グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 教育学部  > 心理教育学科  > 佐瀬 竜一

佐瀬 竜一

職名准教授
所属常葉大学 教育学部 心理教育学科
学位博士(心理学)
研究分野臨床心理学、健康心理学、教育心理学

学歴

  • 1997年4月 - 2001年3月
    常葉学園大学 教育学部 初等教育課程 心理専攻
  • 2001年4月 - 2003年3月
    駒澤大学 人文科学研究科 心理学専攻 修士課程(臨床心理学コース)
  • 2003年4月 - 2007年3月
    駒澤大学 人文科学研究科 心理学専攻 博士後期課程

教育歴

2005年4月 - 2006年3月 東群馬看護専門学校 非常勤講師
2006年4月 - 2011年3月 大阪国際大学 人間科学部  専任講師
2011年4月 - 2013年3月 大阪国際大学 人間科学部  准教授
2011年4月 - 2013年3月 相愛大学 音楽学部 非常勤講師
2013年4月 - 2015年3月 常葉大学 教育学部 専任講師
2015年4月 - 現在    常葉大学 教育学部 准教授
2015年4月 - 現在    専門学校中央医療健康大学校 非常勤講師

担当経験のある科目

  • 生涯心理学 (常葉大学)
  • 統計学 (専門学校中央医療健康大学校)
  • 心理教育データ解析入門 (常葉大学)
  • 臨床心理学 (常葉大学)
  • 教育相談(初等) (常葉大学)
  • 心理検査法 (常葉大学)
  • 心理学 (常葉大学)
  • 教育臨床心理学演習Ⅰ (常葉大学)
  • 臨床心理学文献講読 (常葉大学)
  • 教育心理学実験Ⅰ・Ⅱ (常葉大学)
  • 臨床心理学実験Ⅰ・Ⅱ (常葉大学)
  • 心理学基礎実験Ⅰ・Ⅱ (常葉大学)
  • 心理学研究法Ⅰ・Ⅱ (常葉大学)
  • 臨床心理学演習Ⅰ (常葉大学)
  • 事例研究演習 (常葉大学)
  • 臨床心理学課題研究 (常葉大学)
  • 特別研究 (常葉大学)
  • 人間力セミナー (常葉大学)
  • カウンセリングの基礎,基礎演習 (大阪国際大学)
  • カウンセリング実務実習 (大阪国際大学)
  • ストレスマネジメント (大阪国際大学)
  • リラクセーション (大阪国際大学)
  • 健康リフレッシュ学 (大阪国際大学)
  • 音楽療法 (大阪国際大学)
  • ライフサイクルと心理Ⅰ,Ⅱ (大阪国際大学)
  • セミナーⅠ(初年次ゼミ) (大阪国際大学)
  • セミナーⅡ(二年次ゼミ) (大阪国際大学)
  • セミナーⅢ,Ⅳ(卒業研究) (大阪国際大学)
  • 心理学 (東群馬看護専門学校)
  • 臨床心理学 (相愛大学)
  • 発達心理学 (相愛大学)
  • 社会福祉論 (相愛大学)

資格・免許

  • 臨床心理士 
  • 指導健康心理士 
  • 自律訓練法専門指導士

論文

  1. 佐瀬竜一・黒田里佳(2017).
    「教師がアクティブ・ラーニングついて学ぶことが教育観や教育活動にどのように影響するのか
    -特に協同学習に焦点を当てて-」
    協働学習研究,4,4-13.
  2. 佐瀬竜一(2016).
    「自律訓練法とバイオフィードバック」(招待有り)
    バイオフィードバック研究,43,59-63.
  3. 佐瀬竜一・平有見(2016).
    「小学校における協同学習に関するルーブリック作成の試み2
    -メタ・ルーブリックを用いた妥当性の検討―」 協働学習研究,3,4-13.
  4. 佐瀬竜一(2016).
    「ロールレタリングを用いた大学生を対象にしたキャリア教育の試み」
    常葉大学教育学部紀要,36,201-212.
  5. 佐瀬竜一・平有見(2015).
    「小学校における協働学習に関するルーブリック作成の試み」
    協働学習研究,2,4-14.
  6. 佐瀬竜一(2015).
    「ロールレタリングが大学生の心理状態に及ぼす影響
    -内省報告の分析を通して-」 常葉大学教育学部紀要,35,73-84.
  7. 竹端祐介・佐瀬竜一(2015).
    「大学生の不適応について-不適応状態の判断と過剰適応の視点から-」
    大阪国際大学 国際研究論叢,28,65-71.
  8. 佐瀬竜一(2014).
    「大学教育におけるロールレタリングの可能性」
    常葉大学教育学部紀要,34,1-17.
  9. 伊藤知子・玉井久実代・佐瀬竜一・後和美朝・橋本義郎・正木美知子・黒川清・下野辰久(2013).
    「入学前教育におけるドリル形式の導入に関する一考察」
    国際研究論叢,26,87-97.
  10. 北野健一・金田忠裕・井上千鶴子・中谷敬子・石丸裕士・伊藤知子・小牧一裕・佐瀬竜一・水津久美子・丹佳子・日高良和・福本晃造・本田知己・溝手朝子;・水鳥能伸・山下祐志(2012).
    「2011年度ティーチング・ポートフォリオ作成ワークショップ開催報告」
    大阪府立大学工業高等専門学校研究紀要,46,63-70.
  11. 佐瀬竜一(2010).
    「大学生への認知的技法としてのロールレタリング導入の試み
    ―予備的検討―」 駒澤大学心理臨床研究,9,16-23.
  12. 佐瀬竜一(2008).
    「大学教育における自律訓練法の可能性」 国際研究論叢,21,55-72.
  13. 佐瀬竜一(2008).
    「ATのエビデンスを求めてー動機づけの視点からー」(査読付き)
    自律訓練研究,28,14-23.
  14. 佐瀬竜一・佐々木雄二(2007).
    「標準練習の次に何を学ぶか:第1空間感覚練習」(査読付き)
    自律訓練研究,27,73-83.
  15. 佐瀬竜一(2006).
    「自律訓練法の習得過程における情動知能の変容」 国際研究論叢,20,47-59.
  16. Ryuichi Sase・Yuji Sasaki(2006).
    「A comparison of psychological and physiological response in First Space
  17. Exercise and Standard Exercise at the first trial of Autogenic Training」
    (査読付き)Japanese Health Psychology,13,1-10.
  18. 佐瀬竜一・松本清子・佐々木雄二(2006).
    「心理相談室における集団自律訓練法の試み(第2報)
    -集団自律訓練法参加者のフォローアップに関する研究-」
    駒澤大学心理臨床研究,5,7-31.
  19. 桃谷裕子・佐瀬竜一(2006).
    「習慣行動の継続におけるセルフ・エフィカシーの役割」 駒澤心理,13,1-16.
  20. 佐瀬竜一・佐々木雄二(2005).
    「自律訓練法導入時における第1空間感覚練習の活用」(査読付き)
    自律訓練研究,25,25-38.
  21. 佐瀬竜一・佐々木雄二(2005).
    「第1空間感覚練習が標準練習の効果に及ぼす影響」(査読付き)
    自律訓練研究,24,24-36.
  22. 佐瀬竜一(2005).
    「受動的注意集中と能動的注意集中の心理生理的反応の比較」(査読付き)
    催眠学研究,49,28-36.
  23. 佐瀬竜一・児玉健司・佐々木雄二(2005).
    「大学生のデイリーハッスルとタイプA行動パターンおよびアレキシサイミアの関連」
    駒澤大学心理学論集,7,43-51.
  24. 佐瀬竜一(2005).
    「日本における自律訓練法に関する研究の今後の課題」 駒澤心理,12,1‐11.
  25. 小林愛美・佐瀬竜一(2005).
    「冷え性に対する自律訓練法の効果の研究」 駒澤心理,12,87-99.
  26. 丸茂ひろみ・佐瀬竜一(2005).
    「自律訓練法の効果に及ぼすアロマセラピーの影響」 駒澤心理,12,101-113.
  27. 佐瀬竜一・松本清子・佐々木雄二(2004).
    「心理相談室における集団自律訓練法の試み」駒澤大学心理臨床研究,3,9-22.
  28. 佐瀬竜一(2004).
    「受動的注意集中と能動的注意集中の心理生理的反応の比較‐予備的検討‐」
    駒澤心理,11,1-12.
  29. 峯有市・佐瀬竜一・児島達美・佐々木雄二(2004).
    「受動的注意集中に関する研究~補助技法・手足供養法の視点から~第1報」
    長崎純心大学心理教育相談センター紀要,3,15-21.
  30. 清水亜希子・佐瀬竜一(2004).
    「自律訓練法の習得過程におけるセルフ・エフィカシーの変容‐予備的検討‐」
    駒澤心理,11,45-56.
  31. 竹端佑介・佐瀬竜一(2002).
    対人関係とPILの関連‐内的ワーキングモデルの観点から‐」
    駒澤心理,9,41-47.
  32. 橋本有紀・佐瀬竜一・竹端佑介・加藤博己(2002).
    「P-Fスタディ(成人用)における評点の問題点について」 駒澤心理,9,49-55.

著書

  1. (共著)2017年出版予定「健康心理学」
    中澤潤・坂本真士(監修)「心理学アップデート:古典と最先端を結びつける」
  2. (共著)2015年3月出版「健康・福祉」
    心理学検定局(編)「心理学検定 公式問題集[2015年度版]」
  3. (共著)2012年8月出版 「健康とパーソナリティ」
    森和代・石川利江(編)「よくわかる健康心理学」ミネルヴァ書房
  4. (共著)2012年7月出版 「自律訓練法」
    山蔦圭輔(編)「カウンセリングと援助の実際」 北樹出版
  5. (共著)2010年9月出版 「スクールソーシャルワーカー」「携帯電話」
    佐々木雄二(編)「図で理解する 生徒指導・教育相談」福村出版 
  6. (共著)2009年出版 「自律訓練法」
    伊藤利之ら(編)「リハビリテーション事典」中央法規 
  7. (共著)2005年出版 「自律訓練法」
    河野友信・吾郷晋浩・末松弘行(編)「臨床心身医学入門テキスト」
    三輪書店 
  8. (共著)2005年出版
    「心理学の歴史」「認知行動療法」「行動理論」「自律訓練法」
    原千恵子(編)「心理学A to Z 基礎から臨床まで」 学苑社

国際学会発表

  1. Ryuichi Sase  2016,July
    「The effect of Role Lettering in university-Analysis of Introspective Reports-」(査読付き)
    the International Congress of Psychology 2016 (ICP2016) Yokohama(Japan)
  2. Ryuichi Sase  2016,July
    「Possibility of applying Role Lettering to Career and Health Education in university」(査読付き)
    The 6th Asian Congress of Health Psychology Yokohama,(Japan)
  3. Ryuichi Sase 2015,September
    「Possibility of applying Role Lettering to Career Education in university」(査読付き)
    IAEVG International Conference 2015 Tsukuba(Japan)
  4. Ryuichi Sase  2008,August
    「A comparison of psychological response evoked by music in Problem-focused coping and Emotion-focused coping of Coping style」(査読付き)
    the 10th International Congress of Behavioral Medicine  Tokyo(Japan)
  5. Ryuichi Sase,Kiyoko Matsumoto・Yuji Sasaki  2006,August
    「Examination of Group Autogenic Training in Psychological Clinic-The Study about the follow-up after Group Autogenic Training-」(査読付き)
    2006 International Congress for Psychotherapy in Japan Tokyo(Japan)
  6. Ryuichi Sase,Kiyoko Matsumoto・Yuji Sasaki  2005,August
    「Examination of Group Autogenic Training in Psychological Clinic」(査読付き)
    4th World Congress for Psychotherapy Buenos Aires(Argentine) 
  7. Ryuichi Sase &Yuji Sasaki  2004,September
    「A comparison of psychological and physiological response in Passive Concentration and Active Concentration of Autogenic Training」(査読付き)
    Second Asian Psychotherapy Congress Teheran(Iran)
  8. Ryuichi Sase &Yuji Sasaki 2004,August
    「A comparison of psychological and physiological response in First Space Exercise and Standard Exercise of Autogenic Training」(査読付き)
    2nd Asian Congress of Health Psychology in Seoul Seoul(Korea)
  9. Ryuichi Sase,Akiko Shimizu &Yuji Sasaki 2004,July
    「A change of Self-Efficacy through the process of learning Autogenic Training」(査読付き)
    The World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004 Kobe(Japan)
  10. Ryuichi Sase &Yuji Sasaki 2003,November
    「The influence of Space Exercise on effect of Standard Exercise in Autogenic Training」(査読付き)
    1st International Conference of Asian Federation for Psychotherapy Sagur(India) 

学外活動・学外職

2006年8月 - 2009年6月
 日本自律訓練学会 幹事・評議員
2009年6月 - 2012年9月
 日本自律訓練学会 幹事・評議員・広報HP委員会副委員長・研究推進委員
2012年9月 - 2015年9月
 日本自律訓練学会 幹事・評議員・研究推進委員会副委員長・教育研修委員
2014年 - 2015年
 静岡県臨床心理士会 選挙管理委員
2016年 - 2017年
 静岡県臨床心理士会 選挙管理委員長
2009年 - 現在
 心理学検定 検定局員
2015年4月 – 現在
 静岡市教育委員会 スクールカウンセラー
2015年9月 - 現在
 日本自律訓練学会 幹事・評議員・研究推進委員会副委員長・教育研修委員会副委員長
2016年 - 現在
 役割交換書簡法・ロールレタリング学会 副理事長・編集委員長・会則等検討委員

受賞・表彰

平成24年 大阪国際大学 OIU・OIC Good Teachers賞

所属学会

  • 日本自律訓練学会
  • 日本心理学会
  • 日本健康心理学会
  • 日本心理臨床学会
  • 日本音楽療法学会
  • 日本交流分析学会
  • 役割交換書簡法・ロールレタリング学会
  • 静岡県臨床心理士会
  • 日本臨床心理士会
  • 大学教育学会
  • 日本協同教育学会
  • 初年次教育学会

競争的資金等の研究課題

2016~2019年 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)基盤研究C
思春期女子を対象としたメンタルヘルスリテラシー教育プログラムの開発
(研究代表者:石村佳代子)