グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



デジタル表現デザインコース


ホーム >  造形学部 >  コース紹介 >  デジタル表現デザインコース


コースのポイント

デジタルを駆使した
クリエイティブ力を養う
コンピュータなどのデジタル機器による情報処理技術を学び、それをオリジナリティのあるクリエイティブに生かすための表現技法を磨いていきます。
キャリアにつながる
専門技術を磨く
イラストレーション、DTP、WEB、マンガなどについてのデジタル表現の専門技能を磨き、広告制作、編集、出版などの分野で活躍できる実践的な能力を身につけます。
コンペティションへの
参加をサポート
展覧会やコンペティションへの、学生の出品を積極的にサポート。作品の社会的評価を、クリエイターとしての実績と自信につなげていきます。

イラストレーションやグラフィックデザインに
つながる専門技能の習得


デジタル表現の専門技能を磨き、広告制作、編集、出版などの分野で活躍できる実践的な能力を身につけることができます。

地域貢献や国際貢献に積極的な取り組み

日本のイラストレーションは、東南アジアをはじめ海外では人気を集めています。本学での国際交流ワークショップなど積極的に参加できます。

カリキュラム(履修モデル例)

デジタル表現デザインコース カリキュラム(履修モデル例)のダウンロード

TOPICS

静岡銀行デジタルキャラクター
「ウォレットくん」が最優秀賞を受賞

静岡銀行デジタルキャラクターの公募でデジタル表現デザインコースの2年生が応募した「ウォレットくん」が最優秀賞を受賞しました。
今後、「ウォレットくん」というキャラクターは静岡銀行のデジタル・キャラクターとして、ホームページやスマートフォン用アプリ「しずぎんSTATION」などで使用されます。

赤十字創立者の
生涯を描いた紙芝居を制作

日本赤十字社の依頼でデジタル表現デザインコースの3 年生が紙芝居を制作しました。これは、子どもたちに赤十字の活動を知ってもらうための、戦争救護の礎を築き、第1 回ノーベル平和賞を受賞した創立者アンリー・デュナンの生涯を描いたものです。完成した作品は小学校・中学校・高等学校に配布されました。

学生制作 作品

ページの先頭へ戻る