グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



令和元年度 ブラジルパラリンピック柔道選手交流会を開催


ホーム >  地域連携 >  オリパラ教育浜松市内大学連携協議会 >  令和元年度 ブラジルパラリンピック柔道選手交流会を開催

7月24日(水曜日)、浜松市内で合宿中のブラジルパラリンピック柔道選手団との交流会を開催しました。当日は浜松市内の小・中学生等、保護者を含め114名の参加がありました。
THE HAMANAKOホテルにて行われた、第1部、(株)明治主催のブラジル教室では、パラリンピック柔道選手とともに、ブラジルの国や文化、ブラジルと日本との関係についてスライドを通じて学びました。
第2部は、会場を雄踏総合体育館に移し、バラリンピック柔道の練習風景を見学しました。練習の合間に、パラリンピック柔道選手と児童・生徒との質問タイムを設け、子どもたちの素朴な質問に選手たちは楽しそうに答えていました。
子どもたちは障がいの有無に関わらず、アスリートとしての心構え、姿勢を学ぶことができました。

ブラジルパラアスリートとの交流会

ページの先頭へ戻る