グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



花家 彩子


氏名 花家 彩子( HANAKE Ayako )
所属 常葉大学 健康プロデュース学部 こども健康学科
職名 講師
学位 博士
専門分野 演劇教育
主な担当科目 保育内容(言葉)、国語、人間とことば
researchmap https://researchmap.jp/rosalie_pink/(別ウィンドウで開きます)
メールアドレス ahanake(@を挿入)hm.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

大学では、まだ誰も答えを知らないことについて考えなければならない場合がたくさんあります。そういうとき、大学では、少し難しい本を読んだり、議論をしたり、ときには実際にやってみて、誰かがやっているのを見て、そこからヒントを得てみんなで考えます。これは難しいことのように思えるかもしれませんが、まだ誰も見つけていない宝物を探す冒険のような、とても楽しい作業です。一緒に楽しみましょう。

主な研究業績および社会貢献活動など

  • 〈演劇教育〉とは何だったか ―冨田博之、飯塚友一郎、青江舜二郎の演劇教育論を中心に―(『演劇教育研究』 (6) 24-31 2015年10月)
  • 九〇年代の如月小春の可能性―『A・R―芥川龍之介素描―』と「八月のこどもたち」―(『演劇学論集』日本演劇学会紀要 (57) 1-19 2014年2月)
  • 上演芸術の経験を分析するための方法 ―花家彩子によるオートエスノグラフィー―(共著、『東京学芸大学紀要 芸術・スポーツ科学系』 (64) 37-46 2012年10月)
  • 演劇経験を教育的に評価するための研究方法としてのオートエスノグラフィーの可能性(『学校教育学研究論集』 (25) 85-98 2012年3月)
  • ギィ・フォワシィ・シアター第82回公演「ギィ・フォワシィのブラックな3作『関節炎』『動機』『誘拐』」演出助手(2011年5月19日〜24日)
  • 2010年度ドラマで育つ子どもたち げきだんとんじるプロジェクト 主催(2010年4月15日〜8月8日)
  • 2017年度日本女子大学現代女性とキャリア連携専攻「女性と職業」ゲストスピーカー(2017年4月)
  • 2015年全国劇場・音楽堂アートマネジメント研修会 文化育成プログラム〜創造的音楽活動から生まれ育つ文化〜 子どもから高齢者、障がいのある人も参加できるワークショップ 指導アシスタント(2015年2月)

ページの先頭へ戻る