グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



美術館の展覧会を企画、実施しました/造形学部


ホーム >  News&Topics >  美術館の展覧会を企画、実施しました/造形学部

常葉美術館で開催されている「常葉美術館収蔵名品展 ータカラモノを探す旅ー」で、本学造形学部4年生5名が、ポスターデザイン、展示コンセプトの立案、展示作業などを行いました。これは「博物館実習」の授業として行ったものです。学生ならではの視点で美術館所蔵の名品を解釈し、見る人がそれぞれ心の中のお宝を思い出す。そのようなコンセプトのもとに、ピンクや青色の壁に、ピカソの版画や江戸時代の掛軸、そして高・大学生の思い出の品などが一緒に飾られています。他では見られないユニークな展示をせひご覧ください。
11月10日(土曜日)、11日(日曜日)には、学生によるワークショップ「渡辺崋山の掛け軸風しおりを作ろう」も開催されます。


ページの先頭へ戻る