グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



古谷 学


氏名 古谷 学(FURUTANI Manabu)
所属 常葉大学 健康プロデュース学部 心身マネジメント学科
職名 准教授
学位 修士(体育学)
専門分野 臨床心理学,臨床スポーツ心理学
主な担当科目 臨床スポーツ心理学(学部),臨床心理学特論(大学院)
researchmap https://researchmap.jp/furutani(別ウィンドウで開きます)
メールアドレス furutani(@を挿入)hm.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

「現場第一!」
競技現場における競技者や指導者や心理療法面接現場における心理療法家、教育現場における教員としての体験から、如何に現場で力を発揮することができるかが私の信条です!あらゆる現場にエネルギーを注ぎ込むと「おもろい現象」が次々と起こり、その「おもろい現象」は次々と「変容」していきます!その「おもろい現象」やその「変容」を一緒に体験してみませんか?
「こころとからだ」は、つながっていて、きれている。それが、「おもろくて、むつかしい」ところです。


主な研究業績および社会貢献活動など

【論文】
  • 「家族と心理療法 -受け継がれし者として-」常葉大学臨床心理事例研究,9(1),2018.
  • “Case Study on Expressive Psychotherapy from Female Competitive Swimmer”The 6th Conference of Expressive Psychotherapy Program(Summary),Suzhu,China,2017.
  • 「たましいの守り手となり、そのまた先へ」常葉大学臨床心理事例研究,8(1),2017.

【発表】
  • “Case Study on Expressive Psychotherapy from Female Competitive Swimmer”The 6th Conference of Expressive Psychotherapy Program(Summary),Suzhu,China,2017.
  • 「Circle-Triangle-Square Book法の開発 -〇△□(まるさんかくしかく)物語統合法(CTS-Book法)の授業実践から-」日本心理臨床学会 第36回大会,神奈川県横浜市,2017.
  • 「CTS-Book法の試みと事例の検討」第49回日本芸術療法学会学術大会,島根県松江市,2017.

ページの先頭へ戻る