グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



臨床教育センター


ホーム >  附属機関 >  臨床教育センター


臨床教育センターの紹介

 2013年健康科学部静岡理学療法学科開設に伴い、臨床教育指導及び臨床教育評価、地域貢献の目的で本学科に臨床教育センターを設置しました。臨床教育センターは臨床実習部門、リカレント教育部門、地域医療部門があります。臨床実習部門では学内の教員及び学外の臨床実習施設指導者との情報交換・臨床研究活動を担います。リカレント教育部門では、関連団体と協働し本学科卒業生および学外臨床施設理学療法士との卒後研修活動を実施しています。地域医療部門では、地域医療現場で活躍できる人材の育成、地域での保健医療福祉への貢献を目的とし活動しています。
 当センターの方針として学内では、「人財育成」を掲げ、課題解決型高度医療に対応できる高い知識と確かな技術を兼備した学生養成を実施しています。学外では、本学の教育理念である「地域貢献」を保健医療福祉分野で行政及び他団体と協働し活動しています。
センター長
磯崎 弘司

地域医療部門

 大学および教員の役割として県や近隣の市町村を対象とした地域に対する貢献事業を積極的に行うことがあります。地域医療部門では、①県民(市町村)を対象とした公開講座や依頼公演、②医療専門職や企業との共同研究・研修等の依頼受付や調整を実施しております。皆様に広く当センターを利用して頂く事により、県民の健康寿命の延命や医療技術・手法を進展する手立てを共に考えていきたいと願っております。
地域医療部門長
青田 安史

取材の申し込み・講演・産学共同研究等のご依頼について

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ
054-248-1112
3日以内に折り返し連絡がない場合は再度お問い合わせください。

ページの先頭へ戻る