グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



稲川 郁子


氏名 稲川 郁子(INAGAWA Ikuko)
所属 常葉大学 健康プロデュース学部 健康柔道整復学科
職名 准教授
学位 博士(教育学)
専門分野 柔道整復学、柔道
主な担当科目 柔道整復学、柔道整復実技、柔道実技
researchmap https://researchmap.jp/read0155104(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

果敢な青春を送ってください。
全員で全力で!

主な研究業績および社会貢献活動など

【論文】※直近の主要なもの
  • Ikuko INAGAWA, Motomasa HATAKEYAMA. A study on Low back Injuries and Disorders in Certified Ju-no-kata athletes. Proceedings of the 2017 International Budo Conference. 2017, 16-17.
  • 稲川郁子, 髙橋渓太,新井龍也,大西建,小川大和,若澤佳樹.柔道整復学生に生じた若年性一側上肢筋萎縮症(平山病)の一例.柔道整復接骨医学.2017,26(1),15-20.
  • 稲川郁子,堀湖雪.シンクロナイズドスイミング選手に生じた外傷性長胸神経麻痺の一例.柔道整復接骨医学.2016,25(2),56-61.
  • 稲川郁子.柔道整復領域におけるケアリング概念の検討:メイヤロフとノディングスのケアリング論から.柔道整復接骨医学.2014,23(2),59-65.
ほか

【学外職】
  • 静岡県柔道協会審判委員会 委員
  • 静岡県柔道協会総務委員会指導者公認講習部会 委員
  • 静岡県大学高専柔道連盟 副会長

【スポーツ実績】
  • 2011~2014年 全日本柔道形競技大会 東京地区代表(柔の形、13年5位、14年4位)
  • 2016~2018年 全日本柔道形競技大会 全国枠代表(柔の形、16年5位、17年4位、18年?)
  • 2011年~   全日本柔道連盟指定「形」強化選手(柔の形)

ページの先頭へ戻る