グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 社会環境学部  > 社会環境学科  > 喜久川 功

喜久川 功

職名准教授
所属常葉大学 社会環境学部 社会環境学科
学位修士(教育学)
研究分野  教育工学,教育システム情報学,情報教育

学歴

1999年3月 東京学芸大学 教育学部 小学校教員養成課程 理科選修 卒業
2002年3月 東京学芸大学大学院 教育学研究科 修士課程 総合教育開発専攻 情報教育コース 修了 修士(教育学)

教育歴(職歴)

  • 東京学芸大学 情報処理センター 技術補佐員(1999年4月~2002年3月)
    主に,キャンパスネットワーク・サーバ・PCシステムの構築・管理・運用に従事.
  • 文部科学省 科学技術政策研究所 事務補助員(2002年4月~2003年5月)
    オンライン・データベースシステム「科学技術専門家ネットワーク」の管理・運用に従事.
  • 東京学芸大学 教育学部 非常勤講師(2002年10月~2004年9月)
    担当科目:情報処理,教育と情報メディア
  • 東京工芸大学 情報処理教育研究センター 技術員(2003年11月~2006年3月)
    主に,キャンパスネットワーク・サーバの構築・管理・運用に従事.
  • 武蔵野美術大学 造形学部 非常勤講師(2004年9月~2006年3月)
    担当科目:情報科教育法Ⅰ,情報科教育法Ⅱ
  • 常葉大学 社会環境学部 講師(2006年4月:富士常葉大学 環境防災学部 講師~2014年3月)
  • 常葉大学 社会環境学部 准教授(2014年4月~現在に至る)

担当科目・ゼミ

  • 人間力セミナー
  • 情報機器の操作Ⅰ
  • 情報機器の操作Ⅱ
  • プログラミングⅠ
  • データベース
  • Web開発技法Ⅰ
  • Web開発技法Ⅱ

資格・免許

  • 小学校教諭専修免許状
  • 情報処理技術者試験:テクニカルエンジニア(ネットワーク)

主な研究業績

  • 有富智世,喜久川功,安藤博文,内田智秀,服部悦子,山田敏之:“フランス語教育とデジタル教科書”,第31回 関西フランス語教育研究会(於上田安子服飾専門学校),2017.
  • 有富智世,喜久川功:“多様な学習方法を可能にする「初修フランス語・デジタル教科書」の開発”,e-Learning教育学会第15回研究大会(於沖縄大学),2017.
  • 有富智世,喜久川功:“初修外国語(フランス語)における授業実践を想定したデジタル教科書の設計”,日本教育工学会研究報告集,JSET 17-1,pp.275-280,2017.
  • 有富智世,喜久川功:“初修外国語教育におけるeポートフォリオ活用モデルの提案”,日本教育工学会第32回全国大会講演論文集,pp.643-644,2016.
  • 喜久川功,有富智世,中村勝一,宮寺庸造:“ラーニングデザイン実践環境を活用した授業内外連動型学習の試み”,教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集,pp.335-336,2016.
  • Isao Kikukawa, Chise Aritomi, Youzou Miyadera:Development of a LMS with Dynamic Support Functions for Active Learning, Computer and Information Science, Studies in Computational Intelligence (SCI), Vol.656, pp.103-117, 2016.
  • 有富智世,喜久川功,服部悦子,山田敏之:フランス語教育の可能性-教科書『なびふらんせ1』とデジタル教材「Web<なびふらんせ1>」-,関西フランス語教育研究会,RENCONTRES 30,pp.10-14,2016.
  • 有富智世,喜久川功,服部悦子,山田敏之:“フランス語教育の可能性 -教科書『なびふらんせ1』とデジタル教材「Web〈なびふらんせ-1〉」-”,第30回 関西フランス語教育研究会(於上田安子服飾専門学校),2016.
  • 喜久川功,有富智世,宮寺庸造:“学習活動の活性化をダイナミックに支援するLMSの開発”,教育システム情報学会研究報告,Vol.30,No.3,pp.19-26,2015.
  • 喜久川功,有富智世,宮寺庸造:“学習活動をダイナミックに制御できるLMSの提案”,教育システム情報学会研究報告,Vol.29,No.5,pp.159-166,2015.
  • 有富智世,喜久川功:“語学教育のための学習環境デザイン -e ポートフォリオ連動型フランス語学習デジタル教材-”,教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集,pp.277-278,2014.
  • 喜久川功,有富智世,宮寺庸造:“学習活動をダイナミックに制御するための IMS-LD 活用法の提案”,教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集,pp.335-336,2014.
  • 有富智世,喜久川功:“教科書連動型デジタル教材に搭載の e ポートフォリオを取り入れた評価の試み”,関西フランス語教育研究会 RENCONTRES 28,pp.5-9,2014.
  • 喜久川功,有富智世,宮寺庸造:“IMS-LD・レベルB活用支援のためのアーキテクチャに関する考察”,教育システム情報学会 2014年度第1回研究会(於放送大学),2014.
  • 有富智世,喜久川功:“教科書連動型デジタル教材に搭載の e ポートフォリオを取り入れた評価の試み”,第28回 関西フランス語教育研究会(於アンスティチュ・フランセ関西-大阪),2014.
  • 喜久川功,有富智世:“IMS-LD記述ルールに対応したLDエディタの開発”,教育システム情報学会研究報告,Vol.28,No.3,pp.35-38,2013.
  • 有富智世,喜久川功:“フランス語学習支援の可能性 -教材「Web〈なびふらんせ〉2013」の活用とeポートフォリオのあり方-”,教育システム情報学会研究報告,Vol.28,No.3,pp.39-44,2013.
  • 喜久川功,有富智世:“IMS-LD記述ルールの提案とLDプレイヤーの試作”,教育システム情報学会研究報告,Vol.28,No.1,pp.45-50,2013.
  • 有富智世,喜久川功:“教科書連動型Web教材を活用した初修外国語(フランス語)の授業実践”,日本教育工学会研究報告集,JSET 13-1,pp.99-102,2013.
  • 喜久川功,有富智世:“初修外国語における自律的学習を促進する学習環境の構築 -教科書・教科書連動型Web教材・eポートフォリオ-”,日本教育工学会第28回全国大会講演論文集,pp.787-788,2012.
  • 喜久川功,森本康彦:“Mahara におけるテンプレート配信機能の開発と評価”,Mahara Open Forum 2012 講演論文集,pp.8-11,2012.
  • 喜久川功,森本康彦:“e ポートフォリオシステムMahara におけるテンプレート配信機能の実装と活用”,教育システム情報学会第37回全国大会講演論文集,pp.76-77,2012.
  • 喜久川功,有富智世:“IMS Learning Designを活用した学習支援システムの提案”,教育システム情報学会研究報告,Vol.27,No.1,pp.7-10,2012.
  • 喜久川功,森本康彦:“OSPを用いたeポートフォリオシステムの構築と実践”, 富士常葉大学研究紀要,第12号,pp.145-156,2012.
  • 森本康彦,喜久川功,宮寺庸造:“eポートフォリオ活用のための蓄積文法と支援システムの開発”,日本教育工学会論文誌,Vol.35,No.3,pp.227-236,2011.
  • 喜久川功, 森本康彦:“Sakai/OSPとMaharaの連携によるeポートフォリオ・マネジメント環境の提案”,日本教育工学会第27回全国大会講演論文集,pp.467-468,2011.
  • 森本康彦,喜久川功,宮寺庸造:“LMSにおけるショーケースポートフォリオ機能の開発”,教育システム情報学会第36回全国大会講演論文集,pp.136-137,2011.

著書

  • 有富智世,喜久川功,黒田恵梨子,田母神須美子,服部悦子:“なびふらんせ1 -パリをめぐる- フランス語学習サポート教材Web〈なびふらんせ〉 ポートフォリオ付き”,朝日出版社(2016)
  • 有富智世,喜久川功,黒田恵梨子,田母神須美子,服部悦子:“なびふらんせ -フランス語学習サポート教材Web〈なびふらんせ〉・ポートフォリオ付き-”,長崎出版株式会社(2013)

学外活動・学外職

  • 平成26年度~ 富士市スポーツ推進審議会委員
  • 平成19年度 富士市民大学 前期ミニカレッジ:「パソコン・IT入門講座」
  • 平成13年度 東京都 小金井市 IT講習会 講師(3クラスを担当)

受賞・表彰

  • 教育システム情報学会 第36回全国大会 優秀賞 受賞
  • E-Learn2007(The 12th World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, & Higher Education)Outstanding Paper Award 受賞
  • 教育システム情報学会 第32回全国大会 研究奨励賞 受賞

所属学会

  • 日本教育工学会
  • 教育システム情報学会
  • 日本情報科教育学会

その他

  • 平成28年度~30年度 科学研究助成基金助成金(基盤研究C) 「アクティブラーニング型授業における継続的な省察的実践環境の構築」 研究代表者
  • 平成26年度~28年度 科学研究助成基金助成金(基盤研究C) 「初修フランス語教育のためのeポートフォリオ連動型学習支援デジタル教材の開発」 研究分担者(研究代表者:有富智世)
  • 平成26年度~28年度 科学研究費補助金(基盤研究B) 「プログラミング学習プロセスに着目した学習履歴分析手法の開発と状況把握支援への適用」 研究分担者(研究代表者:宮寺庸造)

メッセージ

大学生活は長いように感じますが、本当にあっという間です。時間を有効活用し、皆で協力しながら楽しく学びましょう。