グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



新型コロナウイルス感染拡大防止特別措置(体調不良等による欠席届)


ホーム >  キャンパスライフ >  学生生活サポート情報 >  新型コロナウイルス感染拡大防止特別措置(体調不良等による欠席届)

新型コロナウイルス感染拡大防止特別措置(体調不良等による欠席届)

新型コロナウイルスにかかわる体調不良等、あるいは健康上の不安から対面授業を欠席するときは、必ず授業担当者へ連絡(メールや電話等)してください。その際、出席として扱うための課題等についての確認もお願いします。当日の連絡が無理な場合には、後日でも構いません。

体調回復後、1週間以内に授業担当者へ「体調不良等による欠席届」を必ず提出してください。なお、登校再開にあたっては十分な時間を取って慎重に経過観察をし、絶対に無理に登校をしないようにお願いします。

新型コロナウイルスにかかわる体調不良等あるいは健康上の不安から対面授業を欠席した場合、授業担当者から指定される課題の提出等により出席として扱います。このように、課題提出等で学修を補い、他の履修生との不公平が生じない対応をします。授業への出席が目的でなく、授業で学ぶことが大切なことを再確認しましょう。

※「新型コロナウイルスワクチン接種を受けた日」の欠席及び「新型コロナウイルスワクチン接種後に起こる副反応としての発熱、頭痛、倦怠感等」による欠席も「体調不良等による欠席届」の提出により代替措置をとったうえで出席として扱います。

※新型コロナウイルス感染拡大防止専用の欠席届です。その他の欠席には使用できません。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る