap https://researchmap.jp/283419(別ウィンドウで開きます)
メールアドレス t-tabata(@を挿入)sz.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

動学マクロ経済学という分野を研究しており、消費者が将来を重視する度合いと、長期的な貯蓄量や消費量の関係について分析しております。経済学は、公理という前提条件を出発点として、論理的な推論を重ねて結論を導く学問です。学生諸君には、曖昧さを残さず事実を明らかにする姿勢と、推論に欠かせない数学的手法の習得を強く求めます。

主な研究業績および社会貢献活動など

【学術論文】
  • 「ラグランジュ未定乗数法に代わる、消費者の効用最大化問題の解法について」常葉法学 10(1) 2022年9月
  • ”Co-monotonic Allocation with Heterogeneous Agents and Non-Linear-Discounting Utility :An Example”, Economics Bulletin (forthcoming)

  • 【講演・口頭発表等】
    • ”Co-monotonic Allocation with Heterogeneous Agents and Non-Linear Discounting Utility” 日本経済学会(オンライン開催) 2020年5月30日
    • ”Comonotonic Allocation with Heterogeneous Agents and Non-Linear-Discounting Utility” New School - UMass Graduate Workshop(於:米国 New School 大学) 2019年11月2日
    • ”Capital Accumulation Path under Non-Time-Additive Utility :A NumericalCalculation”(高橋 貴臣氏との共同発表)経済理論学会関西部会共催 The 9th Summer School on Analytical Political Economy(於:同志社大学) 2019年8月27日
    • ”Recursive Utility and Labor Supply” 関東学院大学 経済経営研究所 プロジェクト「数理経済学、統計モデル、ゲーム理論、情報数理の新展開」研究会 2019年2月15日
    • ”Recursive Utility and Labor Supply” 京都大学 第43回・制度的経済動学セミナー 2019年1月11日
    • ”Recursive Utility and Allocation in the Stationary Equilibrium” Dynamic Models in Economics and Finance(於:イタリア Urbino大学) 2018年9月8日
    • ”Do Wage-Rate and Profit-Rate Conflict?-A Further Analysis on Pasinetti Model” 経済理論学会関西部会共催 The 8th Summer School on Analytical Political Economy(於:同志社大学) 2018年8月23日
    • ”Time Preference and Allocation in the Stationary Equilibrium” 数理経済学会 研究集会(於:慶應義塾大学) 2017年10月27日
    • ”Existence of Stationary Equilibrium with Unbounded Recursive Utility” 経済理論学会関西部会共催 The 7th Summer School on Analytical Political Economy(於:同志社大学) 2017年8月25日
    • ”Time Preference and Allocation” 第11回若手経済学者のためのマクロ経済学コンファレンス(於:大阪大学) 2017年1月29日
    • ”Heterogeneous Agents with Recursive Utilities” 経済理論学会関西部会共催 The 6th Summer School on Analytical Political Economy(於:同志社大学) 2016年8月23日

    【学界貢献活動】
    • 小暮 憲吾さん「労使コンフリクトとマクロ経済の不安定性について-タスクベースアプローチ-」に対する討論者、京都大学 「経済動学セミナー」/「Graduate Workshop on Economic Dynamics(経済動学・院生ワークショップ)」 2020年9月25日

    【社会貢献活動】
    • 「経済学者のリカレント計画 動学的一般均衡モデルの現在地」への取材協力、 現代数学社 『現代数学』 2022年9月 - 2022年11月

ページの先頭へ戻る