グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



令和元年度「スポーツ庁 オリンピック・パラリンピック・ムーブメント全国展 開事業」地域報告会・ワークショップ開催


ホーム >  地域連携 >  オリパラ教育浜松市内大学連携協議会 >  令和元年度「スポーツ庁 オリンピック・パラリンピック・ムーブメント全国展 開事業」地域報告会・ワークショップ開催

2月10日(月曜日)、常葉大学浜松キャンパスにおきまして、オリパラ教育浜松市内大学連携協議会(事務局:常葉大学)が主催する「オリンピック・パラリンピック・ムーブメント全国展開事業 地域報告会・ワークショップ」が開催されました。
この日は、令和元年度および令和2年度教育推進校26校、協力企業・団体6社ほか、早稲田大学オリンピック・パラリンピック教育研究センターのスタッフを含む計61名が参加しました。
第1部は、教育推進校の担当者による実践事例発表で、3校の教育推進校より今年度取り組んだ実践について、その過程を振り返りながら大変だった点や成果等について紹介がありました。
第2部のワークショプでは、今年度の推進校、次年度新規推進校、協力企業団体、協議会メンバーが3グループに分かれ、実践と課題についてグループ協議を行いました。講師の手配の方法や講師との打ち合わせ内容、さらにはキャリア教育や福祉教育と関連づけた事前・事後学習の実施方法など、多岐にわたるテーマでディスカッションが行われました。

地域報告会およびワークショップ報告書

ページの先頭へ戻る