グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



前野 竜太郎


ホーム >  教員情報 >  健康科学部 >  静岡理学療法学科 >  前野 竜太郎

氏名 前野 竜太郎(MAENO Ryutaro)
所属 常葉大学 健康科学部 静岡理学療法学科
職名 准教授
学位 博士(学術)
専門分野 中枢神経系理学療法、小児理学療法、国際理学療法、医療通訳 
緩和ケアリハビリテーション
主な担当科目 リハビリテーション障害学Ⅱ(神経・筋系障害) 中枢神経障害理学療法学
researchmap
メールアドレス maeno(@を挿入)sz.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

中枢神経系の障害一般を専門としていますが、国際保健医療、医療通訳、緩和ケアリハビリテーションの分野でも学会発表を行っています。片麻痺機能回復予後予測の研究、重症心身障害者とのコミュニケーション研究、最後までそのひとらしく生きるための運動療法(がんロコモ)、医療通訳の制度化など、それぞれの分野のトピックについて幅広く研究を行っています。

主な研究業績および社会貢献活動など

【研究業績】
2016年度
・前野竜太郎, 重症心身障がい児・者に理学療法を行う意味―「働きかけ」と「気遣い」を通した身体交流の構造. 臨床哲学第18号 大阪大学文学部2016:3-20
・平成28年度静岡県立大学教員特別研究推進「在住外国人が抱える頭痛の原因とその対処法」共同研究者
2017年度
・平成29年静岡県立大学地(知)の拠点整備事業(COC)地域貢献プロジェクト研究「医療通訳の入り口としてのお話ボランティア」共同研究者
【社会貢献活動】
・外国人医療を考える会ワークショップ開催(医療通訳者対象;年1回)
・外国人のための無料健康相談と検診会 腰痛予防教室担当(年1回)

ページの先頭へ戻る