グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 教育学部  > 生涯学習学科  > 黒岩 一雄

黒岩 一雄

職名講師
所属常葉大学 教育学部 生涯学習学科
学位修士(体育学)(筑波大学)、博士(学術)(筑波大学)
研究分野運動生理学

学歴

1994.3 静岡県立藤枝東高等学校 卒業
1994.4~1998.3静岡大学教育学部小学校教員養成課程保健体育専攻
1999.4~2001.3筑波大学大学院修士課程体育研究科健康教育学専攻
2001.4~2004.3筑波大学大学院博士課程体育科学研究科体育科学専攻

教育歴(職歴)

2003 文部科学省「21世紀COEプログラム」健康・スポーツ科学研究の推進プログラム筑波大学              リサーチ・アシスタント
2004.4~2008.3焼津市立焼津西小学校 講師
2006.12 2007.12静岡大学教育学部 非常勤講師(集中講義:運動生理学)
2008.4~2012.3焼津市立和田中学校 教諭
2012.4~2015.3静岡大学教育学部附属特別支援学校 高等部 教諭
2015.4~2016.3焼津市立東益津中学校 教諭
2016.4~   常葉大学教育学部生涯学習学科 講師
2016.10~   東海大学短期大学部 非常勤講師

担当科目

  • 生理学
  • 学校保健
  • スポーツ・健康科学
  • 体育科指導法
  • 体育講義
  • 体育Ⅱ
  • 体育実技A.B
  • 生涯学習特別研究
  • 教職実践演習(中等)
  • 人間力セミナー
  • 球技(サッカー)

資格・免許

  • 教員免許 小Ⅰ種 中Ⅰ種(保体) 高Ⅰ種(保体)
  • 教員免許 中専修(保体) 高専修(保体)
  • 地域スポーツ指導員C級(サッカー)

論文

  1. 八田有洋、西平賀昭、黒岩一雄、麓正樹、中島剛:断続的高強度運動前後の脳内情報処理過程. 疲労と休養の科学 16-1:99-104 2000
  2. 黒岩一雄、西平賀昭、中島剛、八田有洋、麓正樹:局所的筋疲労に伴う脳電位成分の変動.日本運動生理学雑誌 9-2:67-76 2002
  3. Nishihira Y,Iwasaki T,Arihiro H,Wasaka T, Kaneda T,Kuroiwa K,Akiyama S,Kida T:Effect of whole body vibration stimulus and voluntary contraction on motoneuron pool. Advances in Exercise and Sports Physiology 8(4): 83-86 2002
  4. 金田健史、西平賀昭、八田有洋、黒岩一雄、木田哲夫:成人と児童にみられる単純・選択反応課題遂行におけるERPsの違い.臨床神経生理学 31-1:44-54 2003
  5. 黒岩一雄・西平賀昭・八田有洋・和坂俊昭・金田健史・秋山幸代・木田哲夫・坂本将基・紙上敬太:局所的筋疲労に伴う体性感覚入力の変動.体力科学 52-4:433-442 2003
  6. 黒岩一雄、西平賀昭、八田有洋、木田哲夫、金勝烈、坂本将基、紙上敬太:運動強度の違いに伴う脳電位成分の変動-P300を用いて.疲労と休養の科学 18-1:75-76 2003
  7. 紙上敬太、西平賀昭、八田有洋、坂本将基、中田大貴、黒岩一雄:運動強度の違いに伴う脳電位成分の変動-CNVを用いて-.疲労と休養の科学 18-1:77-78 2003
  8. Hatta A, Nishihira Y, Kaneda T, Wasaka T, Kida T, Kuroiwa K, Akiyama S: Somatosensory event-related potentials (ERPs) associated with stopping ongoing movement. Perceptual and Motor Skills 97: 895-904 2003
  9. Kamijo K,Nishihira Y,Hatta A, Kaneda T, Wasaka T, Kida T, Kuroiwa K:Differential influences of exercise intensity on information processing in the central nervous system. European Journal of Applied Physiology 92: 305-311 2004
  10. Kida T,Nishihira Y,Hatta A, Wasaka T, Tazoe T, Sakajiri Y, Nakata H, Kaneda T, Kuroiwa K, Akiyama S, Sakamoto M, Kamijo K, Higashiura T:Resource allocation and somatosensory P300 amplitude: Effects of tracking speed and predictability of tracking direction. Clinical Neurophysiology 115: 2616-2628 2004
  11. Kamijo K,Nishihira Y,Hatta A, Kaneda T, Kida T, Higashiura T, Kuroiwa K:Changes in arousal level by differential exercise intensity. Clinical Neurophysiology 115: 2693-2698 2004
  12. 山本章、黒岩一雄、谷健二、赤田信一:運動直後の給餌が筋グリコーゲン量の回復に及ぼす影響 -運動直前の欠食ラットを用いて-.静岡大学教育学部研究報告(自然科学篇) 54:31-39 2004
  13. 東浦拓郎、西平賀昭、八田有洋、黒岩一雄、紙上敬太:運動時間の違いによるP300の変動.臨床神経生理学 34:82-88 2006
  14. Kamijo K, Nishihira Y, Higashiura T, Hatta A, Kaneda T, Kim S, Kuroiwa K, Kim B:Influence of exercise intensity on cognitive processing and arousal level in the central nervous system. Advances in Exercise and Sports Physiology 12-1 : 1-7 2006
  15. Higashiura T, Nishihira Y, Kamijo K, Hatta A, Kim SR, Hayashi K, Kaneda T, Kuroiwa K:The interactive effects of exercise intensity and duration on cognitive processing in the central nervous system. Advances in Exercise and Sports Physiology 12-1 : 15-21 2006.
  16. Nishihira Y, Sakajiri Y, Hatta A, Kamijo K, Kim SR, Higashiura T, Kaneda T, Kuroiwa K, Nishikawa Y:Long-term potentiation in the motor cortex evoked by paired associative stimulation. Advances in Exercise and Sports Physiology 12-2 : 59-63 2006.
  17. Kamijo K, Nishihira Y, Higashiura T, Kuroiwa K:The interactive effect of exercise intensity and task difficulty on human cognitive processing. International Journal of Psychophysiology 65 : 114-121 2007.
  18. Higashiura T, Nishihira Y, Kim SR, Hayashi K, Hayashi Y, Hatta A, Kuroiwa K: Changes in cognitive function, response preparation, and arousal level following moderate exercise. Advances in Exercise and Sports Physiology 15: 9-15, 2009.
  19. 金勝烈、西平賀昭、東浦拓郎、八田有洋、林悠佳、林久仁則、黒岩一雄、金福柱:長期運動トレーニング歴を有する車椅子陸上長距離選手の上肢末梢運動神経伝導速度. 日本運動生理学雑誌第16(1):17-24, 2009
  20. 黒岩一雄:新学習指導要領完全実施に向けた「球技」の授業実践. 焼津市教育委員会教材教具、教育論文、実践記録 2011(奨励賞)
  21. 黒岩一雄、高山尚子:自己調整力を高める作業学習の実践~補完手段の有用性の理解と活用に着目して~.静岡教弘教育研究実践論文集23: 196-200, 2013(優良賞)
  22. Fukumoto H, Nishihira Y, Sakamoto N, Okabe S, Usui S, Kuroiwa K, Jung Y S: Influence of performing dual-task on cortical inhibition. Advances in Exercise and Sports Physiology 21(3):53-58, 2015.
  23. 黒岩一雄:こどもの積極性を育む教師の見届けの重要性.教師の広場、静岡教育出版社187・春: 56-57, 2016
  24. 黒岩一雄、西平賀昭:局所的な高強度運動が運動抑制過程に及ぼす影響.日本運動生理学雑誌 23(1):1-9, 2016
  25. Fukumoto H, Nishihira Y, Kitada Y, Kuroiwa K, Ogawa-Akiyama S, Jung Y S: Event-related Potentials while Focusing on a Somatosensory Stimulation in Long-term Athletes. Advances in Exercise and Sports Physiology 22(2): 29-38, 2016. 

講演・口頭発表等

  1. 黒岩一雄、西平賀昭、八田有洋、中島剛、麓正樹:局所的な筋疲労に伴う脳電位成分の変動:第16回疲労研究会(富山)2000.9.19 第16回疲労研究会口演要旨集pp.16
  2. 八田有洋、西平賀昭、黒岩一雄、麓正樹、中島剛:一過性高強度運動前後の脳内情報処理過程:第16回疲労研究会(富山)2000.9.19 第16回疲労研究会口演要旨集pp.15
  3. 木田哲夫、西平賀昭、八田有洋、和坂俊昭、高林俊幸、黒岩一雄、中島剛、中田大貴:各種課題遂行時の事象関連電位N250-能動課題と受動課題を用いた検討-:第9回日本運動生理学会大会(神奈川)2001.7.31~8.1 Advances in Exercise and Sports Physiology 8(4):pp.144
  4. 金田健史、西平賀昭、八田有洋、秋山幸代、黒岩一雄:単純・選択反応課題時の児童の事象関連電位:第56回日本体力医学会大会(宮城)2001.9.19~21 体力科学 50-6:pp.737 
  5. 秋山幸代、西平賀昭、八田有洋、金田健史、黒岩一雄、中島剛、和坂俊昭、木田哲夫:matching taskの反復に伴う事象関連電位:第56回日本体力医学会大会(宮城)2001.9.19~21 体力科学 50-6:pp.741
  6. 黒岩一雄、西平賀昭、八田有洋、木田哲夫、金勝烈、坂本将基、紙上敬太:運動強度の違いに伴う脳電位成分の変動-P300を用いて-:第18回疲労研究会(高知)2002.9.27 第18回疲労研究会口演要旨集pp.15
  7. 黒岩一雄、西平賀昭、八田有洋、和坂俊昭、金田健史、秋山幸代、紙上敬太:筋疲労が体性感覚入力に及ぼす影響:第57回日本体力医学会大会(高知)2002.9.28~29 体力科学 51-6:pp.548
  8. 紙上敬太、西平賀昭、八田有洋、坂本将基、中田大貴、黒岩一雄:運動強度の違いに伴う脳電位成分の変動-CNVを用いて-:第18回疲労研究会(高知)2002.9.27 第18回疲労研究会口演要旨集pp.16
  9. 金田健史、西平賀昭、八田有洋、和坂俊昭、秋山幸代、黒岩一雄:自発的な手関節屈曲動作における児童の運動関連脳電位:第32回臨床神経生理学会(福島)2002.11.13~15 臨床神経生理学 31-2:pp.162
  10. 金田健史、西平賀昭、八田有洋、黒岩一雄、木田哲夫、紙上敬太、秋山幸代、東浦拓郎:異なる運動課題遂行の際にみられる児童期特有の刺激処理過程の働き:日本運動生理学会第11 回大会(名古屋)2003.8.2~3 第11回日本運動生理学会大会プログラム・抄録集 pp.81
  11. 黒岩一雄、西平賀昭、八田有洋、金田健史、和坂俊昭、木田哲夫、中田大貴、紙上敬太:局所的筋疲労に伴う体性感覚入力の変動:第19回疲労研究会(静岡)2003.9.18 第19回疲労研究会口演要旨集pp.13
  12. 黒岩一雄、西平賀昭、八田有洋、金田健史、和坂俊昭、木田哲夫、東浦拓郎、金勝烈、紙上敬太:局所的な筋疲労に伴う覚醒水準の変動:第58回日本体力医学会大会(静岡)2003.9.19~21 第58回日本体力医学会大会予稿集 pp.263
  13. 紙上敬太、西平賀昭、八田有洋、金田健史、和坂俊昭、木田哲夫、東浦拓郎、金勝烈、黒岩一雄:運動強度の違いが視覚誘発電位に及ぼす影響:第58回体力医学会(静岡)2003.9.19~21 第58回日本体力医学会大会予稿集 pp.297
  14. 東浦拓郎、西平賀昭、八田有洋、金田健史、黒岩一雄、紙上敬太、金勝烈:運動時間の違いが中枢神経系に及ぼす影響:第19回疲労研究会(静岡)2003.9.18 第19回疲労研究会口演要旨集pp.14
  15. 木田哲夫、西平賀昭、八田有洋、和坂俊昭、坂本将基、田添歳樹、坂尻雪絵、秋山幸代、金田健史、黒岩一雄、東浦拓郎:二重課題遂行時のオッドボール課題P300への追跡課題困難性の影響:第58回日本体力医学会大会(静岡)2003.9.19~21 第58回日本体力医学会大会予稿集 pp.263
  16. 金田健史、西平賀昭、八田有洋、黒岩一雄、木田哲夫、紙上敬太、和坂俊昭、秋山幸代:単純・選択反応課題遂行の際に児童にみられる非標的刺激へのN2成分の出現:第33回日本臨床神経生理学会大会(旭川)2003.10.1~3 臨床神経生理学 32-2:pp.
  17. 紙上敬太、西平賀昭、八田有洋、金田健史、東浦拓郎、金勝烈、木田哲夫、黒岩一雄:脳内情報処理過程における至的運動強度の検討:第12回日本運動生理学会大会(千葉)2004.7.31~8.1 第12回日本運動生理学会大会プログラム・抄録集 pp.44
  18. 東浦拓郎,西平賀昭,八田有洋,金田健史,金勝烈,木田哲夫,黒岩一雄,紙上敬太:運動時間の違いが脳内の感覚-運動処理過程に及ぼす影響:第12回日本運動生理学会大会(千葉)2004.7.31~8.1 第12回日本運動生理学会大会プログラム・抄録集 pp.64
  19. 黒岩一雄,伊藤 宏,大矢隆二,東浦拓郎:学校体育授業における新体力テストの活用について~知的障碍者の労働体力に着目して~:第67回日本体育学会大会(大阪)2016.8.24~8.26 日本体育学会第67回大会 予稿集 pp.343

地域・社会貢献
・焼津市校長会主催 焼津市教育実践研修会(中堅教員の資質向上研修会)講師 「社会に開かれた教育課程を目指して」 2016.10.25

学外活動・学外職

  • 日本運動生理学会 評議員
  • 日本体育学会 学会賞選考委員会委員

受賞・表彰

焼津市教育委員会教材教具、教育論文、実践記録 奨励賞 2011
静岡教弘教育研究実践論文 優良賞 2013

所属学会

  • 日本体育学会
  • 日本運動生理学会

スポーツ実績・指導歴

スポーツ指導歴
サッカー少年団コーチ
中学校サッカー部顧問

競争的資金等の研究課題

注意資源配分機能が運動パフォーマンスに及ぼす影響: 平成29年度 科学研究費基盤研究(C) 研究期間: 2017年4月 - 2019年3月 代表者: 黒岩一雄

メッセージ

百術不如一誠
気持ちに勝るものはありません。夢に向かって一緒に頑張っていきましょう。