トコプロ

024

静岡刑務所と連携
徳川家康にまつわる物語の絵本を制作

造形学部の学生と静岡刑務所が共同で徳川家康をテーマとした絵本を制作しました。この取り組みは、徳川家康公顕彰400年記念事業の一環として行われたものです。学生たちが家康の食や合戦などの物語を取り上げ、親しみやすい絵柄で作画。子どもにも読みやすいようにひらがなを使ったり、多くの人に読んでもらえるように工夫をしました。完成した絵本のデータは、静岡刑務所の受刑者による印刷作業により製品化され、造形教育における地域貢献事業となっています。