グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



常葉美術館でワークショップを行いました/造形学部


ホーム >  News&Topics >  常葉美術館でワークショップを行いました/造形学部

常葉美術館で開催中の「常葉美術館収蔵名品展 −タカラモノを探す旅ー」において、造形学部4年生の5人が11月10日(土曜日)、11(日曜日)、来館者向けのワークショップ「渡辺崋山の掛け軸風しおりを作ろう」を行いました。
この活動は「博物館実習」の授業の一環として行われたもので、今回の展示作品の中から、代表的な渡辺崋山の絵を小さなしおりにして差し上げるというものです。来館者は自由に絵柄と背景の色紙や紐を選んで組み合わせ、自分の好みのしおりを作ることができ、ご参加いただいた2日間で69名のお客さんに、大変喜んでいただきました。学生たちにとっても、博物館における教育普及活動を実習する貴重な機会となりました。


ページの先頭へ戻る