グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



教員情報

ホーム  > 教員情報  > 教育学部  > 初等教育課程  > 白鳥 絢也

白鳥 絢也

職名准教授
所属常葉大学 教育学部 初等教育課程
学位修士(国際教育)
研究分野教育学、多文化共生教育

学歴

1995年4月‐1999年3月 常葉学園大学 教育学部 初等教育課程 心理専攻
1999年4月‐2001年3月 常葉学園大学大学院 国際言語文化研究科 国際教育専攻 修士課程
2002年4月‐2005年3月 愛知淑徳大学大学院 コミュニケーション研究科 異文化コミュニケーション専攻 博士後期課程

教育歴

  • 2007年4月‐2009年3月
    横浜国際福祉専門学校 児童福祉学科 非常勤講師
  • 2007年4月‐2009年3月
    近畿大学豊岡短期大学 通信教育部 こども学科 非常勤講師
  • 2009年4月‐2011年3月
    星槎大学 共生科学部 共生科学科 非常勤講師
  • 2011年4月‐2015年3月
    星槎大学 共生科学部 共生科学科 専任講師
    星槎大学大学院 教育学研究科 教育学専攻 修士課程 専任講師(※2013年4月より)
  • 2012年4月‐現在
    静岡文化芸術大学 文化政策学部 国際文化学科 非常勤講師
  • 2015年4月‐2016年3月
    星槎大学 共生科学部 共生科学科 准教授
    星槎大学大学院 教育学研究科 教育学専攻 修士課程 准教授
  • 2015年4月‐2017年3月
    日本教育大学院大学 学校教育研究科 学校教育専攻 非常勤講師
  • 2015年4月‐2016年3月
    常葉大学 教育学部 初等教育課程 非常勤講師
  • 2016年4月‐現在
    常葉大学 教育学部 初等教育課程 准教授
  • 2017年4月‐現在
    星槎大学大学院 教育実践研究科 教育実践専攻(専門職学位課程) 非常勤講師
  • 2018年4月‐現在
    静岡大学 大学教育センター 非常勤講師

担当経験のある科目

  • 教職概論 (常葉大学)
  • 教師論 (常葉大学,星槎大学)
  • 教育制度論 (常葉大学)
  • 教育課程論 (常葉大学)
  • 教育課程編成論 (常葉大学)
  • 教育課程論(中等) (常葉大学)
  • 教育の方法と技術(中等) (常葉大学)
  • 特別活動(初等) (常葉大学,星槎大学)
  • 特別活動(中等) (常葉大学)
  • 教職実践演習(初等) (常葉大学)
  • 授業実践演習 (常葉大学)
  • 教材開発演習Ⅰ (常葉大学)
  • 教材開発演習Ⅱ (常葉大学)
  • 特別研究(初等教育) (常葉大学)
  • 総合教養 (常葉大学)
  • 人間力セミナー (常葉大学)
  • 異文化と教育 (静岡文化芸術大学)
  • 国際社会と日本(静岡大学)
  • 特例・教職入門 (星槎大学)
  • 教育と文化 (星槎大学)
  • 国際理解教育 (星槎大学)
  • 比較教育論 (星槎大学)
  • 外国にかかわる子どもの教育 (星槎大学)
  • 共生科学実践演習 (星槎大学)
  • プレゼミ (星槎大学)
  • 共生研究 (星槎大学)
  • 卒業論文 (星槎大学)
  • 多文化共生教育特論 (星槎大学大学院,日本教育大学院大学)
  • 研究指導 (星槎大学大学院)

資格・免許

  • 小学校教諭専修免許状
  • 小学校教諭一種免許状
  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(国語)

研究業績(論文)

  • 「スイスイ分かる! 「新学習指導要領」スーパーガイド 第1回「総則」」
    教員養成セミナー(2018年3月号)『新指導要領対応 教育データはもう一歩踏み込め!』所収,pp.118‐121 2018年1月
  • 「「教育課程論」の授業構成に関する研究-教育課程の編成の方法・カリキュラム・マネジメント-」
    常葉大学『教育学部紀要』(第38号)所収,pp.111‐122 2017年12月
  • 「「教職概論」の授業スタイルに関する研究-「教師に求められる資質」と「チーム学校」-」
    常葉大学『教育研究実践報告誌』(第1巻第1号)所収,pp.23-32 2017年10月
  • 「アクティブ・ラーニングを意識した「教育課程論」の授業スタイルに関する研究」
    常葉大学『教育学部紀要』(第37号)所収,pp.201‐212 2017年3月
  • 「教職科目「特別活動」において学生に実践的指導力を身に付けさせる試み-アクティブ・ラーニングを意識して-」
    日本学校教育学会編『学校教育研究』(第31号)所収,教育開発研究所,pp.144‐156 2016年8月
  • 「通信制大学における「特別活動」の授業-共生の理念を実践できる教員養成を目指して-」
    『星槎大学共同研究助成研究プロジェクト研究論文集』所収,pp.59‐64 2016年3月
  • 「特別活動の指導(初等)において学生に実践的指導力を身に付けさせる試み」
    星槎大学『星槎大学附属研究センター研究集録』(Vol.9),pp.31‐33 2015年11月
  • 「社会科教科書における「共生」-中学校「公民」・高等学校「現代社会」に着目して-」
    星槎大学『星槎大学附属研究センター研究集録』(Vol.9)所収,pp.54‐71 2015年11月
  • 「小学校国語科における「共生」(3)-教科書(教育出版)に着目して-」
    星槎大学紀要『共生科学研究』(№10)所収,pp.120‐135 2015年2月
  • 「小学校社会科における「共生」-教科書(光村図書出版)に着目して-」
    星槎大学『星槎大学附属研究センター研究集録』(Vol.8)所収,pp.42‐57 2014年8月
  • 「多文化共生教育の教材に関する基礎的研究-地域・学校における多様な「文化」に着目して-」
    星槎大学『星槎大学附属研究センター研究集録』(Vol.8)所収,pp.38‐41 2014年8月
  • 「国語科教科書に「共生」をさぐる(2)-教科書(東京書籍)に着目して-」
    星槎大学紀要『共生科学研究』(№9)所収,pp.140‐161 2014年2月
  • 「「外国人子女を含む学校」での伝統・文化に関する実践課題」
    教育研究振興会「教育の喫緊の課題に対応した研究助成」報告書『伝統・文化に根ざした教育の充実に資する実践的研究』所収,pp.20‐24 2013年8月
  • 「地域との共生を目指す在日ブラジル人学校の試み」
    日本共生科学会『共生科学』(Vol.3)所収,pp.83‐92 2012年6月
  • 「「外国にかかわる子どもの教育」と「日本人の子どもへの国際理解教育」を再考する」
    移住システム研究会『速報誌-移住システム研究レター』(第5号)所収,pp.3-7 2012年5月
  • 「質問紙分析の結果と考察②-PISA問題の回答状況および記述分析をとおして」
    平成22年度文部科学省「教員の資質向上に係る基礎的研究」委託事業『教員におけるOECDキー・コンピテンシーに関する横断的研究』所収,pp.16‐23 2011年3月
  • 「在日ブラジル人学校における教科書の調査研究-静岡県を中心に-」星槎大学紀要『共生科学研究』(№.5)所収,pp.59‐77 2010年2月
  • 「外国人の子どもたちへの支援におけるエスニック・コミュニティの社会的ネットワーク-学びの場へと誘う社会関係資本の効用との関連で」
    移住システム研究会『速報誌-移住システム研究レター』(第3号)所収,pp.3-7 2009年11月
  • 「在日ブラジル人学校における教科書」
    平成18年度文部科学省「外国人教育に関する調査研究」委託研究報告書『外国人労働者の子女の教育に関する調査研究(3)-日系外国人児童生徒を対象とする「学校」の現状と課題に関する調査研究-』所収,国際カリキュラム研究会,pp.172‐177 2007年3月
  • 「静岡県における在日ブラジル人学校の多様性を検証する-県内11校の事例から-」
    平成17年度文部科学省「外国人教育に関する調査研究」委託研究報告書『外国人労働者の子女の教育に関する調査研究(2)-ブラジル人の教育機会の現状と課題-』所収,国際カリキュラム研究会,pp.141‐153 2006年3月
  • 「静岡県におけるブラジル人学校の現状と課題」
    平成16年度文部科学省「外国人教育に関する調査研究」委託研究報告書『外国人労働者の子女の教育に関する調査研究-ブラジル人学校の事例-』所収,国際カリキュラム研究会,pp.84‐91 2005年3月
  • 「外国人子女教育の教材開発-ブラジルの教科書を活用した授業実践を通して-」
    日本学校教育学会(編)『学校教育研究』(第19号)所収,教育開発研究所,pp.190‐204 2004年8月
  • 「教科書からみるブラジルの教育-「宗教科」教科書の分析-」
    日本教材学会年報『教材学研究』(第15巻)所収,pp.171‐176 2004年3月
  • 「ブラジル南部(北パラナ地域)における日系人出稼ぎ体験者とその子どもの再適応状況-クリチーバ・ロンドリーナ・カンベ各市における調査結果を通して-」
    愛知淑徳大学言語コミュニケーション学会発表論文集『言語コミュニケーション研究』(第4号)所収,pp.118‐128 2004年3月
  • 「外国人子女教育の教材モデルの抽出-ブラジルの教科書(社会科)の分析-」 日本教材学会年報『教材学研究』(第14巻)所収,pp.21‐24 2003年3月
  • 「ブラジルの教科書に関する研究-日本におけるブラジル人子女向けの教材開発を目指して-」 愛知淑徳大学大学院紀要『異文化コミュニケーション研究』(第6号)所収,pp.69‐85 2003年2月
  • 「外国人子女教育への提言-外国人子女の母国教科書の活用(日系ブラジル人の場合)-」
    日本学校教育学会(編)『学校教育研究』(第17号)所収,教育開発研究所,pp.160‐172 2002年8月
  • 「望ましい外国人子女教育のあり方に関する研究-ブラジルの教科書(国語)の分析を通して-」
    日本教材学会年報『教材学研究』(第13巻)所収,pp.72‐75 2002年3月
  • 「ブラジルの教科書」
    平成12年度文部省初等中等教育局「教科書改善のための実践的調査研究」委嘱研究報告書『生きる力に資する教科書のあり方に関する研究-外国と日本の教科書の比較を中心として-最終報告書』所収,教科書比較研究会,pp.87‐100 2001年3月
  • 「教員志望学生の国際理解への認識に関する実証的研究」
    常葉学園大学『研究紀要 教育学部』(第21号)所収,pp.145‐162 2001年3月

著書

  • 「新版 世界の学校-教育制度から日常の学校風景まで」 学事出版 2014年
  • 「共生への学び-先生を応援する教育の最新事情」 ダイヤモンド社 2014年
  • 「教師論-共生社会へ向けての教師像-」 福村出版 2013年
  • 「教材事典-教材研究の理論と実践-」 東京堂出版 2013年
  • 「共生科学研究序説」 なでしこ出版 2012年
  • 「こんなに厳しい!世界の校則」 メディアファクトリー新書 2011年 (※執筆協力)

講演・口頭発表等

  • (シンポジウム:テーマ「比較文化の手法」)「世界の学校文化を楽しむ-比較教育学の視点から-」日本比較文化学会第40回全国大会発表抄録「比較文化論」(№36),p.6,高知大学 2018年5月19日
  • 「小学校現職教員を対象とした「免許法認定講習(中学校・英語二種)」の開設-地域の特性を生かした常葉大学の試み-」日本比較文化学会中部支部平成29年度例会「発表抄録」,p.6,名古屋国際センター 2018年3月31日
  • 「国際化社会に生きる青少年の共生を目指した教材モデルの開発に関する研究③-ブラジル現地調査の経過報告-」日本比較文化学会中部支部平成29年度例会「発表抄録」,p.5,名古屋国際センター 2018年3月31日
  • 「特別活動における「伝統・文化」教育の充実と推進に関する一考察-「外国籍児童を含む」学校の事例から-」日本比較文化学会第39回全国大会発表抄録「比較文化論」(№35),p.61,静岡県立大学 2017年5月20日
  • 「国際化社会に生きる青少年の共生を目指した教材モデルの開発に関する研究②-ブラジルの教科書事情と内容分析を中心に-」日本比較文化学会中部支部平成28年度例会「発表抄録」,p.3,椙山女学園大学 2017年3月26日
  • 「日本の多文化教育をめぐる一考察-ユニバーサルデザインまでの戦後史から-」韓国日本文化学会国際学術大会,忠南大学 2016年10月22日
  • 「国際化社会に生きる青少年の共生を目指した教材モデルの開発に関する研究①-3ヵ年計画の検証を中心に-」日本比較文化学会第9回中部支部大会「発表抄録」p.6,静岡県男女共同参画センター「あざれあ」 2016年9月15日
  • 「アクティブ・ラーニングを取り入れた「授業スタイル」開発に関する実証的研究-教職課程科目「教育の方法と技術」における実践から-」日本学校教育学会第31回研究大会「要旨集録」,pp.76-77,名古屋市立大学 2016年8月7日
  • 「特別活動において学生に実践的指導力を身に付けさせる試み-アクティブ・ラーニングを意識して-」日本教材学会第27回研究発表大会「研究発表論文集」,pp.158-159,東京学芸大学  2015年10月11日
  • 「社会科教科書における「共生」-中学校「公民」・高等学校「現代社会」に着目して-」日本教材学会第27回研究発表大会「研究発表論文集」,pp.82-83,東京学芸大学 2015年10月10日
  • (招待発表)「国語科教育において「共生」に基づく教育を可能にする取組-主要3社の国語教科書を分析する中から考える-」平成27年度全国教育研究所連盟研究発表大会,ホテルアウィーナ大阪 2015年6月5日
  • (討論会:円卓会議)「グローバリゼーションと学校教育」日本比較文化学会中部支部第7回大会,常葉大学大学院サテライトキャンパス 2015年2月15日
  • 「小学校社会科教科書に「共生」をさぐる」日本教材学会第26回研究発表大会「研究発表論文集」,pp.76-77,中部大学 2014年10月18日
  • (シンポジウム)「再び、「比較文化」を考える」日本比較文化学会中部支部第5回大会,静岡県立大学 2014年3月2日
  • (基調講演)「「比較教育文化論」とは?」日本比較文化学会中部支部第5回大会,静岡県立大学 2014年3月2日
  • 「特別活動における「伝統・文化」に関する実践課題-外国籍児童が在籍する小学校の事例から-」日本比較文化学会中部支部第5回大会「日本比較文化学会中部支部ニュース」(第5号),pp.3-4,静岡県立大学 2014年3月2日
  • 「国語科教科書における人と人との「共生」」日本教材学会設立25周年記念研究発表大会「研究発表論文集」,pp.144-145,日本大学 2013年10月19日
  • 「多文化共生教育における教材の課題」第5回日本共生科学会白金大会年次大会発表論文集,p.46,東京大学 2013年6月9日
  • 「小学校国語科教科書に「共生」をさぐる-国語科における「メディア・リテラシー」の視点から-」第5回日本共生科学会白金大会年次大会発表論文集,p.43,東京大学 2013年6月9日
  • 「外国にかかわる子どもとの共生を目指した教材のあり方に関する研究」日本教材学会第24回研究発表大会「研究発表論文集」,pp.58-59,福山大学 2012年10月20日
  • 「南米日系人の子どもを対象とした教材開発に関する研究」日本比較文化学会第3回中部支部研究発表会「日本比較文化学会中部支部ニュース」(第3号),p.3,静岡労政会館 2012年9月22日
  • 「外国籍の子どもと「共に学ぶ」教材の開発(1)-「日系ブラジル人」へ視点を当てて-」日本共生科学会第4回大会研究発表論文集,pp.12-13,東洋大学 2012年6月3日
  • 「多文化教育への提言-ブラジル教科書の活用の視点から-」日本比較文化学会第2回中部支部研究発表会「日本比較文化学会中部支部ニュース」(第2号),p.3,浜松市多文化共生センター 2012年2月18日
  • 「地域との共生を目指す在日ブラジル人学校の試み」日本共生科学会第3回大会研究発表論文集,pp.12-13,麻布大学 2011年6月25日
  • 「不就学に陥った子どもたちへの支援-エスニック・コミュニティの役割-」日本学習社会学会第6回大会研究発表論文集,pp.30-33,龍谷大学 2009年9月5日
  • 「静岡県における在日ブラジル人学校の教科書」日本教材学会第20回研究発表大会設立20周年記念「研究発表論文集」,pp.112-113,成蹊大学 2008年11月8日
  • 「学社連携支援コーディネータ養成に関する調査研究」日本学習社会学会第5回大会発表要旨集録,pp.54-55,お茶の水女子大学 2008年9月6日
  • 「政令市・静岡県浜松市における「生涯学習政策」の意義と効果」日本学習社会学会第5回大会発表要旨集録,pp.18-19,お茶の水女子大学 2008年9月6日
  • 「岐路に立つ在日ブラジル人学校-静岡県内の状況及びムンド・デ・アレグリア学校が示す方向性を検証する-」日本学習社会学会第4回大会発表要旨集録,pp.17-18,常葉学園大学 2007年9月8日
  • 「ブラジル人学校へ通う子どもたちへの教育支援のあり方を探る-静岡県の事例から-」日本学習社会学会第3回大会発表要旨集録,pp.8-9,筑波大学 2006年9月23日
  • 「静岡県におけるブラジル人学校の現状と課題」日本学習社会学会第2回大会発表要旨集録,pp.47-48,宇都宮大学 2005年9月11日
  • 「外国人子女教育における「ブラジルの教科書」活用の有意性-ブラジルと日本での授業実践を通して-」日本比較教育学会第40回大会発表要旨集録,pp.230-231,名古屋大学 2004年6月27日
  • 「ブラジルの「国語科」教科書を用いた授業実践-外国人子女教育における教材モデルの抽出を目指して-」異文化間教育学会第25回大会発表抄録,pp.121-122,同志社大学 2004年5月30日
  • 「ブラジル帰国児童生徒の再適応問題-ブラジル現地調査を通して-」愛知淑徳大学言語コミュニケーション学会第4回研究大会,愛知淑徳大学 2003年12月6日
  • 「教科書からみるブラジルの教育-「宗教科」教科書の分析-」日本教材学会第15回研究発表大会プログラム,p.48,東京学芸大学 2003年11月8日
  • 「ブラジル南部(北パラナ地域)における日系人出稼ぎ体験者とその子どもの再適応状況-ロンドリーナ市・カンベ市における調査結果を通して-」日本比較教育学会第39回大会発表要旨集録,pp.124-125,玉川大学 2003年6月28日
  • 「ブラジルの教科書の分析とそれを用いた授業実践」愛知淑徳大学言語コミュニケーション学会第3回研究大会発表論文集第3号,p37,愛知淑徳大学 2002年12月14日
  • 「外国人子女教育の教材モデルの抽出-ブラジルの教科書(社会科)の分析-」日本教材学会第14回研究発表大会プログラム,p.39,日本大学 2002年11月16日
  • 「外国人子女教育の教材開発-ブラジルの教科書の活用-」日本学校教育学会第17回研究大会発表要旨集,pp.40-41,信州大学 2002年8月3日
  • 「ブラジル人子女・日本人子女の共生を目指した教材モデルの抽出と実践」日本国際理解教育学会第12回大会発表抄録,pp.20-21,広島大学 2002年6月8日
  • 「ブラジルの教科書に関する研究-外国人子女向けの教材開発を目指して-」異文化間教育学会第23回大会発表抄録,pp.36-37,駿河台大学 2002年6月1日
  • 「望ましい外国人子女教育のあり方に関する研究-ブラジルの教科書(国語)の分析を通して-」日本教材学会第13回研究発表大会プログラム,p.28,東京理科大学 2001年11月10日
  • 「外国人子女教育に関する研究-静岡県の事例を中心に-」日本学校教育学会第16回研究大会発表要旨集,pp.66-67,名古屋学院大学 2001年8月3日
  • 「「総合的な学習の時間」における国際理解教育をめぐる県・市教委及び教員志望学生三者の認識の特性についての考察」日本学校教育学会第15回研究大会発表要旨集,pp.20-21,盛岡大学 2000年8月5日
  • 「教育学部学生の国際理解教育への認識に関する実証的研究-分散分析を用いて-」日本比較教育学会第36回大会発表要旨集,pp.58-59,早稲田大学 2000年7月9日

地域・社会貢献

  • 埼玉県高等学校福祉教育研究会研修会講師 「コミュニケーションについて(体験型)」 2018年5月16日 (於 埼玉県立戸田翔陽高等学校)
  • 平成30年度常葉大学・常葉高校連携講座Ⅲ(教育)講師 「教育とは何か,人間とは何か」 2018年4月21日 (於 常葉大学静岡草薙キャンパス)
  • 常葉大学教育学部附属橘小学校夏季研修会講師 「アクティブ・ラーニング・昔話など」 2017年7月27日 (於 常葉大学静岡瀬名キャンパス)
  • 藤枝順心中学校・高等学校(出前講座)講師 「大学での学びとは・アクティブ・ラーニングとは」2017年6月10日 (於 藤枝順心中学校・高等学校)
  • 常葉大学附属橘中学校・高等学校(出前講座)講師 「大学での学び」 2016年9月29日 (於 常葉大学附属橘中学校・高等学校)

所属学会

  • 日本教材学会
  • 日本学校教育学会
  • 日本特別活動学会
  • 日本学習社会学会
  • 日本比較文化学会

委員歴

  • 2011年3月‐2014年3月 日本比較文化学会中部支部 監査
  • 2014年5月‐2018年3月 日本比較文化学会 本部広報委員 中部支部副支部長
  • 2018年4月‐現在 日本比較文化学会 理事 中部支部支部長

競争的資金等の研究課題

  • 平成28~30年度 科学研究費基盤研究(C)「国際化社会に生きる青少年の共生を目指した教材モデルの開発に関する研究」 研究代表者:白鳥絢也(常葉大学)
  • 平成26~28年度 星槎大学附属研究センター共同研究「「共生」を理念とする教員養成の在り方」 研究代表者:北村浩一郎
  • 平成25~27年度 星槎大学附属研究センター共同研究「生きものの多様性とインクルージョン」 研究代表者:森川和子
  • 平成25~26年度 星槎大学附属研究センター共同研究「多文化共生教育の視点に立った地域教材に関する基礎的研究-地域・学校における「伝統・文化」に着目して-」 研究代表者:白鳥絢也
  • 平成25~26年度 星槎大学附属研究センター共同研究「教科書で「共生」をさぐる-小学校社会科・中学校「公民」・高等学校「現代社会」-」 研究代表者:長井 梢
  • 平成24~25年度 教育研究振興会「教育の喫緊の課題に対応した研究助成」『伝統・文化に根ざした教育の充実に資する実践的研究』 研究代表者:仲 久徳(星槎大学)
  • 平成23~25年度 科学研究費基盤研究(C)「外国人青少年の学び直しの場におけるeラーニングシステムの構築による教育方法の研究」 研究代表者:澤田敬人(静岡県立大学)
  • 平成22~24年度 科学研究費基盤研究(C)「学齢期を超過した南米日系人の青少年を対象とした学び直しのためのカリキュラム開発」 研究代表者:津村公博(浜松学院大学)
  • 平成22年度 文部科学省「教員の資質向上に係る基礎的研究」委託事業「教員におけるOECDキー・コンピテンシーに関する横断的研究」 研究代表者:川野辺敏(星槎大学)
  • 平成17~19年度 星槎大学附属研究センター共同研究「学社連携協力活動に関する調査研究」 研究代表者:川野辺敏(星槎大学)・有薗 格(岐阜女子大学・星槎大学)
  • 平成16~18年度 文部科学省「外国人教育に関する調査研究」委託研究『外国人労働者の子女の教育に関する調査研究-ブラジル人学校の事例-』,国際カリキュラム研究会 研究代表者:佐々木毅(国立教育政策研究所・2004年度),結城 恵(群馬大学・2005・2006年度)
  • 平成12年度 文部省初等中等教育局「教科書改善のための実践的調査研究」委嘱研究,教科書比較研究会 研究代表者:二宮 皓(広島大学)

メッセージ

目の前のこと一つひとつに「着実」に取り組む姿勢を大切にしていきましょう。また、本を読むことと同時に、将来お金を貯めてぜひ初めての土地や外国の地へ足をのばしてください。本物は体験の中にあります。自分が見えてきます。