グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 社会環境学部  > 社会環境学科  > 山田 建太

山田 建太

職名助教
所属常葉大学 社会環境学部 社会環境学科
学位博士(環境科学)
研究分野  環境科学、環境分析化学

学歴

静岡県立大学大学院 生活健康科学研究科 環境物質科学専攻 博士後期課程 修了 
博士(環境科学)取得

経歴

財団法人静岡県生活科学検査センター

著書・論文

  • Kenta Yamada,Masanori Terasaki,Masakazu Makino.:Estrogenic activity of Alkyl (thio) phenols and 4,4'-thiodiphenol formed from degradation of commercial insecticides. Journal of Health Science,57(2) 134-141 (2011).
  • Kenta Yamada,Masanori Terasaki,Masakazu Makino.:A novel estrogenic compound from fenthion under UV-A irradiation. Journal of Hazardous Materials, 176 685-691 (2010).

担当科目・ゼミ

  • 環境学
  • 物質科学の世界Ⅱ
  • 環境の化学
  • 環境化学実験
  • 基礎化学実験
  • ゼミナールⅠ~Ⅳ
  • 卒業研究
  • 公害防止管理者等国家試験対策講座
  • 公務員受験予定者のための補習講座

学外活動・学外職

【客員共同研究員】
静岡県立大学大学院 物性化学研究室 2011年から現在

【学外活動】
富士宮市サイエンスワールド出展 2013年12月
富士市サイエンスプロジェクトin Fuji出展2013年11月

社会的活動

学会活動
  • 日本環境化学会、日本水環境学会

メッセージ

学生生活の中で、何かひとつ得意なもの興味の持てるものを見つけてください。そのお手伝いができれば幸いです。