グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



夏池 篤


ホーム >  教員情報 >  造形学部 >  造形学科 >  夏池 篤

氏名 夏池 篤(NATSUIKE Atsushi)
所属 常葉大学 造形学部 造形学科
職名 教授
学位 芸術学修士
専門分野 立体造形、彫刻、メディア表現、現代美術
主な担当科目 卒業制作、空間メディア表現、立体メディア表現、立体造形表現 等
researchmap https://researchmap.jp/read0088511(別ウィンドウで開きます)

メッセージ

1986年チェルノブイリ原子力発電所が爆発した時から、それまで木を素材に作品を制作してきたが、木の中に金属を鋳込み始めた。以後地球環境を意識した作品を作り続けている。作品はそれだけが独立した存在ではなく、社会のさまざまな影響の中で成り立っている。自然の木や石、電子部品、破棄された工業製品などの素材として使用されるすべてのものは、社会という文脈の中から引用され作品として再構成される。

主な研究業績および社会貢献活動など

(芸術活動)
  • unmanned展 無人駅の芸術祭/大井川「森のコースター2」出品  川根温泉笹間渡駅 2018年3月  
  • かけがわ茶エンナーレ地域ディレクター+作品「生命の樹」出品 掛川市日坂2017年
  • 個展「国境」 出品 アートカゲヤマ画廊 2017年10月
 
(論文)
  • 「続・木の造形-学生たちによる木を素材とした造形表現」 (共著)常葉大学造形学部紀要第16号2017年12月
  • 「表現におけるコンセプトに重点を置いた造形教育」(共著)常葉大学造形学部紀要第16号 2017年12月
  • 「彫塑教育における指導の要点と内容の工夫」  (共著)常葉大学造形学部紀要第15号 2017年3月
  • 「アルミ鋳造による造形表現、その応用と展開 」(単著)常葉大学造形学部紀要第14号 2016年

(その他)
  • 第57~65回浜松市民芸術祭彫刻部門審査員2010年1月~2018年1月
  • H29地域課題解決事業 しまだ中心市街地活性化に向けた、「おび通り」の活用研究2017年
  • 地域文化活動奨励賞 静岡アートドキュメント実行委員会(代表 夏池篤)2014年

ページの先頭へ戻る