グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 教育学部  > 初等教育課程  > 山根 悠介

山根 悠介

職名准教授
所属常葉大学 教育学部 初等教育課程
学位博士(理学)、修士(理学)
研究分野 気象・海洋物理・陸水学

経歴

2013年4月 - 現在      常葉大学 教育学部 講師
2014年12月 - 2014年12月 静岡大学教育学部非常勤講師
2013年12月 - 2013年12月 静岡大学 教育学部 非常勤講師
2007年4月 - 2007年5月  京都大学防災研究所 教務補佐員
2007年4月 - 2010年3月   大阪学院大学情報学部 非常勤講師
2007年6月 - 2009年3月  京都大学次世代開拓研究ユニット 博士研究員
2009年4月 - 2010年3月  京都大学東南アジア研究所 非常勤研究員
2010年4月 - 2013年3月  常葉学園大学教育学部 講師

学歴

2004年4月 - 2007年3月 京都大学大学院 理学研究科 博士課程
2002年4月 - 2004年3月 京都大学大学院 理学研究科 修士課程
2001年4月 - 2002年3月 京都教育大学 科目等履修生
1997年4月 - 2001年3月 京都教育大学 教育学部 自然科学コース 物質科学専攻

資格

中学校教諭一種免許(理科)(平成14年3月)
高等学校教諭一種免許(理科)(平成14年3月)
気象予報士(平成25年3月)

論文

  • 静岡市北部山岳地域における降水強度の日変化特性 山根悠介 常葉大学研究紀要(教育学部) 35 313-320 2015年3月
  • バングラデシュで2013年3月22 日に発生した竜巻の被害と発生環境場 村田文絵, S.M. Quamrul Hassan, Md. Abdul Mannan, 山根悠介, 林泰一 日本気象学会誌「天気」 61(3) 151-158 2014年3月
  • 静岡県における竜巻発生に伴う下層・中層・上層の気象場の特徴について 山根悠介 常葉大学教育学部紀要 (34) 277-291 2014年3月
  • Characteristics of Damages of Severe Local Storms Based on Field Surveys in Bangladesh Yusuke Yamane, Masashi Kiguchi, Taiichi Hayashi, A. M. Dewan and Toru Terao Journal of Disaster Research 8(6) 1052-1060 2013年12月
  • 静岡県における竜巻の発生環境場について 山根悠介 常葉学園大学研究紀要 教育学部 (33) 263-278 2013年3月
  • 静岡県における竜巻の統計的性質 山根悠介 常葉学園大学研究紀要 教育学部 (32) 9-20 2012年3月
  • Synoptic situations of severe local convective storms during the pre-monsoon season in Bangladesh Yusuke Yamane, Taiichi Hayashi, Masashi Kiguchi, Fatima Akter, Ashraf Mahmmood Dewan International Journal of Climatology 2012年
  • バングラデシュにおける竜巻などのシビアストーム被害の現地調査報告 山根悠介, 林泰一, 木口雅司, Ashraf Mahmmood Dewan, Yead Arefin, Taiabut Rahman, Marju Bin Sayed, 寺尾徹 常葉学園大学研究紀要 教育学部 (31) 117-137 2011年3月
  • Severe Local Convective Storms in Bangladesh: PartⅡ. Environmental Conditions Yamane, Y., Hayashi, T., A. M. Dewan, and F. Akter, Atmospheric Research 95(4) 407-418 2010年
  • Severe Local Convective Storms in Bangladesh: PartⅠ. Climatology Yamane, Y., Hayashi, T., A. M. Dewan, and F. Akter, Atmospheric Research 95(4) 400-406 2010年
  • Characteristic Intraseasonal Oscillation of Rainfall and its effect on interannual variability over Bangladesh during the boreal summer Fujinami, H., Hatsuzuka, D., Yasunari, T., Hayashi, T., Terao, T., Murata, F., Kiguchi, M., Yamane, Y., Matsumoto, J., Islam, N., M., and Habib, A., International Journal of Climatology 2010年
  • Synoptic Conditions on Severe Local Storm Days During the Pre-Monsoon Season in Bangladesh Yamane, Y., Proc. of Int. Conf. on Water and Flood Management 309-315 2009年
  • インドネシアアカシアマンギウム大規模造林地における降水特性 山根 悠介, 塩谷雅人, 林泰一, Rosyid Gunawan, 生存圏研究 (5) 37-42 2009年
  • 佐呂間竜巻発生時の環境パラメター 石川裕彦・山根悠介・佐藤和歌子 京都大学防災研究所年報 50B 447-454 2007年
  • Evaluation of environmental conditions for the formation of severe local storms across the Indian subcontinet Y. Yamane and T. Hayashi Geophysical Research Letters 33(17) L17806-L17806-4 2006年
  • 南アジアにおける突発的メソ気象擾乱発生に関わる環境場の特徴について 山根悠介・林泰一 京都大学防災研究所年報 48B 709-715 2005年
  • On the Environment of Tornado in the Indian Subcontinent Yamane, Y. and T. Hayashi, Proc. of Int. Conf. on Monitoring, Prediction and Mitigation of Water Related Disasters 365-368 2005年
  • The Spatial and Temporal Distribution of Thermal Instability and Vertical Shear over South Asia Yamane, Y. and T. Hayashi, Proc. CD-ROM of the 6h Int. Study Conf. on GEWEX in Asia and GAME 2004年

研究業績(論文・解説)

  • アジア圏における高度な教育人材育成モデル構築に向けての一考
    山根悠介 平成25年度常葉大学学内共同研究「アジア圏における教育人材育成モデルの構築に関する実践的研究」報告書 63-67 2014年3月
  • 「バングラデシュにおける理数科教育強化計画」に関する聞き取り調査報告
    山根悠介 平成24年度常葉学園大学学内共同研究「アジア圏における教育を担う人材の育成と日本の大学の役割」報告書 22-25 2013年3月
  • 雨をもたらす熱帯林
    山根悠介 静岡新聞「YOMOっと静岡」平成25年4月14日 2013年4月
  • 伊豆における特徴的な地質・地形に関する巡検とその成果の本学講義における実践
    山根悠介 常葉学園大学共同研究「(続)巡検活動の充実に向けて」研究報告書 22-25 2013年3月
  • 「バングラデシュ理数科教育強化計画」に関する聞き取り調査報告
    山根悠介 常葉学園大学学内共同研究「アジア圏における教育を担う人材の育成と日本の大学の役割」報告書 22-25 2013年3月
  • 平成24年5月6日の竜巻の発生環境について
    山根悠介 平成24年度文部科学省科学研究費補助金(特別研究促進費)「平成24年5月6日に北関東で発生した竜巻の発生メカニズムと被害実態の総合調査」研究成果報告書 43-51 2013年2月
  • 竜巻発生時の気象状況と竜巻及び竜巻を生み出したストームの特徴
    石原正仁・小林文明・佐々浩司・清水慎吾・新野宏・林泰一・山根悠介・若月泰孝 日本風工学会誌 38(1) 5-16 2013年1月
  • 地域の自然環境を理解するための巡検活動の充実に向けて
    山根悠介 常葉学園大学共同研究「巡検活動の充実に向けて」研究報告書 23-29 2012年3月

講演・口頭発表等

  • バングラデシュにおける竜巻等突風被害軽減のためのワークショップ開催報告
    山根悠介 第10回南アジアおよびインドシナにおける自然環境と人間活動に関する研究集会 -インド亜大陸東部・インドシナの自然災害と人間活動-」・東京工芸大学風工学拠点 「発展途上国の竜巻の発生環境、強風被害評価及び被害軽減に関する研究」 2015年3月22日
  • バングラデシュにおける竜巻等突風防災に資する実践的知識とその地域における共有・ 定着に向けた研究
    山根悠介 東京工芸大学・風工学共同研究拠点「発展途上国の竜巻の発生環境、強風被害評価 および被害軽減に関する研究・バングラデシュにおける竜巻 等突風防災に資する実践的知識とその地域における共有・定着に向 けた研究」 2015年3月7日
  • バングラデシュにおけるシビアローカルストーム発生発達環境の将来変化
    山根悠介 日本気象学会秋季大会 2013年11月19日
  • バングラデシュにおけるシビアローカルストーム研究のこれまでとこれから
    山根悠介 南アジア気象水文研究連絡会 2012年9月22日
  • バングラデシュのシビアローカルストーム
    山根悠介 日本風工学会風災害研究会講演会 2011年9月
  • バングラデシュにおける竜巻などの激しい対流性局所擾乱
    山根悠介 東京工芸大学GCOEオープンセミナー 2009年2月
  • バングラデシュにおける大気環境場の季節変化
    日本気象学会春季大会 2009年
  • Synoptic Conditions on Severe Local Storm Days During the Pre-Monsoon Season in Bangladesh
    Int. Conf. on Water and Flood Management 2009年
  • バングラデシュにおけるプレモンスーン期シビアローカルストーム発生日における 南アジア域の環境パラメータ空間分布について
    日本気象学会秋季大会 2008年
  • Environmental parameters associated with the outbreaks of severe local storms during the pre-monsoon season in Bangladesh
    The seminar on Nor’wester and Tornadoes over the SAARC Region and their Forecasting and Preparedness 2008年
  • バングラデシュにおけるシビアローカルストーム発生日の総観場について
    日本気象学会春季大会 2008年
  • バングラデシュにおけるシビアローカルストームの発生に伴う環境パラメータ
    京都大学生存圏研究所研究集会「自然地理的条件と持続可能な開発-ブラマプトラ流域を対象として 2008年
  • バングラデシュにおけるシビアローカルストーム発生日の大気環境について
    日本気象学会秋季大会 2007年
  • バングラデシュにおけるメソ気象擾乱発生日の大気環境場の特徴について
    日本気象学会秋季大会 2006年
  • インド亜大陸におけるシビアストームの環境パラメータの気候学的特徴について
    研究集会「アジアにおける大気水文環境の変動と人間社会」 2006年
  • The Spatial and Temporal Distribution of Thermal Instability and Vertical Shear over South Asia
    Int. Symposium on Fluvial and Coastal Disaters 2005年
  • The Spatial and Temporal Distribution of Thermal Instability and Vertical Shear over South Asia
    Int. Conf. of Bangladesh Geographical Society 2005年
  • 南アジアにおけるトルネードパラメータの時空間分布の特徴について
    日本気象学会春季大会 2005年
  • 南アジアにおける環境場の熱的不安定度と鉛直シアーの特徴について/京都大学防災研究所共同研究15G-02「南アジアに大気災害をもたらすメソスケール雲システムの数値モデリング」第三回研究集会「アジアにおけるメソスケール擾乱の多様性」 2005年
  • Seasonal and spatial variation of CAPE and occurrence of meso-scale disturbances in the South Asia
    The 6th Int. Study Conf. on GEWEX in Asia and GAME 2004年
  • 南アジアにおけるCAPEの時空間分布とメソ気象擾乱の発生について
    日本気象学会秋季大会 2004年
  • バングラデシュにおける竜巻の気候学的特徴と発生時の大気環境場の特徴について
    日本気象学会春季大会 2004年
  • バングラデシュにおける竜巻の気候学的性質と発生時環境場の特徴
    京都大学防災研究所共同研究15G-02「南アジアに大気災害をもたらすメソスケール雲システムの数値モデリング」第二回研究集会「アジアにおけるメソスケール擾乱の多様性」 2004年
  • バングラデシュにおける竜巻の気候学的性質と発生時環境場の特徴について
    GAME-Ⅱモンスーンシステム研究ワークグループ 第二回ワークショップ 2004年
  • バングラデシュにおける竜巻の研究
    京都大学防災研究所共同研究15G-02「南アジアに大気災害をもたらすメソスケール雲システムの数値モデリング」第一回研究集会 2003年
  • バングラデシュの竜巻に関する研究
    日本気象学会秋季大会 2003年
  • 熊本市で発生した強風災害(1997)について
    日本気象学会秋季大会 2002年

担当経験のある科目

  • 地学実験
  • 地学A・B(全学共通科目)
  • 情報機器の操作Ⅰ・Ⅱ

所属学協会

日本気象学会、日本地球惑星連合、日本地学教育学会

競争的資金等の研究課題

  • 過去120年間におけるアジアモンスーン変動の解明(分担)
    科学研究費補助金(基盤S)研究期間: 2014年4月 - 2019年3月 代表者: 松本淳(首都大学東京)
  • バングラデシュにおける竜巻等突風防災に資する実践的知識とその地域における共有・定着に向けた研究
    東京工芸大学: 風工学研究拠点共同利用・共同研究 研究期間: 2014年4月 - 2016年3月 代表者: 山根悠介
  • バングラデシュにおける竜巻等のシビアストームの安定度指数を用いた予測に関する研究
    京都大学防災研究所: 萌芽的共同研究 研究期間: 2014年4月 - 2015年3月 代表者: 山根悠介
  • バングラデシュにおけるシビアローカルストームの高精度構造把握と予測に関する研究: 科学研究費補助金(若手B)
    研究期間: 2013年4月 - 2015年3月 代表者: 山根悠介
  • インド亜大陸北東部の洪水の原因である多重時空間スケールの降水過程に関する研究(分担)
    : 科学研究費補助金(基盤A) 研究期間: 2011年 - 2015年3月 代表者: 林泰一(京都大学)
  • 熱帯域における降水システム及び大規模人工林と大気の相互作用解明に資する気象データベースの充実化
    京都大学生存圏研究所: 生存圏科学萌芽研究 研究期間: 2012年 - 2013年3月 代表者: 山根悠介
  • 平成24年5月6日に北関東で発生した竜巻の発生メカニズムと被害実態の総合調査(分担)
    : 科学研究費補助金(特別研究促進費) 研究期間: 2012年 - 2013年3月 代表者: 前田潤滋(九州大学)
  • 大気環境パラメータデータベースを活用したインド亜大陸北東域におけるプレモンスーン期対流活動の時空間変動に対する大気環境場の影響解明
    京都大学生存圏研究所: 生存圏科学萌芽研究 研究期間: 2011年 - 2012年3月 代表者: 山根悠介
  • インド亜大陸北東部における竜巻による被害実態調査
    京都大学防災研究所: 萌芽的共同研究 研究期間: 2010年4月 - 2011年3月 代表者: 山根悠介
  • 東南アジア・南アジア域における大気環境診断パラメータを用いた大気環境変動の把握
    京都大学生存圏研究所: 生存圏科学萌芽研究 研究期間: 2010年 - 2011年3月 代表者: 山根悠介
  • インド亜大陸北東域における雨季入り前の降水の時間的・空間的変動特性の解明
    京都大学生存圏研究所: 生存圏科学萌芽研究 研究期間: 2009年 - 2010年3月 代表者: 山根悠介
  • インド亜大陸北東域における竜巻など瞬発性気象災害の実態解明に関する研究
    京都大学東南アジア研究所: GCOE次世代研究イニシアティブ 研究期間: 2009年 - 2010年3月 代表者: 山根悠介
  • バングラデシュにおける竜巻等の激しい気象現象に関する研究
    京都大学教育研究振興財団: 国際交流促進助成 海外派遣助成(短期派遣) 研究期間: 2006年4月 - 2007年3月 代表者: 山根悠介

その他

2014年9月 台風・竜巻の渦を科学する!
  • 静岡科学館る・く・るにてサイエンスカフェの講師を担当(2014年9月14日)

2013年10月 静岡における竜巻のはなし
  • 静岡科学館る・く・るにてサイエンスカフェの講師を担当(2013年10月14日)

2013年
  • 常葉大学共同研究「アジア圏における高度な教育人材育成モデル構築に関する実践的研究」(分担)代表者:安藤雅之

2012年
  • 常葉学園大学共同研究「アジア圏における教育を担う人材の育成―日本の大学の役割―」(分担)代表者:角替弘志

2012年
  • 常葉学園大学共同研究「(続)巡検活動の充実に向けて」(分担)代表者:天野忍

2011年
  • 常葉学園大学共同研究「巡検活動の充実に向けて」(分担)代表者:天野忍

2009年11月
  • 出前授業「豪雨、雷、竜巻のしくみ~積乱雲の科学~」
  • 若手研究者によるサイエンス・コミュニケーター派遣プロジェクト(京都大学)
  • 徳島県立富岡西高等学校 2009年11月2日

2009年10月
  • 出前授業「豪雨、雷、竜巻のしくみ~積乱雲の科学~」
  • 若手研究者によるサイエンス・コミュニケーター派遣プロジェクト(京都大学)
  • 鹿児島県立錦江湾高等学校 2009年10月19日

主な研究内容

①竜巻等のシビアローカルストーム(severe local storm)の世界的な多発地域のひとつであるバングラデシュを主な研究フィールドとしている。これまで、シビアローカルストームの発生・発達に関する気象条件について、現地気象局による観測データ及び再解析データを使用して明らかにしてきた(Yamane and Hayashi, 2006; Yamane et al., 2010a, 2010b, 2012など)。2014年3月から科研費(若手B)により、バングラデシュのシビアローカルストーム多発地域の4地点において自動気象観測装置を設置し、シビアローカルストームの高精度構造把握と予測のための有用な知見を得るための集中観測を実施している。
②シビアローカルストームの被災地における聞き取り調査から、被害の実態や被害拡大の要因、被害に先立つ気象の変化等についての住民の経験の集約及びそれらの被害軽減のための実践的な知への利活用の検討を行っている(Yamane et al., 2013)。
③静岡県における竜巻の統計的性質、気象場の特徴について。(山根,2012, 2013, 2014)
④バングラデシュにおける気象教育、防災教育について。