グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



新原 寿志


氏名 新原 寿志 (SHINBARA Hisashi)
所属 常葉大学 健康プロデュース学部 健康鍼灸学科
職名 教授/学科長
学位 博士(鍼灸学)
専門分野 鍼灸の安全性、鍼灸の治効機序
主な担当科目 鍼灸理論、解剖学概論、機能解剖学
researchmap https://researchmap.jp/read0068993/(別ウィンドウで開きます)
メールアドレス sinbrhhs(@を挿入)hm.tokoha-u.ac.jp

メッセージ

(公社)全日本鍼灸学会 学術研究部 安全性委員会の委員として、鍼灸の安全性ガイドラインの作成ならびに有害事象調査を行っています。また、日本東洋医学サミット会議(JLOM)の主査としてISO/TC249(伝統中医学)の国際対応に当たっています
基礎分野では、鍼灸の骨格筋循環改善に関する研究も行っています。

主な研究業績および社会貢献活動など

  • Furuse N, Shinbara H, Uehara A, Sugawara M, Yamazaki T, Hosaka M, Yamashita H. A Multicenter Prospective Survey of Adverse Events Associated with Acupuncture and Moxibustion in Japan. Med Acupunct. 2017;29(3):155-62.
  • Shinbara H, Nagaoka S, Izutani Y, Okubo M, Kimura K, Mizunuma K, Sumiya E. Contribution of adenosine to the increase in skeletal muscle blood flow caused by manual acupuncture in rats. Acupunct Med. 2017;35(4):284-8.
  • 恒松美香子,新原寿志, 菅原正秋, 古瀬暢達,上原明仁, 菊池勇哉, 田口太郎, 山崎寿也, 鍼灸師養成学校におけるB型肝炎対策に関する調査.全日鍼灸会誌.2018:68(3);104-114(in press).
  • 新原寿志, 上原明仁, 菅原正秋, 古瀬暢達, 山崎寿也, 村瀬智一. 鍼灸の安全性教育のためのeラーニング教材の開発とシステム構築. 常葉大健プロデュース誌. 2018:12(1):175-9.
  • 古瀬暢達, 上原明仁, 菅原正秋, 山崎寿也, 新原寿志, 山下仁, 全日本鍼灸学会学術研究部安全性委員会. 鍼灸安全性関連文献レビュー2012〜2015年. 全日鍼灸会誌.2017:67(1):29-47.
  • 長岡里美, 新原寿志, 木村啓作, 河北剛, 日野こころ, 角谷英治. 鍼通電刺激がラット下腿筋群の筋血流量に及ぼす影響 ―低頻度および高頻度鍼通電刺激の相違とATPおよびADPの関与―. 明国医大誌. 2016;16:1-12.
  • 河北剛, 新原寿志, 上林紗也果, 長岡里美, 村瀬智一, 梅田雅宏, 角谷 英治. 3次元核磁気共鳴画像法を用いたヒト背部体表-胸膜間距離の計測 ―body-mass index (BMI) による検討―. 明国医大誌. 2016;16:13-25.

ページの先頭へ戻る