グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 社会環境学部  > 社会環境学科  > 河本 尋子

河本 尋子

職名准教授
所属常葉大学 社会環境学部 社会環境学科
学位博士(情報学)
研究分野  社会心理学、防災社会心理学(災害心理学)

学歴

東京女子大学文理学部 心理学科 卒業
京都大学大学院情報学研究科 社会情報学専攻(社会情報心理学分野) 修士・博士課程 修了
博士(情報学)取得、日本心理学会認定心理士

経歴

パッケージソフトウェア開発会社等を経て、2011年4月より現職
富士常葉大学社会環境学部/富士常葉大学大学院環境防災研究科講師(2011年4月~2014年3月)
常葉大学社会環境学部/常葉大学大学院環境防災研究科准教授(2014年4月~現在に至る)

最近の業績

論文欄を参照

担当科目・ゼミ

  • 学部:環境社会心理学、社会心理学、防災社会心理学
  • 大学院:環境防災心理学持論

論文

  • KOUMOTO, H & SATO, S. (2015) "Social media activities during restoration after the Great East Japan Earthquake", Disaster Management and Human Health Risk IV, pp.247-256.
  • KOUMOTO, H. & SHIGEKAWA, K.(2013) “Revising a Regional Disaster Management Plan Using Ethnographic Data”, Disaster Management and Human Health Risk III, pp.111-120.
  • 河本尋子・重川希志依・田中聡・佐藤翔輔(2015).生活再建支援施策に関連するプロセスの可視化,地域安全学会東日本大震災特別論文集No.4,pp.55-58.
  • 河本尋子・重川希志依・田中聡・立木茂雄(2015).借り上げ仮設住宅居住経験者の特徴に関する一考察,地域安全学会梗概集No.36,pp.27 -28.
  • 河本尋子・重川希志依・田中聡(2013)ヒアリング調査による災害応援・受援業務に関する考察-東日本大震災の事例-, 地域安全学会論文集, No. 20, pp. 29-37(電子ジャーナル).
  • KOUMOTO, H. & SHIGEKAWA, K.: Revising a Regional Disaster Management Plan Using Ethnographic Data, Disaster Management 2013, Wessex Institute of Technology, A Coruna, Spain, 2013.
  • KOUMOTO, H. et al.: Assistance from Unaffected Municipalities in a Disaster –A Case Study: The Great East Japan Earthquake, Proceedings of the 15th World Conference on Earthquake Engineering, Lisbon, Portugal, 2012.

学外講座

富士市民大学、出前講座

社会的活動

学会活動
  • 日本自然災害学会
  • 地域安全学会
  • International Sociological Associationなど