グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 社会環境学部  > 社会環境学科  > 石田 明生

石田 明生

職名教授
所属常葉大学 社会環境学部 社会環境学科
学位博士(理学)
研究分野地球物理学、海洋物理学

学歴

1987年 北海道大学理学部地球物理学科 卒業
1989年 京都大学大学院理学研究科地球物理学専攻 修士課程 修了
1992年 京都大学大学院理学研究科地球物理学専攻 博士後期課程 研究指導認定退学
1994年 博士(理学)

経歴

関西総合環境センター主任、海洋科学技術センター研究員、地球フロンティア研究システムサブリーダー、海洋研究開発機構主任研究員等を経て、2011年4月より現職。

担当科目・ゼミ

  • 物理学
  • 物理学実験
  • 自然エネルギーの活用
  • 地球のシステムI
  • 人間力セミナー
  • ゼミナール

論文(主なもの)

  • Kawaguchi, S., A. Ishida, R. King, B. Raymond, N. Waller, A. Constable, S. Nicol, M. Wakita and A. Ishimatsu: Risk maps for Antarctic krill under projected Southern Ocean acidification, Nature Climate Change, 3, 843-847, 2013.
  • Watanabe, E., M. J. Kishi, A. Ishida and M. N. Aita: Western Arctic primary productivity regulated by shelf-break warm eddies. Journal of Oceanography, 68, 703-718, 2012.
  • Yamamoto, A., M. Kawamiya, A. Ishida and S. Watanabe: Impact of rapid sea ice reduction in the Arctic Ocean on the rate of ocean acidification. Biogeosciences, 9, 2365-2375, 2012.
  • Sasai, Y., K. J. Richards, A. Ishida, and H. Sasaki: Spatial and temporal variability of the chlorophyll distribution in the Northeastern Tropical Pacific: The impact of physical processes on seasonal and interannual time scales, Journal of Marine Sysmtems, 96-97, 24-31, 2012.
  • Kashino, Y., A. Ishida, and S. Hosoda: Observed ocean variability in the Mindanao Dome region. Journal of Physical Oceanography, 41, 287-301, 2011.
  • Ishida, A., Y. Kashino, S. Hosoda and K. Ando: North-south asymmetry of warm water volume transport related with El Niño variability. Geophysical Research Letters, 35, L18612, doi:10.1029/2008GL034858. 2008.
  • Ishida, A., Y. Sasai and Y. Yamanaka: Role of eddies in chlorofluorocarbon transport in wind-driven oceanic layers. Journal of Physical Oceanography, 37, 2491-2508. 2007.
  • Orr, J. C. et al.: Anthropogenic ocean acidification over the twenty-first century and its impact on calcifying organisms. Nature, 437, 681-686, 2005.

著書

  • 「図説 地球環境の事典」、6-13. 環境変動と海洋生態系 (2)海洋の酸性化と生態系, 朝倉書店, 2013年.
  • The IPCC Third Assessment Report (TAR). Climate Change 2001: The Scientific Basis. Edited by J. Houghton et al., Cambridge University Press, pp. 881, 2001. (Chapter 3: The carbon cycle and atmospheric Carbon Dioxide. Contributing Author)

学外活動・学外職

一般向け講演
  • 「二酸化炭素濃度上昇による海洋の酸性化」
  • 「地球環境に果たす海の役割」など

所属学会

  • 日本海洋学会
  • 米国地球物理学連合
  • 米国気象学会