グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



幸田 明子


ホーム >  教員情報 >  外国語学部 >  英米語学科 >  幸田 明子

氏名 幸田 明子(KODA Akiko)
所属 常葉大学外国語学部英米語学科
職名 教授
学位 修士(英米言語文化)
専門分野 児童英語教育 小学校外国語活動 比較児童文化文学研究

主な担当科目 児童英語教育 比較児童文化研究 特別研究 Communicative Writing Intensive Reading
researchmap https://researchmap.jp/read0088545/(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

児童に英語を教えるための効果的な授業方法、教材開発など、特に物語、絵本などを教材化し、授業実践に活かす方法を研究しています。英米の児童文学やマザーグースを通して、子ども文化の比較研究もしています。

主な研究業績および社会貢献活動など

  • Effects of Teachers’ Beliefs and Classroom Practices on Junior and Senior High School Students’ English Language Learning Outcome口頭発表)第56回大学英語教育学会 国際大会 2017年8月
  • 「小・中学校連携―5・6年生の知的発達段階を踏まえた教材と『英語ノート』の活用法」高橋美由紀(編)『これからの小学校英語教育の発展』アプリコット 2010年
  • 「外国語活動を中学英語とどう関連づけるかー知的発達段階を踏まえた連携」中部地区英語教育学会紀要39号351~352ページ 2009年
  • 「小学校英語教員養成プログラム外国語学部ブリッジコース実践からの一考察」常葉学園外国語学部紀要25号65~80ページ 2009年
  • 「小学校英語教育の到達目標に関する一考察」中部地区英語教育学会紀要34号225~230ページ 2005年
  • 「物語、劇を利用した教材とその利用法-国語科既習作品の活用法」 中山兼芳 (編)『児童英語教育を学ぶ人のために』 世界思想社 2001年
  • 「小学校英語から中学校英語への教材研究によるパイプ作り-Authenticな教材で深い理解へ導くための一考察」JASTEC研究紀要 19号 59~71ページ 2000年

ページの先頭へ戻る